年間82万ANAマイル貯めた方法を大公開

お金をかけずにANAマイルを大量に貯める方法

2016年に貯めたマイレージは508,656ANAマイル、2017年は829,552ANAマイルです。

これまで貯めたマイレージの総数ではなく、1年間で貯めたマイレージです。

もし100円で1マイル貯まるクレジットカードを使って847,552マイル貯めようとすれば約8,475万円分お買い物する必要があります。

でもそんなにクレジットカードを使うようなお金はありません。

クレジットカードは使っていますが、年間600万円程度です。

ではなぜこれだけのマイレージを貯めることができたのか?

それは今のANAマイルを貯める仕組みがバブル状態だからです。

 我が家のANAマイル口座を公開します

我が家では夫と私(さや)、私の母の三人で主にANAマイルを貯めています。
あと子供2人(幼児・小学生)にも無料で作れるANAマイレージクラブカードを作り、ANAファミリーマイルに登録して家族でマイルを合算しています。

では早速2016年と2017年のANAマイルの口座の画像をご覧ください。

まずは夫のANAマイル口座からです。
2016年2月 12,700マイル
milejisseki10
 
2016年3月 10,530マイル
milejisseki11
 
2016年4月 0マイル
 
2016年5月 18,355マイル
 
2016年6月 30,807マイル
 
2016年7月 71,236マイル
 
2016年8月 67,232マイル
 
2016年9月 23,271マイル
 
2016年10月 19,774マイル
 
2016年11月 19,356マイル
 
2016年12月 19,259マイル
2016年1月~2016年12月までの12ヶ月で積算されたANAマイルは310,544マイルです。
主人は2016年6月~9月の期間中SFC修行をしたためフライトマイルが積算されています。

SFCで利用したフライトの予約はすべてマイルをスカイコインに交換してから発券しました。
そのため積算されたマイルも多いですが、消費したマイルはそれ以上でした。

続いてさやのANAマイル口座の画像をお見せします。
2016年1月 18,022マイル
milejissekisaya11
 
2016年2月 20,128マイル
milejissekisaya09
 
2016年3月 18,030マイル
milejissekisaya10
 
2016年4月 186マイル
 
2016年5月 18,243マイル
 
2016年6月 19,157マイル
 
2016年7月 13,209マイル
 
2016年8月 17,810マイル
 
2016年9月 18,215マイル
 
2016年10月 18,112マイル
 
2016年11月 19,000マイル
 
2016年12月 18,000マイル
 

2016年1月~2016年12月までの1年で積算されたANAマイルは198,112マイルでした。

夫婦での1年間の積算マイルは508,656マイルです。

2017年のANAマイル口座はANAマイ友プログラムの段が多くて画像が長くなるので表でまとめました。
子ども
(2人分)
合計
2017年1月 19,593 18,000 0 0 37,593
2017年2月 20,863 18,000 0 0 38,863
2017年3月 23,680 30,378  1,500 2,684 58,242
2017年4月 21,476 33,600 30 0 55,106
2017年5月 835 28,049 321 29,205
2017年6月 20,221 56,805 0 77,026
2017年7月 23,500 78,360 21,359 0 123,219
2017年8月 33,538 45,057 18,000 3,506 100,101
2017年9月 51,863 21,844 18,015 4,920 96,642
2017年10月 37,491 18,300 18,000 0 73,791
2017年11月 30,959 19,100 18,015 0 68,074
2017年12月 31,942 19,602 18,000 2,146 71,690
合計  315,961 387,095 130,919  13,577 829,552
 

2017年からは私の母と子供(2名)も加わって家族5人でマイルを貯めました。
2017年の積算ファミリーマイルは829,552マイルです。

※2017年の各月のマイルの内訳については毎月記事にて公開していますので、そちらもご覧ください。
参考 マイル実績ANAマイレージ情報館
これで本当に年間でANA50万マイル以上積算されたのがお分かりいただけたと思います。

毎月の画像の中に「東京メトロポイント移行マイル」とありますね。
これが毎月大量にマイルを貯めることができるキーポイントとなっています。

 ソラチカカードの誕生でANAマイルが貯まりやすくなった

ANAマイルは飛行機に乗らずに大量に貯めることが可能です。

2016年に主人がANAの上級会員になると発行ができるスーパーフライヤーズカード取得のための修行「SFC修行」をしたため、この1年だけはフライトマイルでのマイルが28,374マイル積算されましたが、それ以外はすべて飛行機に乗らずに陸で貯めたマイルということです。
2017年は家族旅行の際に有償で航空券を購入したためフライトマイルも積算されていますが、ANAスカイコインというANAの航空券が買えるポイントにマイルを交換してから購入しているので実費は0です。

ではなぜこのように飛行機に乗らずに毎月大量にマイルを貯めることができるのか?

