年間64万ANAマイル貯めた方法を大公開

シェラトンワイキキ宿泊記【2022年ハワイ旅行】プラチナエリート特典や朝食の内容レポート

2022年7月の夏休み期間に6泊8日でハワイ旅行してきました。

1泊目は憧れのピンクパレス
ロイヤルハワイアンホテル マイラニタワー宿泊記【2022年ハワイ旅行】プラチナエリート特典や朝食の内容レポート

そして次にシェラトンワイキキに宿泊しました。

シェラトンワイキキは日本人にとても人気のホテルで、ロイヤルハワイアンホテルと同じくマリオット系列です。

ロイヤルハワイアンホテルの隣にあるので、チェックアウト後歩いてシェラトンワイキキへ移動しました。

シェラトンワイキキ宿泊記2022

 シェラトンワイキキへのアクセス

シェラトンワイキキは、ホノルル国際空港から9マイル(約8km)の場所にあります。

Uberやタクシーなどで約25分ぐらいです。

駐車場
バレーパーキング 有料: 1日55米ドル
ホテル内駐車場 有料:1時間7.50米ドル、1日45米ドル

今回我が家はシェラトンワイキキの隣にあるロイヤルハワイアンホテルからの移動だったので徒歩移動でした。

空港からロイヤルハワイアンホテルにはハナタクシー利用しました。
チップ込で$30。税込で$31.4でした。

 マリオットAMEXのポイントを使って宿泊

今回、マリオットAMEXのカードで貯めたポイントを使って2泊予約しました。

私は、マリオットボンヴォイAMEXのプレミアムカード(旧SPG AMEX)を持っています。

シェラトンワイキキのポイント泊は、1番ランクが下のシティビュー2ダブルで予約。
1番下と言ってもワイキキの中心にある4つ星ホテルですから、繁忙期は1泊563ドル(約76,000円)します。
※旅行時のレート1ドル135円で計算

シェラトンワイキキでは、17歳まで添い寝が可能です。
大人2名に子供2名を添い寝にすれば、最大4名まで宿泊できます。

日曜日から火曜日の2泊を106,000ポイント(5.3万×2)で予約しました。

チェックイン当日マリオットアプリで予約状況を確認したところ、ハイオーシャンフロント2ダブルに3段階アップグレードされていました!!

元々の予約はシティビューで海が見えない部屋でした。
チェックイン数日前にアプリを見ると、パーシャルオーシャンダブルに1ランクアップグレードされていました。

チェックイン当日ではないのにアップグレードされているのを見て、「もうここで確定だな」と思たのですが、まさかの当日アップグレード。

ハイオーシャンフロントなので、高層階で目の前はすぐ海です!!

同じ日のハイオーシャンフロントダブルの客室を有償予約すると1泊$642(約86,670円)でした。
1泊1万円以上高い部屋にアップグレードされたのも、マリオットプラチナエリートのおかげです。

マリオットボンヴォイAMEXプレミアムのカード更新特典として、5万ポイントまでのホテルに泊まれる無料宿泊特典があります。

シェラトンワイキキでは今回5.3万ポイントで予約しましたが、更新特典(5万ポイント)+3,000ポイントを使って予約することもできます。

私が予約した7月下旬は日によって5.3万~5.5万で予約できる日もあったので、予約後も毎日こまめにポイントをチェックすることをおすすめします。

 シェラトンワイキキ 宿泊レビューをブログにて写真付きで詳しく紹介

 チェックイン

ロイヤルハワイアンホテルを12時前にチェックアウトして、そのままスーツケースを持ってお隣のシェラトンワイキキへ移動。

チェックインは15時からですが、12時の時点でチェックイン待ちの列ができていました。
2つのレーンのうち、左側がBonvoy Elite会員向けのレーンでこちらの待ちは1人だけ。
ゴールドエリート以上であれば利用できます。

 

一般レーンは数組待っていました。
夕方になると一般レーンはかなりの行列ができていました。

夕方のフロントは一般レーンのチェックイン待ちが行列に

 

通常のチェックインは15時ですが、そのままチェックインすることができました。

チェックイン担当の方は男性でホテルの案内やチェックイン手続きは全て英語でしたが、何となく言っていることは理解できました。

 シェラトンワイキキのプラチナエリート特典

シェラトンワイキキのプラチナエリート特典はこちらです。

  • 客室アップグレード
  • レイトチェックアウト
  • アメリカンブレックファースト2名無料
  • ギフト詰め放題

プラチナエリート以上はクラブラウンジの利用も特典にありますが、私が滞在した時にはコロナでラウンジが閉鎖しており利用できませんでした。

朝食については下の方で詳しくご紹介するとして、ギフト詰め放題についてご紹介します。

ギフト詰め放題

チェックインの時にフロントの方からギフトカードをもらいます。
それをフロントの横にあるアメニティショップ「GIFT」に持って行き、紙袋と交換してもらいます。

 

この袋に店内にある商品の中から好きなものを詰められるだけ詰めてOK!!

