エポスゴールドカードはインビテーションと直接申込みどっちがお得?

このブログ昨日は6位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


エポスカードには年会費無料の一般カード・有料のゴールドカード、さらには最上級のプラチナカードの3種類あります。

ゴールドカードは直接申し込むことができる他、一般カードの優良会員向けにインビテーションでグレードアップして所有することもできます。
プラチナカードに関してはインビテーションでしか持つことができません。

ではエポスカードのゴールドカードを作る場合、直接ゴールドカードを申し込むのとインビテーションを受けてゴールドカードを作るのではどっちがいいのでしょうか?

スポンサードリンク



エポスゴールドカードの特典

まずはゴールドカードのメリット・特典についてご紹介します。

 ボーナスポイント制度

ゴールドカード・プラチナカード会員に与えられる特典として、年間カード利用額に応じたボーナスポイントがあります。

年間利用金額 ボーナスポイント
50万円以上100万円未満 2,500ポイント
100万円以上 10,000ポイント

エポスカードのポイントは1ポイント=1円の価値があります。

50万円以上100万円未満なら2,500円相当のポイント、100万円以上なら1万円相当のポイントがもらえます。

エポスの一般カードには利用額に応じたボーナスポイント制度はありませんから、年間利用額が50万円以上の方ならゴールドカードを持っている方がお得にポイントをためることができます。

 選べるポイントアップショップ



ゴールドカード・プラチナカード会員限定の特典として選べるポイントアップショップもあります。

対象のショップを事前に3つ登録することで、登録したショップでのエポスカード利用でポイントが3倍貯まります。

エポスカードは200円につき1ポイントたまりますが、選べるポイントアップショップでの利用なら200円につき3ポイント貯まります。

リボ払いにすると200円につき2ポイントですが、選べるポイントアップショップでの利用なら200円につき4ポイント貯まります。

エポスカードのリボ払いは1か月のリボ手数料を0円~12円に抑えることができて、ポイントが2倍になるのでリボを使ってポイント2倍にするのがお得です。

選べるポイントアップショップ利用時ならリボ払いで還元率が2%と非常に高くなります。


選べるポイントアップショップは300ものショップから3つ選択することができます。
一度登録したショップは3か月経過すれば削除して別のショップを登録することができるので、利用しやすいサービスになっています。

選べるポイントアップショップには国民年金も入っていますので、1年払いの支払い月である4月に合わせて国民年金を登録しておき、3か月後に削除して別のよく利用するショップを登録するという使い方もできますよ。

選べるポイントアップショップに登録したらその直後からの支払いからポイントアップの対象になりますから、出先からお買い物する直前に登録しても十分間に合います。



人気登録ショップを見てみると、毎月支払いのある公共料金が人気のようですね。
またJR東日本が入っているのは定期を買う方が多いからでしょう。
ちなみにモバイルSuicaを選べるポイントアップショップで登録する場合には、「JR東日本」ではなく「モバイルスイカ」で登録するようにしてください。

その他にもヤマダ電機などの家電製品店やドラッグストア、コンビニなど幅広いショップが対象になっているので、対象のショップでのお買い物金額が多ければ多いほどお得にポイントが貯まりますよ。

 

ゴールドカードをインビテーションを受けて発行する際のメリット・デメリット

エポスの一般カードユーザーである程度エポスカードを利用しているとゴールドカードへのインビテーションをもらえることがあります。

インビテーションを受けてゴールドカードを持つ場合のメリットは、ゴールドカードの年会費が永年無料になることです。
ゴールドカードの年会費は5,000円ですが、インビテーションを受けてゴールドカードを発行した場合は永年無料になります。

メリットといえばそれぐらいしかありません。

ではインビテーションを受けてゴールドカードを発行する場合のデメリットを考えてみました。

 一般カードの利用額はボーナスポイント対象外

先ほどもご紹介しましたが、ゴールドカードには年間カード利用額に応じてボーナスポイントがもらえますが、一般カードを利用した金額分は利用額にカウントされないことです。

私の場合ですが、4月に一般カードを作って10月にゴールドカードのインビテーションが届きました。
それまでの半年で約110万円利用していたのですが、この分は年間カード利用額としてはカウントされません。
もしこれがカウントされるのでしたら、簡単にボーナスポイントの1万ポイントはクリアできるのですが、ゴールドカードが発行されてからの利用額からカウントされます。

 カード番号が変わる

エポスカードからエポスゴールドカードに切り替わる際にクレジットカードの番号が変わります。
すでに携帯電話会社や公共料金の支払いに一般カードを利用していた場合でもカード会社への変更の手続きは必要ありません。

しかしインターネットショッピングサイト等にエポス一般カードの情報を登録している場合には変更の手続きが必要となってきます。
登録しているショップが多ければ手続きも増えますので、カード番号の変更はデメリットになるでしょう。

ゴールドカードを直接申し込む場合のメリット・デメリット

ゴールドカードを直接申し込む場合のメリットは、最初からゴールドカードの特典の恩恵を受けることができる点です。
一般カードにはなくてゴールドカード以上にある特典として、利用額に応じたボーナスポイントと選べるポイントアップショップをご紹介しました。

