ソラチカカードをメインで使うならマイル移行手数料を節約しよう

このブログ昨日は6位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

マイル移行手数料を節約

2015年4月よりANA JCBカードのマイル移行手数料が5,000円(税抜)に値上げされました。

これまでの2.5倍も値上げされてしまい、今後どのようにANAマイルを貯めればいいのかお悩みの方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにANA JCBカードのマイル移行手数料を節約する方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



ポイントをその都度交換すると毎年移行手数料がかかる

最初にANA JCBカードのポイント制度について説明します。

ANA JCBカード利用で貯まるポイントはOki Dokiポイントです。

Oki Dokiポイントの交換レートが2種類あります。

  • 移行手数料無料の5マイルコース
  • 移行手数料5,000円(税別)の10マイルコース

5マイルコースを選択すると1,000円につき貯まる1ポイントを5マイルで交換できます。

10マイルコースを選択すると1ポイントを10マイルで交換できます。

メインカードとして使うなら10マイルコースを選択することをお勧めします。

ANA JCBカードには2つのポイント移行コースがあります。

  • 自動でポイントを移行する「マイル自動移行コース」
  • 手動でポイントを移行する「マルチポイントコース」

カードを作った際にポイントを移行するコースを選択したと思いますが、どちらを選択しましたか?

これによってマイル移行手数料を節約できるかどうかが決まります。

もしマイル自動移行コースを選択していたら、自動的にポイントがマイルに交換されるため、
毎年マイル移行手数料がかかってしまいます。

そうすると年間維持費が毎年7,000円(税別)かかるので、
コストの割にあまりマイルが貯まらないという事態も起こりえます。

ANA JCBカードのポイントの有効期限は2年です。

マイル移行手数料を節約するなら期限の切れる年に、
これまで貯めたポイントをまとめて移行するようにすれば
3年に1度だけマイル移行手数料を払うことになり、節約ができます。

マイル移行手数料を3年に1度払う方法

まずこの方法を実践するには、現在のポイント移行コースがマルチポイントコースになっている必要があります。

もしマイル自動移行コースになっている場合、
マルチポイントコースに変更してください。

これからANA JCBカード・ソラチカカードを作る方は
必ず「マルチポイントコース10マイル」を選択してください。

それでは具体的な方法を解説していきます。

ANA JCBカードは毎月16日~翌月15日の利用分を翌々月10日に支払います。

この期間の利用ポイントは翌月25日頃に付与されます。

例えば、4月16日~5月15日利用分のポイントは5月25日頃に付与されることになります。

Oki Dokiポイントの期限は2年で、
2015年5月25日に付与されたポイントなら2017年5月15日が期限となります。

マイル移行手数料は年度ごとにかかり、
1年度は4月1日~翌年3月31日までです。

2015y02m04d_092050014.jpg

この期間に1度でも移行すると、マイル移行手数料が発生します。

マルチポイントコースの場合、
移行をしなければマイル移行手数料はかかりません。

そこで3年に1度だけポイントをマイルに交換するためには、
初年度と2年目はポイントを貯めるだけにして、
初年度のポイントの期限が切れる3年目の4月にこれまで貯めたポイントを移行するようにします。

この場合3年目に初めてマイル移行手数料が発生します。

1度手数料を払えば、その年度は何度交換してもいいので、
3年目の翌年3月末までにこれまで貯めたポイントを全て移行するようにします。

もう少し具体的に説明すると、
2015年4月に貯めたポイントは2017年4月に期限を迎えるので
2017年度4月になって初めてポイントを移行します。

この時に2015年4月~2017年3月までに貯めたポイントを全て移行するようにします。

ここで初めて移行手数料が発生します。

そして2018年3月25日にポイントが付与されたら
2017年4月~2018年3月に付与されたポイントを全て移行します。

この2回の移行で2018年3月までに貯めたポイントは全てマイルに交換完了しますね。

後はこれの繰り返しです。

2018年4月~2019年3月までポイントを貯めて、
2019年4月にそれまで貯めたポイントを移行します。

2020年3月に再度それまで貯まったポイントを移行します。

これでマイル移行手数料は3年に1度だけ払うことになります。

注意しなければならないのは、必ず新しい年度(4月)になってから
ポイントを移行するようにしてください。

年度の途中でANA JCBカードに入会した方も基本的にはやり方は一緒です。

例えば、2015年10月にカードを発行した方は
11月に付与されるポイントは2017年12月に期限を迎えます。

期限を迎える年度は2017年度になりますので、2017年度の4月にポイントを移行してもいいですし、
期限を迎える12月に初めてポイントを移行したとしても移行手数料の発生時期が違うだけです。

2018年3月末までにすべてのポイントを移行すれば、あとは上記方法と一緒になります。

節約技利用で年間コストは4,000円弱

マイル移行手数料を3年に1度払うことで年間維持費が安くなります。

1年目はANA JCBカードの年会費は無料です。
2年目は2,160円。

3年目にマイル移行手数料5,400円+年会費2,160円=8,640円かかります。

1年目~3年目にかかるコストは総額9,720円で
1年あたり3,240円になります。

1年目は年会費が無料になっているので1年あたりのコストが安くなっていますね。

4年目~6年目のコストは総額10,800円で
1年あたり3,600円です。

2014年度までマイル移行手数料を毎年払ってマイルを移行していた方なら
年間4,320円のコストがかかっていました。

マイル移行手数料節約技を使えば、
従来の年間コストよりも安くなりますので、
コストの心配はクリアできると思います。

あとはメインカードとしてカード払いできるものは全てANA JCBカードやソラチカカードで決済するようにして、マイルを貯めればいいですね。

3年目にポイントを移行するので
2年目までは一切マイルが積算されないというのがデメリットですが、
ポイントを一気にマイルに移行して特典航空券を発券するという方であれば
特に気にすることのない問題だと思います。

ソラチカカードをメインカードとして使っていきたい方にはお勧めの方法ですのでぜひ実践してみてください。

 

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す