スパークリングワインとお菓子7袋ゲットしました。

 

紙袋はあまり長さがないのでスパークリングワインは大きくはみ出していましたが、店員さんに確認したらOKとのことでした。

スパークリングワインとチップスとミックスナッツは大人用
チョコ2つは娘用です。
息子は甘いものが苦手なので何も取らず。

物価の高いハワイでお菓子とお酒をタダでもらえるのは嬉しいですね。

とにかく紙袋に入っていればOKと緩いので欲しいものはジャンジャン詰めましょう(笑)

 ハイオーシャンフロントの客室レポート

宿泊する客室は29階にある2910号室。

シェラトンワイキキの最上階は31階。
プラチナパワーで高層階にしていただけました。

早速中を見ていきましょう。
ダブルベッドが2台あります。
添い寝の子供と一緒でも十分な大きさ。

テレビとデスクはシンプルですっきり。

コンパクトなクローゼットがあります。

クローゼット横の扉はミニバーになっています。
ポットと携帯用紙コップもあるはいいですね。

 

ボードの上には蘭のレイが2つとザクッキーコーナーのクッキーがありました。
ウェルカムアメニティみたいですが、宿泊者全員にあるのかどうかは分かりません。

 

洗面所と浴室です。
2020年に全室リフォームが完了したみたいで、水回りもとてもきれいな状態でした。

 

アメニティ類も一通り揃っています。
コップはプラスチックが個包装されていて衛生的ですね。

 

ハイオーシャンフロントのバルコニーからの眺めがこちら

 

ホテルを一緒に写すと高層階というのがわかりやすいです。
バルコニーからはダイヤモンドヘッドがよく見えます。

 

バルコニーにはソファもあります。

 

反対側にもコンパクトなテーブルとイスがあります。

食事の時はバルコニーで海を見ながらいただきました。

 

下の海を見てみると、ホヌ(ウミガメ)がいましたよー!!
たまーに上に浮いてきて泳いでいる姿が素敵でした。

バルコニーから下を見下ろすと、インフィニティプールが見えます。
こちらは16歳以上が利用できるプールでしたので、子連れの我が家は利用しませんでした。

 

29階ですが、たまにバルコニーに鳥が遊びに来るんです。
人間慣れしているようです。

 

客室にいる時は寝る以外ずーっとバルコニーで過ごしていました。
ダイヤモンドヘッドを見ながら飲むお酒は最高です。

シェラトンワイキキ1階にあるローソンでお酒を買って、ギフトの詰め放題でゲットしたミックスナッツを食べてバルコニーで過ごしただけですが、とても贅沢な時間でした。

レイを首にかけるとハワイに来たって感じがしてテンション上がり、ダイヤモンドヘッドをバックにして娘と記念撮影。

シェラトンワイキキで利用したサービス

 ウォーターサービス

エレベーター付近には各階にこのような場所があり、氷と水が無料でいただけます。

水は客室のデスクに置かれているこの容器に入れます。

容器をここにセットして、上のボタンを押すと水が出てきます。

 

フタギリギリまで水を入れようと覗き込む息子12歳

容器はあまり大きくないですが、何度でもこちらのサーバーで水をいれることができます。
ABCストアなどで買ったペットボトルの水に移し替えて、また水を入れて利用するなどして滞在中は水に困ることはありませんでした。

 ランドリー

シェラトンワイキキには5階と18階にランドリーがあります。

ランドリーに入るにはルームキーが必要です。
こちらのランドリーは隣のロイヤルハワイアンホテルのルームキーでも利用可能とのこと。

ランドリー内には人がいたので中の撮影はしませんでしたが、中には洗濯機と乾燥機があります。
それぞれ1回5ドルで利用でき、クレジットカードでの支払いもOK.

