改悪キター!漢方スタイルクラブカードnanacoチャージでのポイント還元率が激減

このブログ昨日は6位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードが改悪です!!

2015年6月より漢方スタイルクラブカードからのnanacoチャージでのポイント付与が、2,000円につき1ポイントになることが分かりました。

スポンサードリンク



まだ公式サイトでは発表がありませんが、会員向けにポイント制度の内容変更のお知らせが届いているようです。

その中にnanacoチャージでのポイント付与が2,000円につき1ポイントになると記載されているとのこと。

これまでは満額付与で2,000円につき7ポイントで、
7ポイントはANA21マイル相当のポイントですから
ANAマイル還元率は1.05%でした。

それが2015年6月からは一気に付与されるポイントが減ってしまうため
nanacoチャージを漢方スタイルクラブカードでする意味がないと言ってもいいでしょう。

それと、ポイント制度の変更はもう1つあり、
これまでANAマイルやJデポへの交換は500ポイントからでしたが、
300ポイントから交換できるようになるそうです。

この点は改善ですので、まだまだ漢方スタイルクラブカードは
ANA陸マイラーにとってお勧めのカードであることは間違いありません。

nanacoチャージにお勧めのカードはこれだ!

ANAマイラーさんの中には漢方スタイルクラブカードをメインカード+nanacoチャージとして使っている方もいれば、nanacoチャージ専用カードとして使っている方もいらっしゃると思います。

どちらにしても、2015年6月以降はnanacoチャージを漢方スタイルクラブカードでするメリットはほとんどありませんので、別のnanacoチャージ用カードを作った方がいいです。

ANAマイルをメインで貯めている方ならnanaco専用カードもANA系カードにしたいと思いますが、
nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードでANAマイル還元率1%以上のものはありません。

JCBブランドの楽天カードはnanacoチャージでもポイントが付きますが、
2楽天スーパーポイント⇒1ANAマイルなので、マイル還元率は0.5%とイマイチです。

その他にもファミマTカードがありますが、
こちらのマイル還元率はさらに低い0.25%です。

正直nanacoチャージでANAマイルを貯めるのはあまりお勧めできない状態です。

じゃあnanacoチャージにお勧めのカードはどれかというと
リクルートカードプラス」です。
p_card_jcb.png

リクルートカードプラスは現在さやのメインカードです。

リクルートカードプラスのいいところは、2%という還元率の高さです。

nanacoチャージでも満額ポイントが付与されるので、
ぶっちゃけ漢方スタイルクラブカードよりもお勧めです。

※リクルートカードプラスの新規申し込みは終了しています。
また2016年9月16日チャージ分よりnanacoチャージでのポイントは付かなくなります。

年会費が2,160円かかりますが、年間108,000円以上使えば
年会費の元が取れます。

リクルートカードには年会費無料のものもあります。
card_visa.png card_jcb.png

年会費無料のリクルートカードは還元率が1.2%です。
VISA・JCBともnanacoチャージでポイントが付与されます。

クレジットカードの年会費にお金をかけたくないという方は
年会費無料のリクルートカードを作るのがいいと思います。

nanacoチャージでJALマイルが貯まる

リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントです。

2015年秋頃にはリクルートポイントがPontaポイントに変わりましたが、今後もリクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントのままです。

しかしリクルートポイントとPontaポイントは即時ポイント交換でき、
リクルートポイントをPontaポイントに等価交換できます。

2015y01m20d_114955553_20150206153451e40.jpg

 

そのため、間接的にリクルートカードの利用でJALマイルを貯めることが可能です。
(2リクルートポイント⇒2Pontaポイント⇒1JALマイル)

つまり、nanacoチャージでもポイントが付与されるリクルートカードなら
税金の支払いにリクルートカードからチャージしたnanacoを使用すれば
JALマイルを貯められるのです!!

普段のメインカードはエクストリームカード+ソラチカカードでANAマイルを貯め、
税金や国民健康保険料などの支払いにはリクルートカードプラスを使って支払うことでJALマイルを貯める。

というようにカードを使い分けることで
ANAマイルとJALマイルの両方を貯めることが可能です。

サラリーマンの方がnanacoでの支払いをするのは
自動車税や固定資産税ぐらいでしょうか?

これだけでも年間10万円ぐらいは納めることになるので
10万の税金の支払いで600JALマイルが貯められます。
(年会費無料のリクルートカードの場合)

自営業などをされている個人事業主の場合、
自動車税・固定資産税の他に所得税・個人事業税・住民税・国民健康保険料・
国民年金の支払いを自分でしなくてはいけません。

国民年金はクレジットカードでの支払いに対応していますが、
その他の税金や保険料はクレジットカード払いができないので
nanacoで支払うことで間接的にクレジットカード払いにできます。

所得によって税額はかわりますが、
中にはこれらの支払いだけで年間100万円以上払っているという方もいますよね。

年間100万円の支払いをリクルートカードプラスからチャージしたnanacoですると
毎年JAL6,000マイルを貯めることができます。

1万マイルあればディスカウントマイル期間中なら
羽田⇔大阪の特典航空券が獲得できますね。
(ゴールデンウィーク・年末・年始以外)

税金を支払って、特典航空券がもらえると考えると
なんだか税金を払うのが楽しくなりそうじゃないですか(笑)

漢方スタイルクラブカード改悪まとめ

さやは2015年1月に漢方スタイルクラブカードを解約しました。

これまでメインカードとして使っていたこともありますし、1年前まではnanacoチャージ用に重宝していました。

しかし去年リクルートカードプラスを作ったことで漢方スタイルクラブカードの出番がなくなり、更新月の2月の前に解約したのです。

解約して5日後に今回のnanacoチャージ改悪が分かり、正直解約しておいてよかったと思いました。

漢方スタイルクラブカードのnanaco改悪は2015年6月分からとなります。

改悪までまだ余裕があるので、
漢方スタイルクラブカードをお持ちの方は今年支払わなければいけない
税金や保険料の分は早目にnanacoチャージしておいた方がいいと思います。

年会費の支払いが来る前に解約を希望される方なら
なおさら早目早目の行動が大切ですよ。

これまで漢方スタイルクラブカードをnanacoチャージとして使っていた方は
先ほどご紹介したリクルートカードプラスに乗り換えが一番賢い選択だと思います。

普段のお買い物ではANAマイル、
税金の支払いではJALマイルというように2つのマイルを貯めるのも悪くないですよ。

今回の漢方スタイルクラブカードの改悪を受けて、
リクルートカードの人気がまた上がるのは間違いないでしょう。

今なら10,000ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!!

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す