この2つの特典が最初から受けることが可能です。
ボーナス特典はカード発行から1年間の利用額でボーナスポイントが決定しますので、最初からゴールドカードを持てば1年後にボーナスポイントが付与されます。

一般カードからのインビテーションを受けてからゴールドカードを発行する場合、最短でもインビテーションは半年後にしか来ません。
ゴールドカードを発行してそこから1年間のカード利用額でボーナスポイントが付与されるので、最初に一般カードを発行してから最短でも1年半後にしかボーナスポイントは獲得できません。

選べるポイントアップショップでの利用は200円につき通常よりも2ポイント多く獲得できます。
一般カードだとつかない特典ポイントが稼げるので、選べるポイントアップショップでの利用が多ければ多いほどお得になりますね。

逆にデメリットは自分で直接申し込むと初年度は年会費が5,000円必ず発生する点です。
1年目で50万円以上のカード利用があれば、来年以降の年会費は永年無料にすることができます。

しかし初年度だけは年会費がかかりますので、インビテーションを受けてから発行する方に比べると5,000円損することになります。

結局どっちがお得になる?

インビテーションを受けてゴールドカードを発行するのと、直接自分でゴールドカードを発行するのとではどちらがお得かということですが、これはそれぞれのメリット・デメリットで決まると思います。

 インビテーションを受けてゴールドカードを作った方がいいパターン

  • 年間カード利用額が50万円未満の方
  • エポスカードをメインカードとしては使わない方
  • カードの利用額が少なく、マルイでお買い物をよくする方

 直接ゴールドカードを申し込んだ方がいいパターン

  • 年間カード利用額が50万円以上の方
  • 選べるポイントアップショップでの利用額が高い方
  • エポスカードをメインカードとして使う方

 

ゴールドカードのインビテーションを受けるにはいろいろな条件があります。

最短で獲得したい場合には、カード発行後6か月で50万円以上の利用が必須です。

カード利用額をクリアするのが厳しいという場合でも、公共料金の支払いにエポスカードを利用したり、マルイでのお買い物でエポスカードを使うことでインビテーションを受けることもできます。
その場合はカード発行後1年を目安にインビテーションがくると思ってください。

一般カードからインビテーションを受けてエポスゴールドカードを作った方がいい場合は「年間カード利用額は50万円未満の方でマルイでお買い物をされる方」です。

年間カード利用額が50万円もいかない場合、直接エポスゴールドカードを申し込むと毎年年会費として5,000円がかかる可能性があります。

ゴールドカードを保持して1回も年間カード利用額が50万円を超えなければ年会費がかかるので、カード利用額が少ない方が直接ゴールドカードを申し込むと獲得できるポイントよりも年会費の方が高くついていしまいます。

逆に直接ゴールドカードを作った方がいい場合は、「エポスカードをメインカードとして利用して年間カード利用額が50万円以上の方」です。

まず年間50万円以上利用すれば2年目以降はゴールドカードの年会費が無料になりますから、カードにかかるコストは初年度の5,000円で済みます。

また年間カード利用額が50万円以上なら2,500ポイントのボーナスポイントが獲得できますから、年会費のコストは実質2,500円で済みます。

さらに選べるポイントアップショップでは200円につき2ポイントのボーナスポイントが獲得できるので、登録したショップでの年間利用額が25万円以上あれば年会費のコストは0にできます。

以上のことから初年度年会費を取られたとしても、獲得できるボーナスポイントの方が多くなるので直接ゴールドカードを作った方がお得になります。

年間100万円使う方の場合、10,000ポイントのボーナスポイントが獲得できるのでこれだけですでに年会費の元が取れてさらに5,000ポイントも得をします。
選べるポイントアップショップでの利用額が多ければ一般カードで貯めるよりも獲得できるポイントの差は広がります。

まとめ

エポスゴールドカードのインビテーションを受けてゴールドカードを作るのに適しているのは

  • 年間カード利用額が50万円未満の方
  • エポスカードをメインカードとして使わない方
  • エポスカードの利用額は少なくマルイを利用される方

以上です。
直接エポスゴールドカードを申し込むのに適しているのは

  • 年間カード利用額が50万円以上の方
  • 選べるポイントアップショップでの利用額が高い方
  • エポスカードをメインカードとして使う方

以上です。

私の場合、最初にエポス一般カードを作ってから半年後にインビテーションでゴールドカードを発行しました。

その時には最初からインビテーション狙いでゴールドカードを作る予定で一般カードを作ったのですが、上記の例に当てはめると損をするパターンでした。

一般カードを作ってインビテーションをもらうまでの半年間で利用した金額が100万円を超えていましたから、最初から年会費を払ってゴールドカードを作っても損ではなかったと気づきました。

まぁその当時はインビテーションをもらうというのが目的だったのもありますし、リボ払いの手数料を最小限にしてポイントを2倍にする検証をいろいろやっていましたから、ブログのネタにもなってよかったとも思っていますからそれはそれでよかったのかなと。

これからエポスカードを作る方でゴールドカードのインビテーションを狙っている場合には、上記のことを参考にして獲得できるポイントを考慮してから決めたほうがいいと思います。

ちなみに一般カードでもゴールドカードでも入会キャンペーンの対象になりますよ。

 

エポスカードの詳細やリボを使ったポイント2倍の裏技の詳細はこちら

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す