それはANAカードの「ソラチカカード」が2012年に誕生したことから始まります。

sorachika-card
 

正式名称はANA To Me CARD PASMO JCBで通称ソラチカカードです。

ソラチカカードはANAカードとTo Me CARD機能が一体化したクレジットカードで、ANAマイレージクラブカードとしても使えますし、PASMOで電車にも乗れます。

ソラチカカードはTo Me CARDでもありますので、メトロポイントを貯めることができます。

ソラチカカード会員はメトロポイントをANAマイルに交換する場合、他のTo Me CARDに比べて1.5倍も交換レートがアップするのです。

2016y04m26d_141508914

100メトロポイント⇒90ANAマイル


※他のTo Me CARDは100ポイント⇒60マイル

ANAマイルへ交換できるポイントはたくさんありますが、これほどまでに高レートでANAマイルへ交換できるものはありません。

ソラチカカード会員ならメトロポイントからANAマイルへの交換レートが異常に高いので、効率よくANAマイルを貯めることができるのです。

これほどまでに高いレートなので1か月に交換できるメトロポイントの上限は2万ポイントに設定されています。

20,000メトロポイントはANA18,000マイル相当になります。

なので毎月2万ポイント貯めれば、18,000ANAマイルが積算されることになります。

メトロポイントを貯めるにはソラチカカードを使ってメトロポイントを貯めたり、乗車でメトロポイントを稼ぐの?
いいえ、それは違います!!

さや

確かにそれでメトロポイントを貯めることはできますが、年間数十万マイル貯めるには無理があります。

私は沖縄に住んでいるので、普段電車に乗ることはありません。

それでも毎月大量にメトロポイントを獲得できています。

ではどうやって毎月2万メトロポイントを貯めるかというと、ポイントサイトを活用するんです!!

 ポイントサイトの仕組みを理解しよう

ポイントサイトって何?
ポイントサイトとは、無料でポイントを貯めることができるサイトです。
ポイントサイトに会員登録(無料)して、ポイントサイトの掲載されている広告を利用するとポイントを獲得することができます。

広告を利用する以外にもゲームやメール内のURLをクリックすることでポイントがもらえることもあります。

貯まったポイントは現金や商品券、他社ポイントに交換することができます。

ポイントサイトが扱う広告は豊富で、楽天市場などお買い物で1%分のポイントが貯まったり、中には100%還元で購入金額分がポイントバックされる広告もあります。

ポイントサイトは数えきれないくらいたくさんありますが、ANAマイルを効率よく貯めるには間接的にメトロポイントに交換可能なポイントサイトを利用することが重要です。

ANAマイラー推奨ポイントサイトは3つ

そこでANAマイラーが利用している、「還元率が高くて間接的にメトロポイントへ交換可能なポイントサイト」をご紹介します。

ANAマイラーに人気のポイントサイトベスト3
ハピタス 1ポイント=1円相当
ちょびリッチ 2ポイント=1円相当
モッピー 1ポイント=1円相当
これからANAマイルを貯めようとするならこの3つだけ登録すれば十分です。

「複数のポイントサイトを使うのはイヤ」という方や「1つのポイントサイトに集中してポイントを貯めたい」というならハピタスだけ登録しても構いません。

ポイントの価値は、ポイントサイトによって異なります。

ハピタスとモッピーは1ポイント=1円と分かりやすいですが、ちょびリッチは2ポイント=1円相当なのでご注意ください。

これら3つのポイントサイトのポイントは直接メトロポイントへの交換はできませんが、ポイント中継サイトを利用することで、最終的にメトロポイント⇒ANAマイルというソラチカルートを使ってANAマイルに交換することが可能です。

ポイントサイトからANAマイルへ交換するための新ソラチカルート

各ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するまでの流れはこのようになります。
【2018年4月以降の最新版ソラチカルート】

