e-Taxで確定申告して所得税148万円をクレジットカード払いしました

このブログ昨日は11位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


平成28年度の確定申告を今年初めてe-Taxを利用して手続きしました。

また平成29年1月から開始した国税のクレジットカード払いを利用して所得税を支払ってみました。

e-Taxでの申請は意外と簡単で、支払いもカード払いできたおかげで自宅から一歩もでずに完結しました。

スポンサードリンク



e-Taxで確定申告するまでの準備

 MFクラウドで仕訳

私は平成28年11月までは個人事業主でした。
その分の確定申告の書類はMFクラウド確定申告を利用しました。

業務に必要な支払いはほぼクレジットカードを使用しており、ネット銀行からの引き落としなので、MFクラウドにクレジットカードやネット銀行を登録することで自動的に明細が上がって非常に便利です。

明細が上がっている分を毎日ちょこちょこと仕訳していたので、いざ確定申告をしようとした時にはすでに仕訳の入力はほぼ終わっており、必要な数字を入力するだけという状態でした。

MFクラウドの90日間無料クーポン教えます

クーポンコード 

「MFクラウド確定申告」 G5VKYHMBY8M6R992
「MFクラウド会計」 TMYFBGVLCGGRXFR8
MFクラウド確定申告は個人向け、MFクラウド会計は法人向けプランです。

クーポンは、MFクラウドのアカウントを作成し(無料)、ログイン後の右上にある逆三角(▼)をクリック→「ご利用プランの管理」をクリックします。


「プロダクトキー・クーポンコードをお持ちの方はこちら」をクリックします。


先ほどご紹介した16桁のクーポンを入力してください。


MFクラウドの登録はこちら(アカウント作成は無料です)

 

MFクラウドはソフトのe-Taxに対応しているのですが、そのソフトの使い方が非常に分かりにくいのです。
(さすがお役所仕事)

そのため今回はオンライン上でMFクラウドに入力した分を再入力する形を取りました。

 マイナンバーカード申請

e-Taxで確定申告するために2月中旬にマイナンバーカードの交付を申請しました。
マイナンバーカードにはパスポートや車の免許証同様に写真が必要です。

スマホのカメラで撮った写真をアップロードして必要項目を入力してパソコンで申請が完了しました。
それから2週間後にハガキでマイナンバーカードの受け取り通知が届き、役所にて手続きをしてその場で受け取ってきました。

 リーダーライター

e-Taxで申告するにはカードリーダー・ライターが必要です。
役所から対応しているカードリーダー・ライターの製品一覧をもらっていたのでそれを元に準備しました。

 

実際にe-Taxで確定申告してみて

MFクラウドですでに必要な情報は全部入力していましたので、その情報を元にオンライン上で確定申告の書類を入力していきました。

平成28年度は予定納税として50万円ほど所得税を支払っていましたので、今回支払う所得税は1,484,700円でした。

これまででしたらnanacoで税金を払うというのが鉄則でしたが、さすがにこの金額ですから納付書を複数に分けてもらったとしても労力がかかりすぎると思い、今回はクレジットカードでの支払いを利用しました。

 国税クレジットお支払サイト

クレジットカードでの支払いは100円につき82円(税込)の決済手数料がかかります。
私は還元率2%のリクルートカードプラスを利用したので、手数料よりも獲得できるポイントが多くなるため損はしません。

事前にJCBの会員サイト「My JCB」より臨時でカード利用枠の増額を200万円で申請していたので、エラーもでずに決済が完了しました。

1,484,700円の支払いに対して12,229円の決済手数料がかかっています。
獲得できるリクルートポイントは29,694ポイントなので、17,465ポイントお得ですね。

e-Taxでの確定申告はほとんどの書類の提出が省略されるので、とても便利です。

何回か直接確定申告の会場に行ったことがありますが、書類を作るだけでも結構な時間がかかり、待たされる時間もあるので1日を要しました。
また書類の提出も必要ですからすべて確実に用意しなければいけません。

e-Taxなら住宅ローンの計算書もオンライン上で入力することができますから本当に便利だなぁと感じました。

e-Taxで確定申告する際に事前に準備するものがありますが、最初に準備すれば後の手続きは自宅で完結できますから、毎年確定申告する方は絶対e-Taxがおすすめですよ。
これから確定申告の書類を作成する方! MFクラウドを利用されてはいかがですか?
クレジットカードの明細や銀行の入出金の情報を自動で取り込んでくれるので、それを仕訳していくだけで確定申告に必要な書類が完成しますよ。

確定申告の書類を直接提出する場合だとMFクラウド上で完成した書類を印刷できるのでとても便利です。
今からでも十分間に合いますので、これから確定申告の書類を作成される方はぜひご利用ください。

MFクラウドの登録はこちら

MFクラウド90日間無料で利用できるクーポンコード 

「MFクラウド確定申告」 G5VKYHMBY8M6R992
「MFクラウド会計」 TMYFBGVLCGGRXFR8

 

人気ブログランキングへ

スポンサードリンク


コメントを残す