【速報】リクルートとポンタ来春共通ポイントを統合

このブログ昨日は9位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

JALマイラーに朗報です!

リクルートポイントとポンタポイントが来春にも共通ポイントを統合することが分かりました。

これにより低コストでJALマイルを貯められるカードが急浮上しました。

スポンサードリンク



msn産経ニュースより

三菱商事系のポイントサービス「Ponta(ポンタ)」とリクルートホールディングスが来春にも商品の購入時などにたまる共通ポイントを統合することが30日、明らかになった。

リクルートは約2000万人の会員を持つ。

統合で、ポンタのポイント利用者数は7000万人規模となり、会員数で先行する楽天の「Rポイントカード」やTポイント・ジャパンが運営する「Tカード」を追撃する。

ポンタは三菱商事の子会社「ロイヤリティマーケティング」が運営し、同社は今夏にも80億円超の増資を行う計画。リクルートが約15億円を引き受け、出資比率を15%に引き上げる。ローソンも追加出資を計画しており、三菱商事は小売り周辺環境を強化する狙いがある。


現状ではリクルートポイントはリクルートグループ内でしか利用できなくて
貯めやすいけど使い道が限られているのがネックでした。

来春にはリクルートグループで貯まるポイントがポンタポイントになるので 
使い道が広がります。

JMBローソンPontaカードVISA会員なら
リクルートグループの利用でJALマイルを貯めることが可能になります。

楽天市場・Yahoo!ショッピングともANAマイル系のショッピングモールに対抗して
ポンパレモールはJALマイル系になりますね。

となれば高還元が売りのリクルートカードとリクルートカードプラスが
一躍JALマイラーに人気のカードに浮上しそうです。


【追加情報】

2015年春にPontaWEB会員を新設してリクルートIDと統合する予定だそうです。

2014年夏にPontaポイントとリクルートポイントの相互交換が開始されます。

2015年春にはリクルートポイントをPontaポイントに自動的に変更していくそうです。

ただ一部のポイントについては変更対象外になるとのことで
その一部というのがどれなのかはわかっていません。

それとリクルートポイントには期限が定められた「期間限定ポイント」や
リクルートグループの中でも使える場所が限られた「サイト限定ポイント」があります。

そのポイントがPontaポイントに交換となった場合、
JALマイルに交換できるかどうかがとても気になるところです。


リクルートポイントが廃止されてPontaポイントになることから
リクルートカードで貯まるポイントもPontaポイントになると思われます。

JMBローソンPontaカード会員はPontaポイントをJALマイルに交換できるので
JMBローソンPontaカード会員なら、リクルートカードの利用で間接的にJALマイルを貯められることになります。

100円につき2リクルートポイントが貯まるリクルートカードプラスなら
ポンタポイント統合後は100円につき2Pontaポイントになり、
100円につき1JALマイル貯めることができます。

年会費は2,160円かかりますが、
JALカードは年会費2,160円+マイル移行手数料3,240円がかかりますので
それに比べるとリクルートカードプラスでポイントを貯めた方がコストは低くなります。

リクルートカードプラスで貯めたポイントをJAマイルに交換するには
JMBローソンPontaカードVISAも持つ必要がありますが、
こちらは年会費は無料ですからコストの面では問題ないですね。

リクルートカードプラスはnanacoチャージでもポイントが付与されますから
固定資産税や自動車税・国民健康保険料などの支払いでもポイントを貯められますよ。

リクルートポイントとPontaポイントの相互交換が今年の夏から行われる予定ですので
JALマイラーは今のうちにリクルートカードをチェックしておいた方がいいでしょう。

最大10,000ポイントプレゼント中!
 

【参考記事】 最大10000ポイント! リクルートカード入会キャンペーン

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す