年間82万ANAマイル貯めた方法を大公開

PeXアカウントポイント交換停止!LINEポイント交換不可でANA陸マイラー危機!?


6月1日より、PeXポイントからLINEポイントへの交換レートが24%アップしました。
81%の交換率でANAマイルに交換できる新ソラチカルートは、ハピタスポイントを交換する場合6回のポイント交換作業が必要です。

PeXポイントからLINEポイントへ直接交換すれば交換作業が4回に減るため、私の母はショートカット版新ソラチカルートを使うことに決定しました。

しかしPeXアカウントからのポイント交換停止という陸マイラーとして最大の危機が起こってしまったのです。
その時の状況をまとめてみました。

ショートカット版LINEポイントルートを使うことになった経緯

我が家では私と夫・母と3人でソラチカルートを使ってANAマイルを貯めています。

今年の3月まで使っていた旧ソラチカルートは、
ハピタス⇒ドットマネー⇒メトロポイント⇒ANAマイルでした。

しかし4月からはこのルートが使えなくなり、新ソラチカルートとしてLINEポイントを経由するLINEポイントルートが主流になりました。

新ソラチカルート
ハピタス⇒PeX⇒ワールドプレゼント⇒Gポイント(ポイントタウン)⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

新ソラチカルートを使ってANAマイルに交換すると交換率は81%になります。
(1万円相当のポイント⇒8,100ANAマイル)

6月1日からPeXポイントからLINEポイントへの交換レートがアップしたため、PeXポイントからLINEポイントへ直接交換するショートカット版LINEポイントルートも登場しました。
ショートカット版LINEポイントルート
ハピタス⇒PeX⇒LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル

ショートカット版LINEポイントルートは新ソラチカルートを使うよりも交換率は73.6%と下がりますが、交換回数が4回となること、またワールドプレゼントに交換するために必要なクレジットカードを持っていなくてもいいことから、母はショートカット版LINEポイントを使って今後はANAマイルに交換することに決めました。

そこで、その準備として母にはPeXアカウントの作成をお願いしました。

私が隣で登録の方法を母に教えながら作成したので、スムーズに登録することができました。
しかしその後ハピタスからポイント交換したPeXポイントをLINEポイントへ交換する際に問題が発生したのです。

PeXポイントからLINEポイントへ交換できず

母が「PeXポイントからLINEポイントへ交換しようとしたけどできない」と言うのです。

何かやり方が間違っているんじゃないかと思い、私が試しにポイント交換の作業をしてみましたがやはりできません。

「アカウントからの交換申込を停止しています。」
と赤文字でエラーが出ていました。

母がPeXに登録してからまだ1週間も経っていませんでした。
どこかでポイント交換は1週間経過後と書いてあるのを見た気がしたので、とりあえず1週間待ってみてと言ったのですが、また母から「やっぱりポイント交換できない」と言われました。

こ、こ、これはっ・・・・!

嫌な予感がしました。

あれは2年前でしたでしょうか?
わたくし、PeXアカウントの重複で166,500円相当のポイントを没収された過去があります。
16万円相当のポイント没収!PeX複数登録で退会に・・・ PeXポイント没収騒動のその後
あの時には私が2つのアカウントを持っていたことで登録した情報が一致して2つ目に作ったアカウントでのポイント交換でエラーが出ました。
その後2つ目のアカウントはポイント交換できず削除となりました。

でも今回は違います。

母はPeXに登録するのは初めてです。

どなたかが母の情報を使ってPeXに登録したとも思えません。

このままでは母の陸マイラー活動ができなくなってしまいます。
陸マイラー危機です。

そのままにしていても何も解決できないので、サポートに問い合わせをすることにしました。

PeXに問い合わせ

でも「またポイントを没収されるのでは?」と不安な気持ちでいっぱいでした。

母はすでにハピタスから60,000円相当のポイントをPeXに交換しているので、もしアカウントが無効になれば60,000ポイントも没収されてしまいます。

そうなると母の「インターネットの世界は怖い・・・」というイメージがさらに強くなってしまいます。

ここからは私が母の代理でPeXに問い合わせをしてみました。

数日後PeXから返信が届きました。
内容は、PeXに複数の登録をされている場合などに発生するとのこと。

現在登録しているメールアドレス以外で過去にPeXに登録していることはないかとのことでしたが、母は今回初めてPeXに登録するのでそれは絶対にあり得ません。
(PeXというサイトも最近私が教えて初めて知りましたから)

その件をPeXに返信して2日後にPeXから返信が届きました。
PeXからの回答
お問い合わせいただいた件につきまして、ご連絡いただいた事象は、ご家族様や第三者と同じ登録情報でご登録いただいた場合に発生いたします。

〇〇様のご登録を確認したところ、一部情報が他の方と重なった内容でご登録いただいていたため、ポイント交換や広告へのお申し込みの利用制限対象となっておりました。

現在は制限解除が完了しておりますので、再度ポイント交換や広告へのお申し込みをお試しいただけますでしょうか。

母の登録した情報の一部が他の方と重なった内容であったためポイント交換の利用制限に引っ掛かったとのことでした。

それもそのはずです。
母は私と同居しているので住所は一致しています。
電話番号は携帯電話で登録したようなので、住所の一致でポイント交換ができなくなっていたようです。

