子どものeチケットはiPhoneアプリ【Passbook・Wallet】がおすすめ

このブログ昨日は10位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


今年の9月に家族4人で千葉に行くことになり、那覇⇔羽田の往復航空券をANAにて購入しました。

今回のチケットは4人ともプレミアムクラスでの予約です。
私と主人はプレミアム旅割28で予約、子供2人はプレミアム株主優待(小児)で予約しました。

予約した運賃が異なるため、主人のお客様番号でログインした際に子供2人の予約情報を閲覧することができませんでした。
そのため空港でチェックインする際には、子供の分はeチケット控えなどでバーコードを取得しておく必要があります。

一応子どものAMCカードはあるので、それでチェックインすることはできますが2人分を財布に入れると嵩張るので持ちたくないなぁと。

そんなときにiPhoneアプリのPassbook WalletがANAに対応していることに気づきました。

これがなかなか便利そうです。

スポンサードリンク



Passbook Walletアプリとは?



Passbook WalletアプリはAppleが提供するアプリで、チケットやカードを一つにまとめる「チケット・ポイント管理」アプリケーションです。

ANAはこのPassbook Walletに対応しており、購入済みのチケットをPassbook Walletに追加して管理・搭乗することができます。

Passbook Walletアプリの使い方

使い方はとても簡単です。

iPhoneにてANAのウェブサイトに子供のAMC番号でログインして、「国内線予約確認・購入・変更」をタップします。


 

 

購入したチケット情報が掲載されていますので、対象の予約便をタップします。


 

「Walletに追加」をタップします。


 

Walletに追加する人を選択してタップします。


 

「Apple Walletに追加」をタップすれば、追加完了です。


 

Apple Walletアプリを開けば、追加した人のチケットの2次元バーコードが表示されます。


 

Apple Walletには複数の航空券を追加することができます。

また同一の便でも複数の航空券を追加することができます。
こちらは9月某日の子どものチケットですが、右横にもう1人の子どものチケットがあり、左にフリックすればもう1人のチケットが表示されます。

下の灰色で隠している部分に2次元バーコードが表示されています。


 

 

iPhone1台で子ども2人分のチケット情報を管理できるので、子供のAMCカードを持ち歩かなくても搭乗できます。

スマホのANAマイレージクラブアプリをインストールして、子供のAMC番号でログインすればそれでも2次元バーコードを表示することができます。

ただスマホのアプリですとログインが必要になりますので、1人分しか表示できません。

しかしApple Walletであれば2人分切替で表示することができるので、スムースに搭乗手続きができそうです。

ちなみにANAマイレージクラブではないもう1つのアプリからでも、ログインごのMy bookingからチケット情報をWalletに追加することができます。

夏休みや冬休み・年末・年始、ゴールデンウィークなど家族で旅行されることが多い時期には、子供のチケットはApple Walletで管理すると便利ですよ。
>>ANAのスマホアプリの詳細はこちら

 

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す