今年度の児童手当は所得制限で減額確定!

jidouteate
 

毎年6月に児童手当の現況届けの手続きがあります。

先日案内が来ていたので、役所に行って手続きをしてきました。

今年度は所得制限にひっかかって児童手当が減額されるようです。

 



 

所得制限限度額

扶養親族等の人数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円
 

2015年の所得金額は876万円で、扶養親族の人数は3人です。

この場合、所得制限限度額が736万円でそれ以上の収入のため、児童手当の支給が減額されます。

我が家は3歳と6歳の子どもがいますが、本来なら1人につき月額10,000円支給されるところ、特例給付として5,000円になります。

つまり半分しかもらえないのです。

去年までは満額支給されていたのですが、収入が大幅にアップしたことで児童手当が減額されるとはちょっとイタイですね。

国民健康保険税や住民税も大幅にアップしているのにもらえるお金は減るとなるとダブルパンチです。


今年の収入は去年の同じころと比較してもすでに300万円も収入がアップしているので、確実に年収は去年を上回ります。

収入がアップするのはいいのですが、支払う税金もまたアップするので結局ほとんど税金に持っていかれているのが現状です。

生活水準は変わっていないんですよねぇ。

2年連続で1,000万円を超えると個人事業主でも3年目から消費税を支払わないといけません。

そうなるとさらに税金がかかってしまいます。

そこをなんとかしたいので、年明けには絶対に法人化したいと考えています。

個人事業主ができる節税対策として、セーフティ共済(年間280万円)と小規模企業共済(年間84万円)には加入していますが、もっと他に節税対策になることはないかアレコレ考える毎日です。

個人事業主の方でいい節税対策があればご教授いただけると幸いです。

これから教育費が増えていくのに、児童手当が減額されることを知り朝からガックリな気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。