ヒルトン北谷ダイヤモンド修行2回目【HPCJ最安値予約からのアップグレードは?】

このブログ昨日は16位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



11月22日から1泊2日でヒルトン沖縄北谷リゾートに宿泊しました。
約10日ぶり、2回目のヒルトンダイヤモンド修行です。

10月にHPCJでゲストルームを予約していましたが、11月に入ってからさらにお安くなっていたので一旦キャンセルして再度予約しました。

今回は、最安値のお部屋の予約でアップグレードはあったのか?
ダイヤモンド会員の特典はどんな感じだったのかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



アプリで2ランクアップグレードを確認

ヒルトンのアプリでは宿泊前日の午前6時から事前にチェックインすることができます。

11月21日の午前6時の時点ではまだ最も安いお部屋の「ツインゲストルーム(シティビュー)」しか選択できませんでした。
しばらく様子を見ていましたが、午後9時になって表示が変わり、「ツインゲストルーム(シティビュー)」ではないお部屋が表示されました。

よく見てみるとすでにプリアサインされています。


アサインされたお部屋は「ツインゲストルーム(オーシャンビューバルコニー)」でした。

ヒルトン沖縄北谷リゾートのお部屋はこのようになっています。

  • ツインゲストルーム(シティビュー)
  • キングゲストルーム(シティビュー)
  • ツインゲストルーム(バルコニー付)
  • キングゲストルーム(バルコニー付)
  • ツインゲストルーム(プライベートガーデン付)
  • ツインゲストルーム(オーシャンビューバルコニー付)
  • キングゲストルーム(オーシャンビューバルコニー付)
  • ツインエグゼクティブルーム(オーシャンビューテラス付)
  • キングエグゼクティブルーム(オーシャンビューバルコニー付)
  • ツインエグゼクティブルーム(オーシャンビューバルコニー付)
  • キング1ベッドルームスイート(オーシャンビューバルコニー付)
  • ツイン1ベッドルームスイート(オーシャンビューバルコニー付)
  • ツインデラックス1ベッドルームスイート(オーシャンビューバルコニー付)

部屋と価格から細かく色分けしてみるとこのようになります。
同じ色は同じ価格帯です。

シティビューのツインゲストルームとキングゲストルームが一番安くて、下に行くほどお値段が高くなります。

ツイン(キング)ゲストルーム(バルコニー付)は低層階のプール側のお部屋です。
(オーシャンビュー)と付くと高層階になります。
ツインエグゼクティブルーム(テラス付)は4階のみにある広めのテラスが付いたお部屋です。

予約したお部屋はバルコニーがなくプール側とは反対側にあるお部屋ですが、それから2ランクアップでプール側のオーシャンビューバルコニー付になりました。

でもダイヤモンド会員ですし、まだエグゼクティブフロアに空室があるのを確認していましたので、アプリではチェックインせずにそのままホテルに向かいました。

エグゼクティブラウンジでチェックインまさかの・・・



まずは3階のロビーに行き、エグゼクティブラウンジでチェックインしたい旨伝えました。
主人が車を置きに行っている間にウェルカムドリンクをいただきました。



スタッフの方が9階エグゼクティブラウンジまで案内していただきました。

事前にアプリでチェックインせずラウンジに行き、どのお部屋に案内されるかドキドキでしたが、案内されたお部屋は810号室。

そう!アプリでプリアサインされたお部屋でした。
アプリ以上のアップグレードはなかったということです。

あれ?エグゼクティブフロアに空室があるのにおかしいなと思ったのですが、恐らくツインルームに1ベッド追加する形で、ベッドの準備があるため早めにプリアサインされてそこにセットしてお部屋を固定されたのだと思います。

エグゼクティブフロアでチェックインしている時にすでにカクテルタイムに突入して、そのままお部屋には行かずにカクテルタイムを楽しんでいました。
その時にエグゼクティブフロアのスタッフと少しお話をしたのですが、9階はすべてエグゼクティブルームで、4階と7階と8階には一部エグゼクティブフロアルームがあるとのことでした。

