マイルカード一番得するのはどれ

このブログ昨日は9位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

お得 マイルカード一番得するのはどれについて

2014年の1年で30万マイル以上貯めました。

30万マイルのうち飛行機に搭乗して貯まる「フライトマイル」は0です。

貯めたマイルを特典航空券に交換して家族旅行したり、両親にプレゼントしたりして消費しています。

年間数十万マイルと貯めますが、その分使うマイルも多いです。

2015年5月現在のマイル残高がこちらです。
2015y05m17d_103407092.jpg 

私のマイレージ口座の残高が172,538マイルで、主人のマイルと合算したマイル残高は248,855マイルあります。

実際のマイル口座の画像ですから、本当に私がマイルを貯めていることはお分かりいただけたと思います。

ではどのようにしてこれだけのマイルを貯めたのか紹介します。

スポンサードリンク



マイルカード一番得するのはどれ

ANAマイルは今最もマイルが貯まりやすいと言っても過言ではありません。

ANAマイルを貯めるにはANAのクレジットカードで貯めるのが1番早いと思われるかもしれませんが、実はそれは間違いです。

現在ANAマイルを大量に貯めている人は○○カードと○○カードを使ってANAマイルを貯めています。

そのカードとはエクストリームカードとソラチカカードです。

  extreme-card.gif sorachikacard.png

マイルカード-一番得するのはどれ?
それはエクストリームカードとソラチカカードの2枚持ちです。

エクストリームカード1枚またはソラチカカード1枚だけでは一番お得にはなりません。

この2枚を使ってマイルを貯めることでANAマイルが一番効率よく貯められます。

2枚持ちで100円につき1.35マイル貯められます!! 

エクストリームカード詳細

 extreme-card.gif  
 年会費 初年度無料 2年目以降3,000円(税抜)
 ※年間30万円以上のカード利用で年会費無料になります。

 1,000円の利用につき10ポイント貯まる。

貯まったポイントはGポイントまたはJデポに交換可能!

20万円のカード利用分のポイント(2,000ポイント)が3,000Gポイントに交換できます。

Gポイントとはポイントサイトの1つです。

Gポイント経由でお買い物や口座開設などの広告を利用するとGポイントというポイントが貯まります。

Gポイントは直接ANAマイルへ交換できますが、3,000Gポイント⇒1,000ANAマイルと決して還元率は高くありません。

しかしGポイントをメトロポイントを経由してANAマイルに交換することで
還元率が大幅にアップします。

Gポイントをメトロポイントに交換できるのはTo Me CARD会員だけとなっています。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)もTo Me CARDなので、ソラチカカードを持っていれば、
Gポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルという交換ルートが使えます。

ここでソラチカカードの出番登場です。
sorachikacard.png

先ほどのエクストリームカードの20万円分のポイントを交換すると、

2,000エクストリームポイント⇒3,000Gポイント⇒3,000メトロポイント⇒2,700ANAマイル

になり、20万円分のポイントが2,700マイルに交換できました。

つまりANAマイル還元率は1.35%になります。

分かりやすいように図にまとめてみました。

ANAマイル交換図 

ANA JCB一般カードやANA VISA一般カードの場合100円につき1マイルが基本ですが、
エクストリームカードとソラチカカードの2枚持ちなら100円につき1.35マイル貯められます。

ここで一度エクストリームカードとソラチカカードの役割を復習しておきましょう。

メインカードにエクストリームカードを使います。
ショッピングはすべてこのカードで支払うようにします。

そしてエクストリームカードで貯めたポイントを交換するためのサブカードとしてソラチカカードを持ちます。

ソラチカカードはショッピングでの利用は一切しないので、マイル移行手数料無料の5マイルコースまたは手動でポイントを移行するマルチポイントコースにしておけば、マイル移行手数料は必要ありません。

2枚持ちにかかる費用は2,000円(税抜)だけ

ソラチカエクストリームカードを2枚持つことで、ANAカード単体でマイルを貯めるより費用が掛かりそうな気もしますが、実はそうでもありません。

まずエクストリームカードは初年度無料、2年目以降3,000円(税抜)かかりますが、年間30万円以上のカード利用で2年目も無料にできます。

1か月あたり25,000円のカード利用があれば30万円は超えますので、2年目以降も無料になります。

エクストリームカードをメインカードに使うので、公共料金や携帯電話料金など毎月引き落とされるものは全てエクストリームカードで支払うことにより、これだけで25,000円は軽くクリアできると思います。

もう1つのカード、ソラチカカードは初年度無料、2年目以降は2,000円(税抜)かかります。
こちらはカード利用額による年会費割引の特典はないので、2年目以降は2,000円が必ずかかります。

マイル移行手数料は2015年より5,000円になりましたが、そもそもソラチカカードはメトロポイント経由でポイントをマイルに交換するための手段として持つカードなので、マイル移行手数料は必要ありません。

そのためエクストリームカードとソラチカカード2枚持ちにかかる費用は
初年度は無料、2年目以降は毎年2,000円+税となります。

もしソラチカカード単体でマイルを貯めるなら
初年度はマイル移行手数料5,000円+税、2年目以降は年会費分を含んで7,000円+税かかることになります。

この差をご覧になっていかにエクストリームカードとソラチカカードの2枚持ちがお得か分かったと思います。

マイルカード一番得するのはどれのまとめ

ANAマイルはエクストリームカードとソラチカカードの2枚持ちが一番得します。

ANAマイルを貯める⇒ANAの公式クレジットカードで貯めるのが一番得だと思われがちですが、実際はANAカードよりもコストを抑えてマイルを効率よく貯めることが可能です。

「マイルカード一番得するのはどれ」と聞かれたら、エクストリームカードとソラチカカードの2枚持ちと自信を持って答えます。

これからANAマイルを貯めようとお考えの方はメインカードにエクストリームカード、サブカードにソラチカカードを持つことをお勧めします。

2枚持ちでも年間維持費は初年度は無料、2年目以降も2,000円(税抜)とコストを抑えてマイルを貯めたい方にもお勧めのマイルの貯め方です。

エクストリームカードで貯めたポイントをGポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイルと3回交換するデメリットがありますが、デメリットよりもメリットの方が大きいので慣れればそんなに手間とは思わなくなるでしょう。

エクストリームカードのお申し込みはこちら

ソラチカカードのお申し込みはこちら

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


スポンサードリンク


コメントを残す