洗剤は付いていないので持参するか、ランドリー内にある自販機で購入します。

24時間オープンしていますが、夕方から夜にかけては利用者が多くなります。

日本から宿泊するだけの枚数の服を家族分用意するとかなりの荷物になりますから、ランドリーがホテル内にあると便利ですね。

 日本語ゲストサービス

今回利用はしませんでしたが、日本人にとってはとてもありがたいサービスなのでご紹介します。

シェラトンワイキキには日本語ゲストサービスがあります。
日本語が話せるスタッフが毎日午前9時~午後5時までいらして、LINEアプリを通じて滞在中の質問などに対応していただけます。

フロントのスタッフは全員外国の方でしたが、言葉が通じず言いたいことが言えないという場合でも日本語ゲストサービスに対応してもらえるので助かりますね。

営業時間内なら利用できますので、ぜひ活用させていただきましょう。

 ローソン

こちらはサービスではないですが、便利だったのでご紹介します。

1階のエレベーター手前にはローソンがあります。
日本にあるローソンをイメージして入ったら全然違いました。

コンビニにあるもの以外にもお土産になるものや浮き輪などビーチで使う雑貨類もありました。

ワインだけでもこの品揃えです。

温かいお弁当やポーク卵もずらり。

日本のカルピスもありました。ちょっとお高い!!

ビールの種類も豊富!!日本のビールもありましたよー。

カットフルーツも充実していました。

レジ横にはおでんコーナーまで。
日本人向けでしょうか。

とにかく何でもローソンで売ってるので、滞在中に何か買い忘れがあったらローソンで買えるので安心です。

夕食はローソンでポケ丼やいなり寿司などを買ってバルコニーでいただきました。

カットフルーツやヨーグルトを購入して朝食にいただくのもいいですね。

朝食は1階「カイマーケット」にて

朝食は1階にある「カイマーケット」でいただきました。

プラチナエリート以上のメンバーはコンチネンタルブレックファーストが無料でいただけます。

チェックインした時にいただいたこちらが朝食券です。

朝食会場に到着すると、案内待ちの列ができていました。
エリート専用レーンはなく、来た順に案内しているようです。

前には4組ほどいましたが、座席がないわけではないので5分ほどですぐ案内されました。

コンチネンタルブレックファーストであれば無料ですが、追加料金を払うことで料理をアップグレードできます。

私たち夫婦はそのまま無料のコンチネンタルブレックファーストをいただき、子ども達はkeikiメニュー($20)から2つオーダーしました。

 エリート特典のコンチネンタルブレックファースト

こちらがコンチネンタルブレックファーストです。
ロイヤルハワイアンホテルとほぼ同じ内容です。

 子どもメニュー

keikiメニューのパンケーキは娘がオーダー。
このパンケーキですが、1枚がとても大きいのに3枚も重なっていました。

 

バターホイップとメープルシロップ

こちらは息子がオーダーしたスクランブルエッグ、ベーコン、ポテトのセット。

 

子供用メニューとは思えないほどの量です。
ベーコンはカリカリというかコゲコゲで味も濃くイマイチでした。

 会計はルームチャージで

食後に会計です。
担当したスタッフがこのようにレシートを持ってきますので、チップの金額を記入してサインしてスタッフに渡してルームチャージをお願いしました。

レシートを見てみると、子どものメニューの金額がBonvoyメニューの割引料金になっていました。

私は子供のメニュー(各$20)から注文したんですが、子どももコンチネンタルブレックファーストは無料だったのかもしれません。

子どもの分だけアップグレードした形で割引料金の価格になっているのかなぁと思います。

それなら子供もコンチネンタルブレックファーストでよかったなぁ。
それか、子どもメニューにはないエッグベネディクトとかにすればよかった。

息子のメニューは特に量も多いし味も濃くて子供用とは思えない内容でしたから。

2日目のコンチネンタルブレックファーストはこちら。

前日とパンの種類が変わっていました。またフルーツの量が前日より多かったです。

カイマーケット手前にはホノルルコーヒーもありました。
朝からレジを待つ列ができていました。

 ヘルモアプレイグラウンドプールで遊ぶ

シェラトンワイキキにチェックインして、客室でランチを取ってからすぐにプールへ行きました。

シェラトンワイキキには2種類のプールがあります。

1つはインフィニティプールの「エッジインフィニティプール」で16歳以上の方が利用可能です。

インフィニティプールは朝8時オープンですが、無料のデッキチェアは先着順のため、オープン前から列ができていました。

夜のインフィニティプールはライトアップされ、さらに大人の雰囲気が漂っていました。

もう1つのプールがヘルモアプールプレイグラウンド。
こちらは年齢制限がなく子連れだと必然的にこちらになります。

隣のロイヤルハワイアンホテルの宿泊者もヘルモアプールの利用が可能です。

プールサイドにはデッキチェアがあります。

幌が付いたチェアやカバナは有料ですが、付いてないただのデッキチェアはどなたでも無料で利用できます。

ヘルモアプレイグラウンドプールにはジャグジーもありました。

ホテルの建物でプールの一部は日が当たっていないのでとても冷たかったです。

娘はプールが大好きなので、デッキチェアで休むことなくずっと遊んでますが、一方で息子はプールが苦手。
あまり長く遊ぶとお腹が痛くなるので好きじゃないみたいです。

確保したデッキチェアの前の浅いところで足だけつけて遊んでました。
顔は水に付けないので、マスクして遊んでたらマスク焼けしてました(笑)

