ポレットカードはハピタスポイントから月30万ポイントまでチャージ可能

このブログ昨日は11位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


陸マイラーの世界で最も人気のポイントサイト「ハピタス」からVISAプリペイドカード「Polletカード(ポレットカード)」が登場しました。

ハピタス感謝祭で予告としてVISAプリペイドカードのことが少し書かれていましたが、3月7日に正式リリースされましたのでVISAプリペイドカードを詳しくご紹介したいと思います。

 

pollet(ポレット)とは?

ハピタスから登場したVISAプリペイドカードの名称は「Polletカード(ポレットカード)」と言います。

ポイントとウォレット(財布)を掛け合わせたネーミングとなっています。
その名の通り、ポイントでのチャージができるVISAプリペイドカードなんです。

Polletカード(ポレットカード)の発行会社はpollet株式会社で、ハピタスを運営するオズビジョンの子会社です。

Polletカード(ポレットカード)はVISAプリペイドカードですので、全国のコンビニやスーパー、ネットショッピングなど世界にある約4000万店舗のVISA加盟店で利用ができます。
ただし、毎月引き落とされる携帯電話料金や電気、ガス、水道、生命保険などの料金やガソリンスタンド・高速道路では利用できない加盟店があります。

pollet(ポレット)の申込方法

Polletカード(ポレットカード)はスマートフォンの専用アプリからのみお申込みできます。
iPhone・Andoroidスマホそれぞれにpolletの専用アプリが準備されています。

申し込みできるのは、12歳以上の方となっています。

VISAプリペイドカードなのでクレジットカードの申し込みのような与信審査は不要です。

Polletカード(ポレットカード)の年会費・カード発行手数料も無料です。

Polletカード(ポレットカード)の申し込みにはハピタスのアカウントが必要で、Polletカード(ポレットカード)とアカウントを連携させます。

スマホからPolletカード(ポレットカード)のアプリをダウンロード・インストールして、アプリを起動します。
Polletカード(ポレットカード)を発行する際にチャージが必要になります。

初回のチャージは今のところハピタスポイントからの移行のみ対応していて、アプリでハピタスのアカウントにログインして初回のチャージする金額を指定します。

その後必要事項を入力して、本人確認のための書類(免許証や健康保険証など)をアップロードして申し込み完了です。

Polletカード(ポレットカード)はお申込みから最大2週間で登録した住所に郵送されます。

⇒⇒ポレットカードのお申し込みはこちら

polletカード(ポレットカード)のチャージの方法


Polletカード(ポレットカード)はハピタス等のポイントからのチャージ、クレジットカードからのチャージ、インターネットバンキングのペイジーからのチャージと3つのチャージの方法が用意されています。

ポイントからのチャージについては、当初はハピタスのみしか対応していませんでしが、2017年8月現在ではLINEポイント・ポイントインカムからのチャージもできるようになりました。
今後は他のポイントからのチャージも随時追加されていくようです。

 ハピタスポイントからのチャージ
ハピタスポイントからPolletカード(ポレットカード)へのチャージは月に30万ポイントまで可能です。
ハピタスではこれまで月に3万ポイントまでしか交換できませんでしたが、それとは別枠で30万ポイントの交換ができるのです。

高還元サイトとして有名なハピタスの唯一のデメリットが3万ポイントまでしか交換できないことでしが、polletの登場により月の交換額が拡大された形になりました。

これによりハピタスのデメリットが解消され陸マイラーだけでなく、ポイントを換金したいユーザーにとっても非常に使いやすいポイントサイトに格上げされましたね。

Polletカード(ポレットカード)の初回カード発行時にはハピタスポイントでのチャージしか対応していません。

2017年3月7日~5月31日までの期間中、初めてハピタスポイントからPolletカード(ポレットカード)にチャージした分の5%をボーナスとして付与するキャンペーンが行われています。

現在私のハピタスポイントは190万ポイント超なので、ハピタスにチャージできる最大の30万円に指定してPolletカード(ポレットカード)を申し込みしてみました。

チャージ時に増量チャージ(5%)で15,000ポイントがついているのがわかります。


 クレジットカードからのチャージ
Polletカード(ポレットカード)へのチャージ方法としてクレジットカードも可能です。
対応しているクレジットカードはVISA・MasterCardブランドとセディナが発行しているクレジットカードのみとなっています。

ここで最も気になるのがクレジットカードからのチャージでポイントは付与されるかどうかですね。

polletのQ&Aのサイトにはこのような記載があります。

pollet側によればクレジットカードからのチャージでカード会社独自のポイントは付与されるとのことです。

しかしカード会社によってはプリペイドカードへのチャージはポイント付与対象外としているところもありますので、実際にチャージしてみないと付与されるかどうかはわかりません。

ANA VISAプリペイドカードもクレジットカードからチャージすることはできますが、ANA VISAカードからのチャージではポイントが付与されませんのでもしかするとANA VISAはポイント付与対象外の可能性もありますね。

 ペイジーからのチャージ
polletのチャージ方法として3つ目にペイジーからのチャージがあります。
インターネットバンキングを利用してPolletカード(ポレットカード)にチャージする方法で、Polletカード(ポレットカード)の会員専用サイトからチャージできるようになるそうです。

チャージの反映時間は?

