法人設立するために役立ったサービス・会計ソフトを紹介します

このブログ昨日は16位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



2016年12月12日に法人化して2か月が経過しました。
法人化するにあたり最初は税理士や行政書士など専門家にお願いしようかと思ったのですが、今は法人化するための手続きのサービスが充実しているので、それを利用して自分で法人化しました。

その時に役立ったサービスをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



会社設立freee

会社設立freeeはその名の通り会社設立のためのサービスで、会社設立時に必要な書類を作ったり、設立の手順などがわかるサービスです。

freeeに登録すれば書類などは無料で作成できますが、電子定款を作成するのを依頼する場合に5,000円の手数料がかかります。

紙の定款だと印紙代が必ず4万円必要になりますので、電子定款の方が専門の方に依頼したとしても5,000円で作成してもらえるのでお得です。

会社設立freeeを使えば、専用フォームに従って、会社名や住所・代表者の名前・事業内容などを入力していくだけで必要な書類が作成できます。

書類が作成できましたら、定款を印刷→出資金入金→入金証明コピー→登記書類印刷・・・・と手順が書かれているので、それに従うだけで会社設立ができてしまいます。

実際に会社設立freeeでの画面を掲載してみました。





 

 

こんな感じで細かくやるべきことが記載されいているのでとても分かりやすいです。
会社の住所を最初に入力しているので、提出する書類の対象の法務局をグーグルマップで紹介している点も細かくていいと思います。

法務局に必要な書類を出したらそれで終わるというわけではありません。

社会保険加入の手続きや税務署・自治体への法人設立書の届け出も必要です。
それらに関してもわかりやすく順番通りに進めていけばできるようになっているので大変便利です。

会社設立前は何をどの順番ですればいいのか全くわからなかったのですが、freeeのフォームに従ってやるべきことをやっていればあっという間に会社が設立できてしまいました。

 私が合同会社を設立した時の流れ

  1. 2016年12月6日(火) freeeで必要事項を入力
  2. 12月7日(水) 専門の方に電子定款を依頼
  3. 12月9日(金)に電子定款をメールでいただく
  4. 12月12日(月)に法務局に会社設立の書類を提出
  5. 12月16日(金)登記完了で書類受取

すべての手続きは11日で完了しました。

会社設立freeeに登録して書類を作成した後日、freeeから電話がかかってきました。
freeeを利用して何かわからないことがあったらアドバイスしてくださるとのことでした。
またfreeeの別のサービスであるクラウド会計freeeの営業も電話でされましたが、MFクラウドを使っているとの理由で断りましたがイヤな応対にはならなかったです。

会社設立を自分でやる場合、インターネットで調べればやり方はいろいろなサイトで解説されていますが、1つのサイトですべての手続きの意味を理解するのは大変だと思います。
わからないことを1つ1つ自分で調べて進めていくよりも設立専門のサービスを利用した方が断然早く終わらせられますよ。

会社設立freeeの登録はこちら

税理士・司法書士など士業に質問ができるバックオフィス支援バイザー

バイザーは総務・労務・経理などのバックオフィスに必要な手続きまとめて管理できるサービスです。

バイザーは会社設立した後にその存在に気付きました。

月額2,980円の有料会員サービスで会社に必要なさまざまな手続きをTo doリストを作成して1つずつ細かく手順を教えてくれるサービスです。

このTo doリストの機能が素晴らしくて、例えば社員に給与を支払うときに行うことを調べると下の画像のように細かくやるべきことがわかります。

バイザー最大のメリットは専門家に質問し放題

上の画像の所々に「相談する」ボタンがありますよね。
それをクリックすると専門家に無料で相談することができるんです。

手順通りに進めていっても「ここの部分の詳しいことがわからない」という時に、「相談する」から質問事項を入力すればそれの専門家が回答してくれます。

私はバイザーに登録する前に、税務署に賞与を支給するための必要な書類の書き方がわからず、ネットで数時間調べたことがありました。
その時にバイザーのサービスで専門家に質問できることを知り、すぐにバイザーに登録しました。

そして書類でわからないところを質問したところ、深夜だったにもかかわらず10分ぐらいで回答が返ってきました。
その書類についてもバイザーのTo doリストの中に入っていたので、最初からバイザーで手続きすればよかったなぁと思ったぐらいです。

月額2,980円で税理士や司法書士・行政書士などの専門家に質問し放題のサービスなんてお得すぎます。
これがあれば税理士と顧問契約しなくてもいいなと考えています。

バイザーは登録後30日間は一部機能を無料で利用できます。
税理士・行政書士などの士業への相談は有料会員のみ適用です。


 