ハピタスからANAマイルまでの交換ルート


ハピタスから最終的にANAマイルに持っていく場合、6回の交換が必要となります。
少し面倒くさいと感じるかもしれません。
ハピタス⇒PeX⇒ANAマイルのルートを使えば最短2回の交換で済みますが、その場合3万円相当のポイントが9,000マイルにしかなりません。

上記画像のLINEポイント経由の新ソラチカルートを使えば3万円相当のポイントは24,300マイルに交換できます。
同じポイント数でも交換ルートが違うだけで15,300マイルもの差が出てしまいます。

6回の交換回数でも十分メリットはありますので、効率よくANAマイルを貯めたいなら新ソラチカルートがおすすめです。

注意
ハピタスのポイントを新ソラチカルートを使ってANAマイルに交換するには、三井住友カードが発行するクレジットカードが必須です。
ANAカードの中でも年会費が最も安いANA VISASuicaカードやANA VISA nimocaカードも三井住友カードです。マイペイすリボの登録で年会費811円になります。(通常2,160円)
初年度は年会費無料ですし、入会ボーナスマイル1,000マイル、継続ボーナスマイルとして毎年1,000マイルがもらえるので、実質811円で1,000マイル獲得できることになります。
まだ三井住友カードが発行するクレジットカードをお持ちでない方はANA VISA SuicaカードかANA VISA nimocaカードがおすすめです。
ボーナスマイルはいらないというなら年会費無料のエブリプラスがおすすめです。
ハピタスからANAマイルへの交換にはワールドプレゼントへの交換が必須ですので、ポイントを貯めるのと同時に交換するための準備も進めておきましょう。

ちょびリッチ・モッピーは直接Gポイントへ交換できるので、ハピタスよりは交換回数が少なく済みます。

ちょびリッチ・モッピーからANAマイルまでの交換ルート


ちょびリッチ・モッピーからANAマイルへ持っていくには4回の交換が必要です。

ハピタスに比べればこちらの方が楽ですね。

Gポイントからの交換は5%の手数料がかかるけど実質無料にできる

新ソラチカルートではGポイントを経由しますが、GポイントからLINEポイントへの交換には5%の手数料がかかります。

GポイントからLINEポイントへの交換は100Gポイント以上100ポイント単位です。

現在私が保有しているGポイントは7,277Gポイントです。

このうち交換できるのは6,900Gポイントです。
交換する際には6,900Gポイントの5%分のポイント345ポイントが別途かかります。
6,900+345=7,245となります。

5%の手数料ですが、ポイント交換時に必ずかかりますがある条件をクリアすると後日手数料の全額がポイントバックされる仕組みがあります。

その条件とは、Gポイントに掲載されている広告のうち「ポイント交換手数料還元対象サービス」になっている広告を利用することです。

ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。

例えば8月1日にポイント交換をする場合、7月1日~12月31日までの期間でポイント交換手数料還元対象サービスになっている広告を1度でも利用していれば5%分の手数料が戻ってきます。


ポイント交換手数料還元対象サービスには楽天市場やYahoo!ショッピング、楽天ブックス、じゃらん、ヤフオクなど利用しやすい広告がたくさんありますので、数か月に1回利用すれば実質手数料は無料にすることができます。

手数料還元時期
  • ポイント交換完了時に対象サービスでのポイント獲得が確認できた場合→ポイント交換完了後1日以内
  • ポイント交換完了後に対象サービスでのポイント獲得が確認できた場合→対象サービスでのポイント獲得後2~3日以内

1万円相当のポイントは最終的に8,100ANAマイルになる

ANAマイラーおすすめの3つのポイントサイトでためたポイントを新ソラチカルートを使ってANAマイルに交換すると1万円相当のポイントは8,100マイルになります。

10,000円相当のポイントをメトロポイントへ交換する場合

  • ハピタス
    10,000ポイント⇒100,000PeX⇒2,000ワールドプレゼント⇒10,000Gポイント⇒10,000LINEポイント⇒9,000メトロポイント⇒8,100ANAマイル
  • モッピー
    10,000ポイント⇒10,000Gポイント⇒10,000LINEポイント⇒9,000メトロポイント⇒8,100ANAマイル
  • ちょびリッチ
    10,000ポイント⇒10,000Gポイント⇒10,000LINEポイント⇒9,000メトロポイント⇒8,100ANAマイル
LINEポイントからメトロポイントへの交換レートは10:9、メトロポイントからANAマイルへの交換レートも10:9で1万円相当のポイントは81%の交換率でANAマイルに交換できます。

