ANAマイル還元率1.5%超のANAマイラー最強カードはこれだ!

このブログ昨日は6位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

ANA陸マイラーのみなさんなら、ANAマイルを貯めるためにクレジットカードでお買い物すると思いますが、ではどのクレジットカードで決済していますか?
ANAマイルを貯めるのだから「ANAカードが一番」というのははっきり言って間違っています。
さてその内容とは こちら→→→continued on the ranking

スポンサードリンク



ANA JCBカードやANA VISAカードの一般カードは1,000円=10マイルコースを選択すれば、100円につき1マイル貯まります。
ANAマイル還元率は1%ということになりますね。
でもANAマイルを貯めるからメインカードはANAカードを使うというのはちょっと違います。
というのもANAカードよりも還元率の高いカードが存在するからです。
このブログでも何度も取り上げている「漢方スタイルクラブカード」もその1つですね。
2,000円の利用で21マイル相当のポイントがもらえるので、100円につき1.05マイルもらえる計算になります。
年間100万円のカード決済の場合500ポイントがボーナスポイントとしてもらえますので、それを加えれば100円につき1.2マイルになります。
これでANAマイル還元率は1.2%です。
でもこれよりもはるかにお得にANAマイルを貯めることが可能なクレジットカードが存在します。
最大還元率は1.5%を超えています!!

このカード以前からありましたが、カードが登場したときにはあまりお得なポイント制度ではなく還元率も取り上げるほどでもなかったのですが、カードのポイント制度が少し変わったおかげでANAマイラー最強カードになりました。
さやはそれがきっかけでメインカードをこのカードに変更しました。
ちなみにライフカードは誕生月にポイントが5倍になるので、ANAマイル還元率が1.5%になりますが、
誕生月だけの還元率です。
しかし〇〇カードはライフカードと違って常にその還元率ですから、いつ使っても1.5%以上の還元率を獲得することができます。
「マイル還元率が高いから年会費が非常に高くつくのじゃないか?」
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
年間コストは2,000円~2,500円ほどです。
ANA JCB一般カードの場合、10マイルコースを選択すると、年会費2,100円+マイル移行手数料2,100円=4,200円のコストがかかりますよね。
ANA VISA一般カードだと、マイペイすリボ設定で年会費1,076円+マイル移行手数料6,300円=7,376円になります。
これらと比べてみてもいかに〇〇カードの年間コストが安いかがお分かりになると思います。
それでいてANAカードよりも断然お得にマイルを獲得できるんです。
このカードを使わないでANAマイルを貯めてるなんて正直もったいないです。
今なら入会キャンペーンで4,500マイルがもれなくもらえますし、カード利用によって最大7,000円のキャッシュバックも受けられます。
でもこのキャンペーン今月下旬で終わっちゃうんですよね。
だから入会はできたら今週末までに済ませた方がいいです。
さやもメインカードとして使っているこのカードとは一体どれなのか?
それは・・・
アイスカイアンバサダー」購入者限定で暴露しています。
すでに購入者限定コンテンツサイトにそのカードの詳細について載せていますので、
さやから「アイスカイアンバサダー」を購入されている方はぜひご覧になってください。
これから「アイスカイアンバサダー」を購入される方も購入者限定コンテンツサイトにご招待していますので、すぐにその詳細を知ることができます。
購入者限定コンテンツサイトにはその他にもさやから購入された方への購入特典をご用意しております。
◆ 特典レポート1 さやが教えるANAマイレージ裏技戦術
◆ 特典レポート2 19,800円で販売されているマイレージ系情報商材暴露
◆ 特典レポート3 2013年ANAマイルが大量に貯まる3種の神器(2013年2月6日追加!)
◆ Madison Jet 6Quetz公認特典 サポートサービスが1年にパワーアップ
◆ KAETENテンプレート(FC2ブログ用)MightyとSimplebiz
◆ Be-Ping2ブログ無料Ping送信サービス権
購入者限定コンテンツサイトへはインフォトップより購入特典をダウンロードしていただきますと、その詳細が確認できます。
なお、購入特典のダウンロードは購入後14日以内に行わないとそれ以降はできませんので、ご注意ください。
今なら「ぶっちゃけ暴露情報」を利用すればアイスカイアンバサダーが小学生の小遣い程度の額で購入できます。
さらに購入特典レポートにて紹介している方法でANAカードを発行すれば、最大5年目まで無料で持つことができますので、そのカードを発行した時点でアイスカイアンバサダーの価格を上回って得をします。
ぶっちゃけ暴露情報は2013年11月30日までですので、購入を検討されている方は今がチャンスですよ。
マイレージ王者 iSky Ambassador(アイスカイアンバサダー)の購入はこちら≫
 
 

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す