エポスカードのリボ手数料0円でポイント2倍の方法を確立

このブログ昨日は6位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



現在私のメインカードとなっているエポスカード。
2016年4月に発行して6か月目でエポスゴールドカードのインビテーションが届き、現在はエポスゴールドカードを利用しています。

さてエポスカード歴2年目に突入する現在、エポスカードをリボ払いにしてポイント2倍にする方法を実践中です。
毎月いかにリボ手数料を抑えてポイントを2倍にするか検証していたのですが、ようやくリボ手数料0円でポイントだけ2倍にする方法を見つけることができました。

スポンサードリンク



エポスATMまたは提携ATMでリボ残高を返済

エポスカードのショッピングリボはエポスのATMがあれば1円単位で返済ができますので、近くにエポスATMがある方ならリボ手数料をかけずにポイント2倍にすることが可能です。

エポスカードのショッピングリボはエポスのATM以外にもローソンなどのコンビニATMや郵貯ATMでも返済することができます。
ただこれらの提携ATMでは硬貨での支払いができないため、1,000円未満の返済はできずその金額に対してのみリボ手数料がかかってしまいます。

例えば、25,500円のショッピングリボ残高があり、提携ATMで25,000円返済すると500円の残高が発生します。
この500円の残高に対して、年利15%のリボ手数料(6円)が発生し、エポスカードの返済用に登録している金融機関より506円が引き落とされます。

エポスATMが近くにない方は提携ATM+ペイジーでリボ手数料を減額できる

エポスカードの端数にかかるリボ手数料は最大でも12円ですので、多少リボ手数料を払ったとしても、ポイント2倍で獲得できるポイントの方が多いので損することはありません。

先ほどのリボ残高500円に対してつくリボ手数料ですが、支払額が確定した日以降にエポスネットでペイジーを使って全額返済することができるんです。
もし確定したその日に返済すれば、リボ手数料は2円となり、返済額は502円になります。

500円×15%×10÷365=2.05・・・ つまり2円です。

支払額が確定したら早く返済することで、リボ手数料を減額することができるんです。

具体的な方法についてはこちらの記事で解説しています。

 

これならリボ手数料を数円程度に抑えて、ポイントを2倍にすることができます。

ちなみにリボの残高が240円未満であれば、支払額確定日にエポスネットのペイジーで返済すれば、リボ手数料を0円にすることができます。

240円以上の場合には1円~4円のリボ手数料がかかります。
支払額が確定した日以降で早い日に返済すれば、その分リボ手数料の額も少なくなります。

この方法は完全にリボ手数料を0円にできるわけではなく、1,000未満のリボ残高によって手数料が発生してしまうこともあります。

そのため、提携ATM+ペイジーでの返済はいつでもリボ手数料を0円にすることはできません。

1回の提携ATMでの返済でリボ手数料0円にする方法を発見

エポスATMでなくても完全無料でリボ手数料を0円にする方法はないのかいろいろ検証した結果、ようやく発見しました。

その方法とは、とってもシンプルな方法です。

それは、エポスカードの締日から支払い額が確定する前日までに提携のATMで全額返済することです。

とは言っても、提携ATMでは小銭の返済ができません。
ではどうするのかというと、リボの残高よりも多く返済するんです。

例えば確定日前に71,538円のリボ残高がある場合、72,000円を提携ATMで返済するんです。
そうすると462円多く返済していることになりますが、その分は翌月の支払額から減額されるので特に問題はありません。

この状態で確定日にエポスネットで今月の支払額を確認してみると0円の表示になっていました。


もう少し具体的にご説明します。

私のエポスカードの締め日は毎月27日で、前月の28日~当月27日までの利用分が翌月27日に引き落とされます。

支払額の確定日は毎月6日ですから、私は毎月3日~5日の間に提携ATMでリボ残高を返済しています。

今回、2月28日~3月27日利用分の残高が71,538円ありました。
4月3日にローソンのATMにて72,000円を返済しました。


 

3月28日以降の利用分が5,510円あったのですが、ローソンATMで462円多く返済しましたが462円は次回の返済額に充当され、現在の利用額の元金は5,048円となっています。
(5,510円-462円=5,048円)


 

利用額よりも多く返済しているため、4月27日の支払額は0円です。

ここで気になるのが、多く支払った分(462円)に対してもポイント2倍になるのかということですが、ポイント2倍になります。

実はエポスカードを作って最初のリボ返済の時も今回と同様にリボ残高以上に返済したのですが、その時に多く支払った分に対してもポイント2倍になっていました。
これに関しても実証済みですので、多く払って問題ありません。
多く払った分は翌月の支払いに充当されるため、その時にポイント2倍として付与されます。

これが支払い対象残高以上の返済をすることでリボ手数料を完全無料にしポイントを2倍にできる方法です。

近くにエポスATMがない方でもこの方法を実践することで、1回のATM返済で全額リボを返済できかつポイントを2倍にすることが可能です。

ANA VISAのように毎回1円以上のリボ手数料を発生させる必要もなく、ポイントだけ2倍にすることができるので、エポスカードのリボは1回払いと同じ感覚でポイントを倍増させることが可能です。

リボというと抵抗がある方でもエポスカードのリボ払いであれば手数料も取られずにポイントを2倍にできるのでお勧めですよ。


最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す