GポイントからLINEポイントへの交換時には5%の手数料がかかりますが、後日ポイントバックされるのでその分は上記ルートには含まれていません。

もし5%分の手数料を考慮すると
9,500Gポイント⇒8,370LINEポイント⇒7,470メトロポイント
(Gポイント手数料475ポイントが別途必要)
となります。

Gポイントの手数料を差し引いたポイントで交換するとなると1万ポイントは7,470マイルに交換できますが、後日ポイントバックされた手数料も次回以降にANAマイルへ交換すればほぼ81%の交換率ということになりますね。

メトロポイントからANAマイルへの交換は月に1回で、1回に交換できるポイントの上限は2万ポイントになります。
そのため毎月最大18,000マイルがANAマイル口座に積算されます。

毎月コンスタントにメトロポイントに2万ポイント移行するためには、ハピタス・モッピー・ちょびリッチから23,700ポイント以上交換する必要があります。
これにはGポイントの手数料分やLINEポイントの交換単位が関係しています。
(手数料等を考慮しなければ毎月22,223ポイントの交換で毎月18,000ANAマイルを獲得することができます。)

ポイントタウン経由でもANAマイルへ交換可能

当記事でおすすめしているポイントサイトのハピタス、モッピー、ちょびリッチはGポイントではなくポイントタウンを経由してのソラチカルートを使うこともできます。
その場合には、三井住友カードの発行するクレジットカードが必要となります。

ポイントタウン経由でANAマイルに交換するルート
ハピタス・モッピー・ちょびリッチ⇒PeXポイント⇒三井住友カード⇒ポイントタウン⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

このルートであればGポイントを経由しないので、GポイントからLINEポイントへの交換時の5%の手数料を回避することができます。
ただこのルートを使うデメリットもあり、
  • 三井住友カードの発行するクレジットカードが必要
  • Gポイントを経由する方法よりも交換回数が増える
  • ポイントタウンからLINEポイントへの交換は20,000ポイント(1,000円相当)⇒1,000LINEポイントが最大で、2万円相当のポイントタウンのポイントを交換するには10回の交換作業が必要になる

すでに三井住友カードの発行するクレジットカードをお持ちの方ならポイントタウンを経由して交換してもいいですが、お持ちでないならGポイント経由の方が交換回数も少ないですし、5%の手数料は広告を利用することで実質無料化できますので、Gポイント経由をおすすめします。

ただハピタスをメインのポイントサイトとする場合には、確実に三井住友カードの発行するクレジットカードが必要となりますので、モッピー・ちょびリッチの交換はGポイント経由・ポイントタウン経由どちらを使ってもいいでしょう。

ポイントを貯めることは難しくない

18,000ANAマイルあればレギュラーシーズンで羽田⇔那覇の特典航空券が獲得できます。

毎月18,000マイルANAマイル口座に積算されれば、月に1回特典航空券で旅行することもできますね。

ハピタス・モッピー・ちょびリッチのポイントを貯めるのは簡単です。

これらのポイントサイトは他のポイントサイトよりも還元率が高いというメリットもありますし、それ以外にも貯めやすい仕組みがあるからです。

実際にさやのハピタスのポイント口座をご覧ください。

 

利用可能残高が1,617,961ポイントあります。

これを上記交換ルートを使ってANAマイルにすると、1,310,548ANAマイルになります。

ハピタスからPeXへは1か月に3万ポイント、メトロポイントからANAマイルへは1か月2万ポイントまでの交換上限が設定されているため、毎月貯めたポイントを全て交換できないためこのようにポイントが大量にたまっています。

メトロポイントからANAマイルへの交換レートがずっと変わらなければ全てマイルに交換するまでに6年かかります。

その期間にも毎月大量にポイントが加算されるので、このシステムが改悪されない限り毎月18,000マイル加算されていきます。

毎月18,000マイルを貯めることは決して難しいことではありません。

 どうやって大量にポイントを貯めているのか?

