年間64万ANAマイル貯めた方法を大公開

ANAハワイ フライングホヌ ビジネスクラス搭乗記【成田→ホノルル】 2022年7月 機内食や座席の設備をブログでレビュー

2022年7月。子供たちが夏休みに入ってすぐに家族でハワイ旅行してきました。

2020年の夏にハワイ旅行をすると決めて、1年前からマイルでハワイ往復航空券を発券。
しかしコロナのため2020年、2021年とフライトが欠航となりキャンセルに。

2021年夏に翌年(2022年)のハワイ往復航空券を発券。
3度目の正直でやっとハワイ旅行が実現しました。
2022年夏休み ハワイ 家族4人ANAマイルでビジネス+ファーストクラスで発券

我が家は4人家族で2人ずつで、ビジネス、ファーストに搭乗しました。

私と娘が往路でビジネスクラスに搭乗。
復路がファーストクラスです。

もし有償でビジネスクラス・ファーストクラスに乗ると同じ日程では2人で2,761,340円です。

 

目ん玉飛び出る金額ですが、マイルで発券したので支払いは1人あたり2万円弱でした。

今回は往路のビジネスクラス搭乗記をブログでレビューします。

A380フライングホヌビジネスクラス搭乗記

 チェックインから出国検査

我が家は沖縄から羽田空港に向かい、羽田空港から成田空港まではリムジンバスを使って移動しました。

10,000マイルでリムジンバスのチケット4枚(12,000円相当)と引き換えられる特典を使いました。
(2022年6月30日で特典交換終了)

成田空港到着後、まずは事前に発送していたスーツケース受取に。
1階にあるABC空港宅配でスーツケースを受取り、チェックインします。

ポイ活のために4月に発行したトラストクラブのVISAプラチナカードの特典として無料で空港宅配サービスが利用できました。

到着時の空港宅配無料サービスはゴールドカードのクレジットカードに付帯されているのが多いですが、出発時の空港宅配無料サービスはあまりありません。

たまたま作ったプラチナカードに付いていたのは本当にラッキーでした。

スーツケースを受け取って、チェックインに向かいます。

ファーストクラス搭乗者やダイヤモンドメンバー等が利用できる通称Zカウンターは閉鎖されて利用できませんでした。

ファーストクラス・ダイヤモンドメンバー専用レーンでチェックイン

今回のフライトでは、主人と息子がファーストクラス搭乗するので、ファーストクラス搭乗者とダイヤモンドメンバーが利用できる専用レーンを利用しました。

一般レーンは10組程度、ビジネスクラス専用レーンは5組ぐらいの待ちが発生していました。

事前にANA Travel Readyに宣誓書やワクチン接種証明書等の書類は全部アップロードしていたので、チェックインはスムーズでした。
ハワイ旅行2022準備編【コロナ禍の出国に必要な書類・手続き徹底解説】

チェックイン手続き後保安検査へ。

保安検査場へ向かうと、ものすごい行列ができていました。
1番後ろに並びました。

入るのに30分以上かかると思ったのですが、主人が保安検査優先レーンがあることに気付きそこへ移動。
5分程度で保安検査場を通過できました。

その後出国手続きもスムーズに完了し、ANAスイートラウンジへ向かいました。

ANA Suite Loungeレビュー【成田空港国際線第1ターミナル第5サテライト】2022年ハワイ旅行ファーストクラス特典

 優先搭乗でいざ機内へ

3時間ほどANAスイートラウンジでくつろいで、54番搭乗口へ向かいます。

フライングホヌは520席もある巨大な飛行機。
40分前に搭乗口に着きましたが、まだ搭乗はスタートしていませんでした。

主人と息子はGroup1のレーン、私と娘はGroup2のレーンに並んでいましたが、Group1にいる主人の家族ということでGroup1で一緒に飛行機に乗っていいと言われました。

Group1に並び直しいざ搭乗です。

ハワイまでは2号機のカイ君が連れて行ってくれます。

 ビジネスクラス機内の設備

 

私たちの席は赤枠で囲んだの9E・9Fです。

 

真ん中の座席はスタッガードシート配列といって、互い違いにフルフラットシートが配置されています。
フライングホヌの真ん中の2席は交互にペアシートが採用されています。

 

私は窓側の席がよかったのですが、娘の具合がいつ悪くなっても対応できるようにペアシートにしました。
(娘は乗り物が酷いのでいつも心配)

座席に着いてしばらくすると、ウェルカムドリンクが配られました。
私はスパークリングワインを、娘はオレンジジュースをチョイス。

ビジネス席は56席ありますが、7割ほどの搭乗率でした。
前の座席は2つとも空席、後ろも私のすぐ後ろは空席でした。

娘の隣には、娘よりもさらに小さい小学生1,2年生ぐらいの男の子が座っていました。

モニターは18インチタッチパネル式大型液晶ワイドスクリーン。
リモコンでの操作も可能です。
モニター横には横7cm程度の収納もあります。

座席前のオットマン。その下が収納になっていて、大型リュックでも問題なく入りました。
サイドテーブルは大きくて取り合えず何かおきたい時に便利です。

 

座席はとても広々していて快適。
9歳娘があぐらを組んで座っても余裕。

 

アメニティは事前にサイドテーブルに置かれていました。
ポーチとスリッパ、ヘッドフォン。

 