30日間無料の期間中でもToDoリストは利用できますので、どんな風に使えるのかを自分の目で確かめてみてください。

有料会員になると会社設立の手続きも無料でできるのはおすすめです。

私は会社設立freeeで5,000円を支払って電子定款を依頼したので、最初からバイザーを利用して月額2,980円を支払っていればその費用で会社設立もできたのですから。

決算などもオプション(有料)で単発で依頼できる

バイザーではオプションとして、決算申告代行サービス・就業規則作成サービス・商標登録代行サービス・役員変更登記などの手続きを別途有料で依頼することができます。

決算申告代行サービスでは、5万円から決算申告を依頼できます。

当期売上が1000万円未満で免税事業者・決算日をこれから迎える・MFクラウドやfreeeどちらかのクラウド会計を利用している場合で5万円になります。

その他の会計ソフトであれば上と同じ条件で8万円になります。

税理士と顧問契約するまでの売り上げがない方で、決算だけを税理士さんに依頼したい方にもバイザーのオプションサービスは非常に低価格でおすすめです。

私は法人化して2か月目からバイザーに登録していますが、法人設立前から登録しておけばよかったなぁと後悔しています。

バイザーなら必要な手続きをTo Doリストに沿って行っていけばいいので、専門的な知識は必要ありません。
また必要な書類もTo Doリストで表示・印刷できますから他のサイトから書類をダウンロードする手間も省けます。

法人化するにあたっていろいろ調べましたが、バイザーならその必要もありません。
わからないことがあればすぐに専門家に質問できますし、メールでの回答なのでかしこまらなくてもいいのが私は気に入っています。

バイザーに登録すると30日間は一部機能を無料で利用できます。
すでにバイザー会員である私の紹介でバイザーに登録すれば、さらに30日間の無料サービスが追加されるので最大60日間利用できます。

 

もしバイザーに登録する際、紹介を受けたい場合にはこちらの記事にコメントにてメールアドレスを教えてください。
こちらで確認後指定したメールアドレス宛にバイザーよりお知らせメールが届きます。

 

MFクラウド会計・確定申告・MFクラウド給与

MFクラウド確定申告・会計はクラウド型の経理ソフトです。
一般的に販売されている会計ソフトは、インストールしたパソコンでしか利用できませんが、MFクラウド確定申告・会計ならインターネットの環境がある場所ならどこからでもアクセスして利用することができます。
スマホ・パソコンどちらでも利用できるのがとても便利です。

インターネットバンキングに対応している金融機関やクレジットカードを登録すると、自動的に入金や出金・カードの利用明細が反映されます。
それを仕分けしていけばいいので、一つ一つの金融機関やカード会社にログインしなくても仕分けができるのでとても便利です。

また学習機能があり、一度同じ仕訳をすると自動的に仕分けの項目が反映されているので、確認して登録ボタンを押すだけで仕分け作業が完了します。
経理が苦手な方でも簡単に仕分けができる機能です。

MFクラウド確定申告・給与の料金体系

私は個人事業主の時代から経費や収入の管理はMFクラウド確定申告を使っていました。

MFクラウドの会計サービスは個人事業主は「MFクラウド確定申告」、法人化するとMFクラウド会計となります。

 MFクラウド確定申告(個人事業主)の料金体系


個人事業主ならフリープランを無料で利用することができます。
ただ月に仕分けできる件数が15件と少ないので、あまり取引先がない方はフリープランでも十分だと思います。

ベーシックプランは月額800円ですが、年額プランなら8,800円と1か月分お得になっています。
私が個人事業主の時にはベーシックプランを利用していました。
電話サポートはついていませんが、チャットサポートがあるので今すぐ聞きたいという場合でもチャットで対応してくれるので不便さはありませんでした。

実際にチャットで問い合わせたことがありますが、質問したらすぐに担当の方が回答してくれたのでメールサポートのようなタイムラグはありませんでした。

MFクラウド確定申告は2年間利用して、2回確定申告もしました。
MFクラウド上で確定申告の書類も作成できますし、e-taxにも対応しています。

毎月コツコツと仕訳をしていれば確定申告直前になって慌てる必要もなく、書類が作成できるのでMFクラウド確定申告は便利ですよ。

 MFクラウド会計(法人)の料金体系


法人の場合には最も安いライトプランが1,980円で利用できます。
創業間もない法人や従業員が5人未満ならライトプランで十分だと思います。

今回法人化した際に、これまで使っていたMFクラウドのアカウントに法人化した事業所を追加した形となりました。

同じアカウントで個人事業主の時の経費と法人化した後の経費が切り替えで閲覧できるのでとても便利です。

法人化したことで、給与の支払いの際に(自分に支払うのですが)、所得税や厚生年金保険料・健康保険料などの源泉徴収をする必要があります。
その金額の計算とかもろもろ自分で調べてやるには経理の知識がないと到底無理なので、法人化に伴いMFクラウド給与も導入しました。