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに集結させてANAマイルに交換するというのは分かったけど、ではどうやってこれだけ多くのポイントを稼ぐかが重要になってきます。

ポイントサイトでポイントを貯める方法はいろいろありますが、効率よくポイントを貯める方法を知らないとANAマイルはいつまでたっても貯まりません。

ハピタスには、期間限定でポイントアップされる広告があります。
例えばトップページに掲載されている「ハピタスセレクション」があります。

ハピタスセレクションに掲載されている広告は通常よりも獲得できるポイントが大幅にアップしていて、ハピタスがおすすめする広告となっています。

例えば最も大きく表示されている広告をクリックしてみると、JALアメックスカードの発行で1万円分のポイントがもらえる案件です。

詳しくポイント獲得条件をチェックしてみましょう。

対象のカードはJALアメックスカードの「プラチナ・CLUB-Aゴールドカード・普通カード」の3種類です。
またポイント却下条件に「カード発行後3か月以内の解約」が入っていますので、それを注意すれば1万ポイントが獲得できます。

JAL AMEXカードの普通カードは年会費6,480円ですので、初年度だけカードを持ってもハピタスで獲得できるポイントの方が高いので年会費はペイできますね。

今回ハピタスセレクションに掲載されているクレジットカードは年会費が有料ですが、ハピタスにはこの他にも年会費無料のクレジットカードを発行するだけで数千ポイント~1万ポイント程度獲得できる案件もありますよ。

ハピタスには「みんなdeポイント」といって毎週月曜日と木曜日に期間限定でポイントアップされる広告がトップページに掲載されます。

みんなdeポイントに掲載される広告は、期間も限られていて参加可能人数の設定もあります。
参加可能人数に達すると残り時間があっても広告の申し込みが不可となり、お得な案件は残り時間まで残らずに打ち切りになることも多々あります。

こちらはみんなdeポイントに掲載されている広告の一例ですが、無印良品のクレジットカード「MUJI Card」を発行すると6,000ポイント(6,000円相当)が獲得できます。

ポイント獲得条件を見てみると、「新規カード発行完了+入会の翌月末までに5,000円以上のカード利用」となっています。
MUJI Cardは年会費無料のクレジットカードですので維持費は0円です。
カードが発行されたら翌月末までに5,000円利用すれば、ハピタスの6,000ポイントがもらえます。

条件としては難しくないので、カードが届いたらスーパーやコンビニ、ドラッグストア等で数回使えばすぐにクリアできますね。

ハピタスでは期間限定でポイントアップされる広告がありますので、高額ポイントが獲得できる案件をこなしていけば月に数万ポイント獲得するのは難しくないですよ。

ANA陸マイラーに人気の高いハピタスの攻略法はこちらをご覧ください。

ハピタス完全攻略【1年間でANA20万マイル以上貯める方法】
モッピーやちょびリッチポイントの貯め方についてはハピタスと同様ですから、まずはハピタスでのポイントの貯め方を理解して、モッピー・ちょびリッチで実践すればいいだけです。

 ANA陸マイラーが毎月大量にマイルを貯める方法まとめ

ANAマイラーが年間数十万マイル貯められているのは、ポイントサイトで効率よくポイントを貯めて、それを交換レートのいいメトロポイント経由で交換しているからです。

この仕組みを理解して実践すればどなたでも毎月18,000マイルためることは決して難しいことではありません。

ANAマイルは飛行機に乗らなくても大量に稼ぐことが可能なのです。

それもソラチカカードが誕生したおかげと言っても過言ではありません。

これからANAマイルを貯めたいという方は、ポイントサイト+ソラチカカード+三井住友カードが発行するクレジットカード(ANA VISA等)の3点は確実におさえて実践してくださいね。

ソラチカルートにはソラチカカードが欠かせません。
まずはソラチカカードの準備からしてカードが届くまでの期間に各ポイントサイトの登録等を進めていきましょう。



新ソラチカルートの手順まとめ
  • ソラチカカードの発行
  • ハピタス・ちょびリッチ・モッピーに登録してポイントを貯める
  • PeXアカウント作成・Gポイント登録・LINE登録・ポイントタウン登録
  • ANA VISA nimocaカード等の三井住友カードが発行するクレジットカードの発行
  • ポイントサイトで貯めたポイントを新ソラチカルートで順序よく交換する