私たちが今回案内された810号室もエグゼクティブルームだと仰っていましたが、実際にはエグゼクティブルームではありませんでした。

これまでヒルトン北谷では2回エグゼクティブルーム、1回はスイートに宿泊しているのですが、エグゼクティブルームとツインルームのお部屋の大きさは同じです。
ただ違うのはネスプレッソがなかったり、アメニティが少ないぐらいで大差はない感じです。

ダイヤモンドパワーでエグゼクティブフロアまでアップグレードされると少し期待していたのですが、大人3人だと追加のベッドの関係でアップグレードされるのは難しいのかもしれません。
2人なら絶対エグゼクティブフロア確定だったと思います。

カクテルタイムのお料理

これまで4回カクテルタイムを利用しましたが、今回はお料理が初めてのパターンでしたので写真をパチリしましたよ。



ローストビーフ


ローストビーフ用のクリームです。


沖縄県産魚のカルパッチョ燻製ドレッシングです。


手作り蟹焼売です。 

沖縄風ラフテーと温野菜です。


フライドチキンです。
チーズとドライフルーツ

 

ドレッシングや野菜スティック用のソースです。

 

サラダ類です。

 

烏賊とエビのテリーヌです。 

私はスパークリングワインと共にいただきます。

 

子どもたちもカクテルタイムのお料理だけでお腹いっぱいになっていましたので、今回はルームサービスの利用はなしです。

少し早めの夕食終えて、ようやくお部屋へ向かいます。

ツインルーム(オーシャンビューバルコニー付)のお部屋

9階のラウンジから1つ下の8階にエレベーターで移動します。
こういう時に階段があれば便利なんですけどね。

入り口側から撮ったところです。
左側手前に洗面室への入り口とクローゼットがあります。

右側にはテーブルとチェアのセットが。

右側にテレビがあります。

その向かいにベッドが3つあります。
一番奥が追加のベッドです。
ツインなら追加のベッドの所に先ほどのテーブルとチェアのセットがあるのですが、置くスペースがないので入り口付近に来ているんですね。


ベッドルームから浴室が見えるのもエグゼクティブルームと同じですね。

こちらが洗面室です。

アメニティはこちらです。
エグゼクティブルームにはあったソーイングキットとネイルケアはありません。



 

シャワールームです。

テレビのあるテーブルにウェルカムフルーツがおかれていました。
前回スイートに宿泊した時にもいただいたのですが、スイートルームだからかダイヤモンド会員の特典なのかわかりませんでしたが、どうやらダイヤモンドの特典みたいです。

 

マカロンの下に入っている石のようなチョコが子供には大好評です。

エグゼクティブラウンジでの朝食

今回は久々にエグゼクティブラウンジで朝食をいただきました。

いつもなら7時ぐらいに朝食を取りに会場に向かうのですが、今日は珍しくみんな朝寝坊して8時前になっていましたので、3階のSURIYUNは混雑していると思ったからです。

相変わらずエグゼクティブラウンジの朝食は人がほとんどいませんでしたので、メニューをパチリしました。





朝食は軽めにいただきました。
真ん中に写っているパイナップルと豆乳のスムージーが結構おいしかったです。

ヒルトンダイヤモンド修行2回目の費用と獲得ポイント



ヒルトンダイヤモンド修行2回目はHPCJ経由にて予約しました。
HPCJ特典の25%割引で、ツインゲストルームの宿泊費は19,222円でした。

支払いはヒルトンVISAプラチナカードを使いました。

獲得したポイントは10,139ポイントです。

ベースポイントが1,785ポイントですが、
ヒルトンVISAプラチナカード決済によるボーナスポイントが2,000ポイント
ヒルトンのキャンペーンでWポイントで1,785ポイント
ヒルトンのキャンペーンでVISA決済Wポイントで1,785ポイント
ダイヤモンド会員のマイウェイボーナスで1,000ポイント
ダイヤモンド会員50%ボーナスで892ポイント
さらにダイヤモンド会員50%ボーナスで892ポイント