幸いすでに制限が解除されているとのことで、試しにポイント交換をやってみたところLINEポイントへ交換することができました。

ひとまずANA陸マイラー危機は脱しました。

PeXは家族で登録することは可能ですが、情報が一致しているとポイント交換の際にエラーがでて交換できません。

しかし問い合わせをすれば制限解除されますので、同じ状況になったとしても落ち着いて行動すれば大丈夫ですよ。

PeXポイントからLINEポイントへ交換

PeXポイントからLINEポイントへ交換したので、その手順をご紹介します。

PeXにログインして、トップ画面にある「交換先を見つける」をクリックします。


「電子マネー・ポイントの交換先」からLINEポイントを探してクリックします。

PeX110ポイントがLINEポイント10ポイントに交換できます。
交換手数料は無料です。
「交換申し込みへ」をクリックします。

PeXアカウントとLINEポイントの紐づけをするために認証が行われます。
「次へ」をクリックします。

PeXの秘密の質問の確認のページが表示されます。
秘密の質問の答えを入力して「次へ」をクリックします。

LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してログインします。
LINEにメールアドレスを登録していない場合には事前にLINEアプリの設定⇒アカウントよりメールアドレスとパスワードを登録してください。

LINEポイント会員番号をPeXに送信するため、「同意して送信」をクリックします。

PeXのサイトに戻ります。
ここで交換ポイント数を入力します。
600,000PeXポイント所持しているので、599,940ポイントをLINEポイント54,540ポイントに交換します。
交換ポイントを入力したら「確認画面へ」をクリックします。

交換内容を確認して間違いなければ「交換する」をクリックします。

これでLINEポイントへの交換が完了です。

PeXの通帳を見てみると、599,940ポイントが減額されていました。

PeXからLINEポイントへ交換してから2日後に54,540LINEポイントが反映されているのを確認しました。

LINEポイントからメトロポイントへ交換

LINEポイントに反映されすぐにメトロポイントへ交換しました。

LINEポイントからのポイント交換はLINEアプリから行います。
LINEアプリを起動して、「ウォレット」タブよりLINEポイントを選択します。

Andoroidスマートフォンの場合、LINEアプリの上のファイルフォルダの画像が「ウォレット」ですのでそれをタップします。

iPhoneの場合、LINEアプリの右下に「ウォレット」と書いてありますのでタップします。

LINEポイントをタップします。

「使う」をタップします。
「メトロポイント」を探してタップします。


To Me CARDお客様番号(ソラチカカードのANA番号)と氏名をローマ字で入力して交換ポイント数を選択します。
LINEポイントからメトロポイントへの交換数は、
  • 300LINEポイント⇒270メトロポイント
  • 500LINEポイント⇒450メトロポイント
  • 1,000LINEポイント⇒900メトロポイント
から選択します。

交換ポイント数をタップすればポイント交換完了です。


大量にLINEポイントを保持している場合、1,000LINEポイント⇒900メトロポイントで何度もポイント交換を繰り返す必要があります。

Androidスマートフォンの場合は、ポイント交換完了画面でスマホの戻るボタンをタップしたらポイント選択数のページに戻ります。
すでにメトロポイントのお客様番号と氏名は入力されている状態ですので、ポイント数だけを選択してポイント交換ができます。

59,000ポイントを交換したので59回も交換しました。
時間にして5分弱かかりました。面倒ですがLINEポイントルートを使わないとポイントサイトのポイントは高レートでANAマイルに交換できないので根気よく交換しましょう。

交換した後に気づいたのですが、LINEポイントからメトロポイントへの交換は毎月15日締めで翌月10日前後にメトロポイントへ反映されます。

私が交換したのが16日でしたので、締め日を過ぎてしまっています。
そのためメトロポイントへ反映されるのは翌々月10日前後になります。

PeXポイントからメトロポイントへの交換は2日で反映されます。
毎月15日までにLINEポイントからメトロポイントへ交換するためには、PeXからLINEポイントへは毎月10日までには交換しておいた方がよさそうです。

まとめ


今回は母のPeXアカウントの交換停止からの解除、さらにはPeXからLINEポイント、LINEポイントからメトロポイントへの交換の手順についてご紹介しました。

PeXの交換停止は最初はドキッとしましたが、家族での住所重複が原因だったのですぐに解除されてよかったです。

また各ポイント中継所からの交換日数を把握しておかないとメトロポイントに反映されるのが遅くなることを改めて感じました。

まぁPeXからの交換停止があったので今回はしょうがないですが、ポイント交換するスケジュールを組んで次回からは最短で交換できるように努めたいですね。

私が母のためにポイント交換スケジュールを立てたのでそれを今後は母にやってもらいます。
交換スケジュール
ハピタスからPeXは毎月5日までに交換
PeXからLINEポイントは毎月10日までに交換
LINEポイントからメトロポイントは毎月15日までに交換
メトロポイントからANAマイルへは毎月15日までに交換

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。