複数のサービスー利用ならバリューパックがお得

MFクラウドには会計・確定申告ソフト・給与ソフト・マイナンバー管理システム・請求書ソフトのサービスがあります。
これらのうち複数のサービスを利用される方にはお得なバリューパックがおすすめです。



私はMFクラウド会計と給与の2つを使っていますが、それぞれ別で契約するよりもバリューパックで利用したほうが月額費が安くなりました。

バリューパックの料金形態は、従業員の人数で異なります。


5人以下なら3,900円(税別)、6~10人なら9,800円(税別)、11人以降は1人追加につき800円(税)です。
私の場合2人なので3,900円(税込4,212円)で利用しています。

もし会計・給与それぞれのサービスを利用していた場合ですと、会計が2,980円、給与が2,500円で合計5,480円かかってしまいます。
バリューパックで利用することで毎月1,580円安くなっています。

今後マイナンバーや請求書も利用することになっても月額費用は3,900円で固定なので複数のサービスを利用すればするほど割引額が大きくなりますよ。

法人化して初めて役員給与を支払う際に、MFクラウド給与に必要事項を入力して利用してみました。
自分で何もかも給与の計算をするとなると、所得税や厚生年金・健康保険料の金額を計算したりするのが大変ですが、MFクラウド給与は支給する給与を入力するだけで自動的に源泉する料金が表示されるのでそれを差し引いた金額を振り込むだけでいいので、大変便利です。

初めてMFクラウドのサービスをご利用される方なら、クレジットカードの登録で30日間は無料で利用できます。

登録しても最初の30日間は無料なので、実際にサービスを利用してみて使いやすければ継続して利用するのがいいかと思います。

個人事業主の方はこちら→MFクラウド確定申告

法人の方はこちら→MFクラウド会計

まとめ

法人化するまでは手続きがいろいろ面倒くさそうだし、何から手を付ければいいのか全くわからない状態でしたが、様々なサービスを利用することでド素人の私でも会社設立することができました。

自分で調べて一人でやろうと思えばできなくはないですが、やはりそれにはかなりの時間が必要になります。

しかしfreee会社設立だったりバイザーだったり会社設立のためのサービスを利用することで、無駄な情報探しの時間を省けます。

こういうバックオフィスに時間がとられてしまっては、肝心の本業の時間がとられてしまうわけですから、効率的なことを考えても専門家や専門のサービスにお金を払う価値は十分あると感じました。

法人化して間もない場合にはこういうコストも抑えたいと思います。
税理士と顧問契約するとなると年間数十万単位のお金が必要になりますが、クラウド型の会計ソフトを利用すれば10分の1程度ですみます。

また月額2,980円のバイザーを利用すれば、税理士や司法書士・行政書士・社労士・弁理士と5つの士業に質問し放題ですので、わからないところは迷わず聞けばいいと思います。

これから法人化しようと考えていらっしゃるならぜひこれらのサービスを利用することをお勧めします。

会社設立の手続きをするならバイザーがおすすめです。
会社設立をするには月額2,980円が必要で、最初は3か月分の費用を支払わなければいけませんが、電子定款も無料で作成してもらえますし、わからないことは専門家に質問すればすぐに解決できますよ。

また法人の印鑑オーダーや登記簿謄本を取得するサービスもバイザーにはありますので、会社設立には便利なサービスが全てそろっています。

もしバイザーに登録するなら私からの紹介で1か月無料で利用できますので、コメントに「バイザー紹介希望」と記載してメールアドレスを教えていただければ、紹介メールをお送りします。
コメントは承認制なので投稿しても非表示になりますからご安心ください。

 

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


3件のコメント

  • 匿名

    バイザー紹介希望
    はじめまして。ありーと申します。
    マイルからこちらにたどり着き、女性でここまで詳しく記事を書かれていらっしゃることに驚きました!
    最近、陸マイラーになりました。とてもわかりやすく参考にさせて頂いております。
    (spgアメックス いいですよ♡)
    そして、同じく権利的収入が増えてきたので法人化を考えていたところに、タイムリーな内容がまとまっており感謝しております。

    来年3月、仕事絡みで沖縄へ参ります。楽しみです。

    この予防医学、美容、女性の自立事業は沖縄にも生育されているあの植物を素材に

    • ありー様

      法人化検討中とのことで、自分で法人化するならバイザーで会社設立されることをおすすめします。
      私は別サービスで電子定款だけ依頼したため別途5,000円取られました。
      バイザーなら毎月の利用料を支払えば会社設立にかかる手数料というのは取られません。

      分からなことがあればすぐに問い合わせできますから、一人で会社設立で不安ということもなくなると思います。
      どうぞご検討ください。


  • 使っております^_^

    沖縄とのご縁にも感謝致します。
    どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す