チャージの反映時間はチャージの方法によって異なります。

ポイントからのチャージの場合は、2時間程度~各ポイントサイトの交換タイミングとなります。
ハピタスポイントからの交換の場合は、2時間程度でチャージが反映されます。

クレジットカードとペイジーからのチャージの場合は、リアルタイムでの反映です。

Polletカード(ポレットカード)発行後のチャージはpolletの専用アプリからできます。

チャージできる金額は?

チャージする方法に関係なく、Polletカード(ポレットカード)にチャージしてためておくことができる上限は100万円です。

クレジットカードとペイジーから1回でチャージできる上限額は50万円です。

ハピタスポイントからのチャージの月の上限額は30万円までとなっています。

ポイントサイトからのチャージは各ポイントサイトによってルールが決まっているようで、1日に1万ポイントまでしか交換できないサイトもあるそうです。

Polletカード(ポレットカード)登場時点でポイントサイトからのチャージに対応しているのはハピタスしかありませんが、今後追加されるポイントサイト独自でポイント交換の上限設定があるようです。

チャージしたポイントに有効期限はありませんが、発行したPolletカード(ポレットカード)にはカード券面に印字された期日までの5年間の有効期限があります。
有効期限が満了になったPolletカード(ポレットカード)のポイント残高はさらにそこから1年間は利用可能ですが、期限内に使い切れなかったポイントは失効します。

  • カードの有効期限の1年以内に利用している
  • カード残高が1円以上
  • カードの利用停止や解約がない

上記3つの条件に当てはまる場合には、自動的に登録している住所に新しいカードが発送されるそうです。
なので有効期限が近くなったら高額のチャージはしない方がよさそうです。

実質使い続けていれば新しいカードが自動的に発行されるので、Polletカード(ポレットカード)の有効期限が近付いたら残高を全額消費して次からは新しいカードにチャージするのがベストですね。

チャージにかかる手数料とボーナスポイント

Polletカード(ポレットカード)へのチャージはポイントサイトからのチャージとセディナが発行するクレジットカードからのチャージの場合は手数料は無料です。

セディナ以外のクレジットカードからのチャージとペイジーからのチャージの場合には1回につき300円のチャージ手数料が必要です。

クレジットカードとペイジーからのチャージは1回50万円までできますので、手数料がかかるので1回でチャージする金額は上限に近い方がいいですね。



Polletカード(ポレットカード)はチャージするときに0.5%のボーナスポイントが付与されます。

一般的なプリペイドカードの場合は、チャージしたポイントを利用するときに支払額に対してポイントが付きますが、チャージした時点でポイントが付くPolletカード(ポレットカード)は珍しいタイプのプリペイドカードですね。

仮にハピタスから30万円チャージすると、0.5%分の1,500ポイントがボーナスとして付与され、合計301,500円がチャージされます。
しかもハピタスからのチャージは無料ですので、1,500円分お得にお買い物ができますね。

クレジットカードからのチャージでポイントが付与されれば、300円の手数料がかかったとしても直接クレジットカードでお買い物するよりも、Polletカード(ポレットカード)にチャージしてからそれをお買い物に利用する方がお得になります。(6,000円以上チャージの場合)

クレジットカードからのチャージは1回で最大50万円までチャージできます。

還元率1%のクレジットカードから50万円チャージした場合、カード会社のポイントが5,000ポイント、Polletカード(ポレットカード)のボーナスポイント(0.5%)が2,500ポイントで合計7,500ポイントたまります。

チャージで300円の手数料がかかりますが、Polletカード(ポレットカード)にチャージされるボーナスポイントの方が多いので損はしないですよ。

Polletカード(ポレットカード)はハピタスポイントが大量に貯まっているユーザーがポイントチャージで利用するだけでなく、お得にお買い物をしたい方にもおすすめのプリペイドカードといえますね。

 

polletまとめ

ハピタスのポイントを月に30万ポイントまでチャージできるVISAプリペイドカードは、ハピタスの本気さを感じさせます。

月に3万ポイントまでしか交換できなかったハピタスの唯一のデメリットが払拭されました。

またどのチャージ方法でもチャージ時に0.5%のボーナスポイントが付くのも革新的ですね。

大量にハピタスポイントを貯めている方は毎月30万円チャージすれば、30万1500円分のVISAカードとして利用可能です。

クレジットカードからのチャージもできますので、チャージでポイントが付与されるクレジットカードから1回のチャージ上限50万円をチャージすれば、300円の手数料以上のボーナスポイントが付与されるので、直接クレジットカードで支払うよりもpolletにチャージしてお買い物に利用した方がお得にお買い物ができますよ。

Polletカード(ポレットカード)はハピタスユーザーだけでなく、お得なプリペイドカードを利用したい方にとってもおすすめのカードとなりそうです。

Polletカード(ポレットカード)の申し込みにはハピタスのアカウントが必要です。
初回はハピタスのポイントを移行してpolletを発行する必要がありますので、ハピタスのアカウントをお持ちでない方は先にアカウントを作っておきましょう。

3月31日までの期間中にハピタスに登録して4月末までにポイント交換すると1,000円相当のポイントがプレゼントされます。
広告は無料会員登録やアプリのインストールなど無料の広告もたくさんありますので、簡単に無料で1,000円がゲットできますよ。

最新マイレージ情報をチェック⇒⇒⇒マイレージブログ村


コメントを残す