ボケボケの写真で失礼します(笑)
ブランケットと枕、マットが各座席に置かれています。

 

隣の座席は人がいましたが、通路側にサイドテーブルがあるので、人の気配は全く感じませんでした。

 

優先搭乗で機内に入ったので、30分ぐらい待ったかと思います。

スパークリングワインを飲みながらエンタテインメントでバラエティ番組を見て過ごしました。
娘はレゴの映画を鑑賞中。

 

離陸後にフルフラットシートを体験。
マットを敷いて枕を設置すれば簡単にベッドの出来上がり~。

 

娘はオットマンに足がギリギリ届く程度。
大人の女性でもオットマンの奥には足が全くつかないので、男性でも余裕で足が伸ばせると思います。

 

機内でフルフラットで映画を見てる9歳児。贅沢すぎます。
有償だとビジネス片道で変更不可の最安でも20万円ほどする座席です。
マイルで取ったので片道約1万円ですけどね。

 ビジネスクラス機内食機内食・ドリンクメニュー

 

ビジネスクラスのシートの次に楽しみにしていたのが機内食。

ANAスイートラウンジでハンバーガーをいただきましたが、すでに3時間ほど経過しているので機内食もいただきました。
まずはドリンクのメニュー一覧をご紹介。


さすがビジネスクラスだけあってドリンクメニューだけでもこれだけの数!!

そしてお食事メニューがこちら

 

最初のお食事は和食・洋食から選ぶタイプ。
その後はお好きな時にサンドイッチやきつねうどんなどの軽食が好きなだけいただけます。

夕食のメニューは洋食をチョイス

まずはアミューズが運ばれてきました。
胡麻とクルミのスティックと砂肝とセロリのマリネ。

 

ラウンジでいっぱいシャンパンを飲んだので、機内ではスパークリングウォーターを。

 

メイン料理とデザートが一気に運ばれてきました。

 

アペタイザーは山葵香るアボカドサラダとローストビーフ 和風ジュレとともに。

 

メインは鱸のポワレ トマトのタブレ添え 山椒風味のオリーブソース。

 

ブレッドはバゲット、トマトフォカッチャの2種類。

デザートはラクテ シトロン。

 

意外と量が多く、味は美味しかったです。
でも夜寝る直前に食べるものとしてはちょっと重かったかな。

娘は機内食が始まった時点ですでに寝ていました。
ラウンジでハンバーグとハーゲンダッツは食べていたので問題なし。

朝食はサンドイッチセット

離陸2時間前ぐらいになると朝食が配られました。

タンドリーチキンのサンドイッチ、フルーツ、ヨーグルトのセットです。
サンドイッチはちょとパサパサ感があってイマイチでした。

ヨーグルトとフルーツはおいしかったです。

娘は離陸1時間前になってようやく起きて朝食をいただきました。

無理矢理起こしての朝食。
日本時間だとまだ夜中の3時とかですからね。子供には酷です。

到着時照明がブルーになりました。
他のクラスだと綺麗にレインボーが出るみたいですが、ビジネスはブルー一色でした。

 降機後

 

ハワイ到着後、ファーストクラス⇒ビジネスクラスと上のクラスから降りられたのですぐに降りることができました。

娘は着陸態勢に入った時点で具合が悪そうで、機内から降りてすぐに嘔吐。
念のため機内にあるエチケット袋を持ってきてたのでギリギリセーフでした💦

その後ファーストに搭乗していた主人、息子と合流。
入国審査へと進みました。

入国審査後、スーツケースを受け取りに行くとすでにプライオリティレーンに置かれていました。

スーツケースも待つことなく受け取れて、その後予約してたハナタクシーでワイキキのホテルへ。

まとめ

フライングホヌのビジネスクラスについてご紹介しました。

子供達と初めての海外旅行。
乗り物酔いする子供達が快適にハワイへ行けるようにと頑張ってビジネスクラスを発券しました。

夜の便なので、子どもは寝る事を重要視してご飯はラウンジで済ませて機内では約6時間の睡眠は確保できました。

フルフラットシートで大人が寝ても足を伸ばせて快適なフライトとなりました。

正直、私も飛行機は苦手なのですがビジネスクラスなら10時間以上のロングフライトでも耐えられるなと感じました。

エンターテイメントも充実しているので、映画2~3本見たらあっという間着きますね。

今回フライングホヌのビジネスクラス、ファーストクラスはマイルを使って発券しました。

マイルがあればステータスなしの方でもビジネスクラス、ファーストクラスとも各2席は取れます。

マイルで航空券がほぼ無料になるので、ハワイ旅行ではホテル、現地でのおいしい食事、お土産代などにお金を使うことができます。

マイルはコツさえつかめば誰でも貯めることができます。

私がマイルをどうやって貯めているかはこちらをご覧ください。
お金をかけずにANAマイルを大量に貯める方法

ハワイ旅行を決めて最初に発券した時の記事です。
ビジネス、ファーストクラスをマイルで取るためのコツについて書いています。
ハワイ家族4人特典航空券でファースト+ビジネス発券!予約で気付いた注意点とは?

2019年に初めてマイルでハワイの往復航空券をビジネスクラス、ファーストクラスで発券してから毎年上記の方法を使って発券できています。

2022年にも有効な方法ですので、マイルを貯めてハワイに行きたい方はぜひ読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。