年間82万ANAマイル貯めた方法を大公開

ANA2018年の国内線の新しい運賃サービス【特典航空券は大幅改善】

 


ANAでは2018年10月28日より国内線運賃がリニューアルされます。

これまでの「片道・往復運賃」「旅割」「特割」などの名称も一新されます。
また販売期間が最も早いもので355日前からとなるなど大幅に改善される点が多数あります。

ANAの新しい運賃サービスの詳細をご紹介します。

 ANA国内線運賃リニューアル

国内線運賃の名称が「片道・往復運賃」はANA FLEX、「特割」はANA VALUE、「旅割」はANA SUPER VALUEに変更されます。

またプレミアムクラスの運賃はプレミアム特割は「ANA VALUE PREMIUM3」、プレミアム旅割は「ANA SUPER VALUE PREMIUM28」に変更となります。
ANA FLEX
(ANAフレックス)
ANA VALUE
(ANAバリュー)
ANA SUPER VALUE
(ANAスーパーバリュー)
予約変更 × ×
販売開始 搭乗355日前 9:30 運航ダイヤ期間ごとの一斉発売 運航ダイヤ期間ごとの一斉発売
予約期限 搭乗日当日 搭乗日前日または3日前 搭乗日21/28/45/55/75日前
支払期限 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて3日以内 予約日を含めて2日以内
払戻手数料 430円/区間 430円/区間 430円/区間
取消手数料 出発前 手数料はかかりません 運賃額の約5%相当額 運賃額の約30%~60%相当額
出発後 運賃額の約20%相当額 運賃の100%
(※旅客施設使用料は除く)
運賃の100%
(※旅客施設使用料は除く)
これまで「片道・往復運賃」の販売開始は搭乗2か月前の9:30でしたが、リニューアル後のANA FLEXでは大幅に改善され355日前の9:30からの発売になります。

現在は、割引率の高い旅割や特割が先に発売されて、片道・往復運賃が後に発売されていますが、これが逆になります。

早く確実にチケットを押さえたいなら発売直後に購入することもできますが、ANA FLEXは予約変更ができるとはいえ割引のない運賃となりますので、予約の際にはご注意ください。

ANA FLEXは空席予測数に応じてタイプA~Dで運賃額が変動します。

FLEX-A・FLEX-B・FLEX-C・FLEX-Dと分けられてFLEX-Dが最安値となります。

空席予測数が多ければ運賃は安くなり、少なくなれば上がります。
ANA FLEX・ANA VALUE・ANA SUPER VALUEの運賃のイメージは下記の通りです。

 販売期間の拡大

新登場のANAフレックスなど、現在搭乗の2か月前から発売されている各種運賃の販売期間が搭乗日355日前からの発売に変更されます。
発売日 運賃の種類
搭乗日355日前 9:30 ANA FLEX、小児運賃、身体障がい者割引運賃、@Biz、ビジネスきっぷ、株主優待割引運賃、小児株主優待割引運賃、アイきっぷ、介護割引、プレミアム運賃、プレミアム小児運賃、プレミアム身体障がい者割引運賃、プレミアム@Biz、プレミアムビジネスきっぷ、プレミアム株主優待割引運賃、プレミアム小児株主優待割引運賃
運航ダイヤ期間ごとの一斉発売
(8月下旬、1月下旬)
ANA SUPER VALUE 21/28/45/55/75、ANA VALUE 1/3、ANA SUPER VALUE PREMIUM28、ANA VALUE PREMIUM3、いっしょにマイル割、特典航空券
搭乗日2カ月前の1日
(例:4月1日に6月ご搭乗分を一斉発売)
ANA VALUE TRANSIT 、ANA VALUE TRANSIT7、ANA VALUE TRANSIT28
搭乗日当日 スマートシニア空割、スマートU25

2018年の販売スケジュールについて

搭乗日2カ月前発売から搭乗日355日前発売に変更となる運賃
発売日 ご予約・ご購入が可能な期間
~2018年6月30日(土) ~2018年8月31日ご搭乗分(現行通り搭乗日2カ月前発売)
2018年7月1日(日) 2018年9月1日~2018年10月27日ご搭乗分を一斉発売
2018年8月28日(火)
0:00~
2018年10月28日~2018年11月2日ご搭乗分を一斉発売
2018年9月3日(月)0:00
2018年9月3日(月)9:30
2018年11月3日ご搭乗分~2019年8月23日ご搭乗分までを一斉発売
2019年8月24日ご搭乗分を発売
「特典航空券」「いっしょにマイル割」
発売日 ご予約・ご購入が可能な期間
~2018年6月30日(土) ~2018年8月31日ご搭乗分(現行通り搭乗日2カ月前発売)
2018年7月1日(日)~ 2018年9月1日~2018年10月27日ご搭乗分を一斉発売
2018年8月28日(火)~ 2018年10月28日~2019年3月30日ご搭乗分を一斉発売
特典航空券・いっしょにマイル割はこれまで搭乗日2か月前の9:30より発売されていましたが、2018年7月1日より期間ごとに一斉発売になります。