という内訳になっています。

ヒルトンポイントは1ポイントあたり0.5円ですので、約5,000円相当がポイントバックされたことになります。
実質宿泊費は14,222円です。

家族4人でエグゼクティブラウンジが利用できて、朝食も付いてこの価格とは非常にお得です。

ダイヤモンド会員だとボーナスポイントが多くてポイントの貯まるスピードがアップします。
また現在はキャンペーンエントリーでダブルポイントですし、VISA決済のダブルポイントも併用可能です。

今回の支払いにはHPCJの1万円分の割引券を利用して、差額はヒルトンVISAプラチナカードで決済しました。

通常ヒルトンVISAプラチナカードのボーナスポイントは全額をカード決済しないと付与しないと公式サイトには記載されています。
今回のように割引券を利用した場合や宿泊費の一部をヒルトンVISAプラチナカードで支払うなどは対象外となっていますが、実際にはボーナスポイントが付与されています。

前回の修行時には、宿泊費はヒルトン半額セール時にポレット(ハピタスのプリペイドカード)で支払い、ルームサービス利用分のみをヒルトンVISAプラチナカードで決済したのですが、それでも2,000ボーナスポイントが付与されていました。

ヒルトン宿泊費用の一部をヒルトンVISAプラチナカードで決済すればボーナスポイントが付くので、還元率の高いカードで決済するのがお得ですね。

ヒルトンダイヤモンド修行2回目まとめ



11月下旬で沖縄の気温は20度前後ですがさすがに肌寒いと感じるようになりました。
朝食から部屋に戻るとカスケードプールで泳いでいる大人の方が1人いらっしゃいました。

日があたれば寒くないとは思いますが、さすがに屋外プールは寒そうです。
(屋内プールも営業中です)

今回は2回目のダイヤ修行でしたが、エグゼクティブルームではないゲストツインルームでの宿泊でした。

とは言え、エグゼのツインルームとお部屋の大きさは一緒ですし、作りもアメニティも大して変わらないことがわかりました。

ダイヤモンド修行となっていますが、現在なんちゃってダイヤモンド会員でありますから、ツインゲストルームでも朝食はいただけます。

ゴールド・ダイヤモンド会員は本会員と同行者1名の合計2名が朝食無料です。

ヒルトン北谷では小学生以上は大人としてカウントされるので、わが家の場合大人3人・小人1人ですが、ちゃんと3名分朝食無料で利用できました。
カードケースに「×3」とあるのは大人3人の意味です。
朝食を利用できる人数をこれで確認するそうです。

もちろん、エグゼクティブラウンジでの朝食だけでなく3階SURIYUNも大人3人無料です。
これはヒルトン各ホテルによってルールは変わると思いますが、ヒルトン北谷はちょっと緩めの設定のようです。

なのでダイヤモンド会員であればエグゼクティブルーム以外のお部屋でも問題なく朝食がいただけますから、これからも安心して朝食なしのプランで予約できます。

今回のダイヤモンド会員特典としては、
インターネット無料と朝食無料、お部屋のアップグレード、ウェルカムスイーツ、ミネラルウォーター2本、レイトチェックアウトです。

お部屋のアップグレードと朝食無料だけでも十分お得ですね。
この2つだけでも今回1万円ほど得なのでヒルトンダイヤモンド会員は本当にお得です。

今回はレイトチェックアウトもお願いして14時チェックアウトの予定です。
その間少しお部屋でくつろいで、ランチビュッフェをいただいてチェックアウトします。

ヒルトン北谷には「リトルヒルトンクラブ」という、4歳以上小学生以下の子供が入会できる会員制度があります。
入会金は1,500円で年会費は無料です。

誕生月には会員はランチビュッフェが無料で、事前予約でバースデーケーキもいただけます。
先日息子が8歳の誕生日を迎えたのでその記念にランチをして今日は帰る予定です。

ランチビュッフェとリトルヒルトンクラブについてはこちらの記事でご紹介しています。

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す