写真奥の方には1~2mぐらいの短めのウォータースライダーがありました。

もう1つ奥の方には長めのウォータースライダーもありました。
写真は公式からお借りしました。

うちの子はウォータースライダーがあまり好きじゃないので1度も遊んでませんでした。

アクティブなお子さんがいらっしゃるなら、シェラトンワイキキのプールは1日中遊んでいられると思います。

まとめ

ハワイ旅行2日目から2泊でシェラトンワイキキに宿泊しました。

ポイントを使っての予約でしたので、かかった費用は1日$49.55のリゾートチャージと子供の朝食料金のみ。

物価の高いハワイでホテル代が安く済むのはとても助かります。

シェラトンワイキキはホノルルの中心にあるので、どこに行くにも便利です。

ホテル自体も大きく、食べるところもいっぱいあるし、ローソンもある。
ランドリーもあり、一部階(28階)には電子レンジも置いているのもよかったです。

電子レンジがあるので、テイクアウトした商品を温めて部屋で食べることもでき、コロナで店内での飲食は避けたい方にもおすすめのホテルです。

ハワイでは6泊中2泊がシェラトンワイキキでしたが、シェラトンワイキキが1番気に入りました。

シェラトンワイキキは17歳まで添い寝無料なので、子連れ旅行にぴったりのホテルです。

 シェラトンワイキキをより楽しめるカード


2022年2月に登場したマリオットボンヴォイAMEXプレミアムカード
年会費49,500円と高いですが、それ以上のベネフィットがあります。
発行するだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員。

さらに年間400万円決済でゴールドエリートの次にランクの高いプラチナエリー会員に昇格!!
プラチナエリートになるとゴールドエリートよりも客室アップグレードの確率が高くなりますし、クラブラウンジのアクセスも付きます。

私はプラチナエリートで、シェラトンワイキキでは3段階アップのハイオーシャンフロントへアップグレードしていただけました。

朝食無料、ギフト詰め放題、レイトチェックアウト(16時まで)などの特典が受けられます。

私はハワイ旅行することを決めてから、ハワイではマリオット系のホテルに泊まりたいと思い旧SPG AMEXを作って現在に至ります。

実際にハワイでマリオット系のホテルである、ロイヤルハワイアンとシェラトンワイキキに宿泊して最高の思い出を作ることができました。

これもカードに付帯するエリート特典のおかげです。

 紹介による発行で大量ポイントゲット

マリオットボンヴォイAMEXプレミアムは紹介による発行が1番お得です。期間限定キャンペーンで、最大45,000ポイント獲得可能です。
普通に公式サイトから申し込むと39,000ポイントです。

紹介経由の方が6,000ポイントも多く獲得できます。

45,000ポイントにあと5,000ポイント追加すれば、大阪マリオット都ホテルに宿泊できるポイント数になります。

マリオットAMEXプレミアム発行でゴールドエリートのステータスを獲得でき、年間400万円決済でプラチナエリート特典に昇格します。
プラチナエリートになるとクラブラウンジのアクセスが付くので、1ランク上のホテルステイが楽しめますよ。

マリオットボンヴォイAMEXカードを私の紹介で作ってもいいよという方は、下記コンタクトフォームにお名前(ニックネーム可)とメールアドレスをご入力ください。

申込み時の個人情報はメールアドレス以外こちらには一切分からないようになっていますのでご安心ください。

     

    3 COMMENTS

    ra

    初めまして!
    今度シェラトンワイキキへ行く予定なのですが、
    ラウンジが使えなかったりと、
    以前と違う所があるようですね。

    リゾートフィーに含まれていた、
    ポケットWi-FiやGoproの貸し出しはされていましたか?

    返信する
    さや

    ra様

    初めまして。
    リゾートフィーに含まれているポケットWi-FiやGoproは利用していないので、貸出しているかちょっとわかりません。

    返信する

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。