また2018年10月28日~2019年3月30日発売分に関しては、プレミアムメンバーなどは先行発売がご利用いただけます。

先行発売のスケジュール

旅割や特割など従来の運航ダイヤごとに一斉発売する運賃に変更はありません。
発売日 ご予約・ご購入が可能な期間
~2018年8月27日(月)まで 2018年10月27日ご搭乗分までの「プレミアム特割」、「プレミアム旅割28」、「特割」、「旅割」を発売
2018年8月28日(火)~ 2018年10月28日~2019年3月30日ご搭乗分の「ANA VALUE PREMIUM3」、「ANA SUPER VALUE PREMIUM28」、「ANA VALUE」、「ANA SUPER VALUE」を一斉発売

一括ご予約サービスは終了へ

これまで往路または2区間以上で予約する際に、第1区間の予約と同時に販売開始前の期間の第2区間の予約ができていましたが、2018年6月30日受付分(2018年9月14日ご搭乗分)をもって終了となります。

今後は各搭乗区間の発売日以降にそれぞれ予約が必要です。

 特典航空券は1日前でも予約・変更可能に

2018年10月28日搭乗分より、特典航空券の予約期間が大幅に拡大され、早く予約できるようになります。
また搭乗日前日まで予約・変更できるようになるため、急にチケットが必要になる場合にも特典航空券での予約が可能となります。
現在 変更後
予約開始日 ご搭乗日2カ月前9:30 運航ダイヤ期間ごとの一斉予約
新規予約・
予約変更期限
ご搭乗日4日前まで ご搭乗日前日まで
ご搭乗当日空港での前の便への変更 不可
2区間でご利用になる場合の必要マイル数 2区間用の必要マイル数が適用 1区間用の必要マイル数の合算が適用
有効期間 発行日および発行日翌日から起算して90日間 発行日および発行日の翌日から起算して1年間
払戻期間 航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内 航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日以内
予約期間が拡大されて、搭乗日前日まで予約が可能になったのは大きなメリットと言えますが、1点改悪もあります。
それは搭乗日当日に予約した便より早い同一区間への便への変更が不可になったことです。

去年の11月にJALが同じように早い便への変更を不可にしてブーイングがありましたが、2018年2月8日からはまた従来の「変更可」に戻っています。

ANAの今回のリニューアルで前日まで予約が可能になった分当日の変更は不可としたかったのかもしれませんが、JALが変更可なのでそれに追随してほしかったですね。

1日前まで予約できるようになれば、急に連休ができてどこかに旅行に行きたいなと思った時にも特典航空券で予約が可能になります。
これまで急に航空券が必要になった場合には株主優待券が便利でしたが、特典航空券の大幅改善で株主優待のメリットが薄くなりそうです。

 航空券の有効期間や払戻期間も大幅改善

航空券の有効期限はこれまで発行日から起算して90日間でしたが、1年間に変更されます。
2018年6月30日ご購入分まで 2018年7月1日ご購入分から
発行日(購入日)およびその翌日から起算して90日間 発行日(購入日)およびその翌日から起算して1年間
有効期限が1年間になれば、万が一都合が悪くて特典航空券の利用が難しくなった場合でも1年後のほぼ同じ期間に予定を変更することもできるので、柔軟に旅程を組めそうですね。

また払戻期間も従来の10日以内から30日以内に拡大されます。
現在 変更後
航空券の有効期間満了日の翌日から起算して10日以内 航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日以内

 ANA国内線リニューアルのまとめ

今回の国内線のリニューアルにより特典航空券の利用がさらにしやすくなります。

これまで急な航空券の購入の場合には割引率の低い往復運賃や片道運賃での予約か株主優待券を使うことが有効でしたが、特典航空券の予約が1日前でも可能になったため、搭乗前日の23:59までなら特典航空券が可能となります。

とはいえ、特典航空券に空きがなければ予約はできませんので予定が決まればこれまで通り早めに予約を入れるのがベストですね。

また特典航空券は、予約販売開始が旅割(ANA FLEX VALUE)と同じになります。
これまでは特典航空券は2か月前の9:30からしか予約できなく、安く予約ができる旅割で予約する方も多かったと思います。
ただ旅割は変更ができないので、販売開始が同じになるなら予約変更可能な特典航空券で予約した方が安心ですね。

ANA FLEX VALUEの安さを取るか、特典航空券の利用のしやすさを取るかはその時の旅程次第となります。

特典航空券の大幅改善に利用しやすくなる一方で特典航空券利用者が増えて、特典航空券の枠で予約ができなくなることもあるかもしれません。
実際にサービス開始にならないとわかりませんが、特典航空券の空きがなくて予約ができないとなるのは避けてもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。