年間82万ANAマイル貯めた方法を大公開

ヒルトン福岡シーホーク宿泊記【ツインデラックスからのエグゼフロアアップグレード】


2018年3月下旬、ヒルトン福岡シーホークに3泊4日で宿泊しました。

ヒルトン福岡シーホークは3か月ぶりの宿泊です。
今回もダイヤモンド会員特典として、ツインヒルトンデラックスでの予約からエグゼクティブフロアへアップグレードしてもらいました。

ヒルトン福岡シーホークの客室やエグゼクティブラウンジ、4階シアラの朝食をレポートします。

 アプリでエグゼクティブツインデラックスにプリアサイン

今回私たちが予約したお部屋はツインヒルトンデラックスでした。
宿泊日の約1か月前に予約したのですが、その時には特にセールをやっていなかったので、ヒルトンプレミアムクラブジャパンを経由して25%OFFで予約しました。

ヒルトンでは公式サイトから予約すると宿泊前日の午前6時からアプリまたはヒルトンオナーズの会員サイトより事前チェックインが利用できます。

前日にアプリでチェックインを試してみると、予約通りのお部屋しか表示されていませんでした。

アップグレードはこの時点ではありませんでしたので、チェックインは保留にしました。

チェックイン当日の朝確認してみるとエグゼクティブツインデラックスにプリアサインされていました。

プリアサインされた3023号室のお部屋の位置を確認してみました。
福岡タワー側ですね。

前日に有償アップグレードの価格をチェックしたところ、エグゼクティブツインデラックスは1泊9,408円でした。
3泊ともアップグレードとなると28,224円です。

ダイヤモンド修行したおかげでゲストルームからエグゼクティブツインデラックスにアップグレードされて28,224円もお得に宿泊することができました。

前回はヒルトンツインデラックスからエグゼクティブスイートツインに3ランクアップしたので、「今回ももしかしたら・・・」と期待をもってアプリでのチェックインはやらなかったのですが、結局はアプリと全く同じお部屋での案内となりました。

時期にもよりますが連泊となるとやはりスイートへのアップグレードは難しいものがあるようですね。
私たちが宿泊する最終日も満室だったようで、それでスイートへのアップグレードはNGとなったようです。

 エグゼクティブツインデラックスのお部屋

ホテルに到着したのが夕方6時頃で33階のエグゼクティブラウンジでチェックインをお願いしました。
ラウンジに着いた時にはすでにカクテルタイムがスタートしていて、少し賑やかでした。

荷物は主人に任せて私はラウンジでカクテルタイムを楽しむことにして、お部屋の写真は主人にお願いしておきました。

ドアを開けるとすぐ左側にバスルームがあります。

バスルームの向かい側にクローゼットがあります。

客室は少し狭くてベッドが3つ設置されています。

 

ベッドの向かい側にテレビボードとチェアがおかれています。
 

大きな窓からは福岡タワーが見えました。
PM2.5の影響か、窓が汚れていて外の写真はうまく撮れませんでした。
天気はいいのですが、靄っているのがお分かりになると思います。

エグゼクティブツインデラックスのお部屋の大きさは35~42m²です。

そこにエキストラベッドを追加しているので非常に狭く感じました。
そのためか公式サイトではエグゼクティブツインデラックスにはソファが設置されていましたが、スペース的に厳しいからかソファはありませんでした。

 エグゼクティブラウンジのカクテルタイム


チェックインしてからすぐにカクテルタイムを利用しました。

今回は3泊4日の予定ですが、カクテルタイムは33階のエグゼクティブラウンジで行われると案内されました。
エグゼクティブフロアの利用者が多い時には会場が34階のオーシャンラウンジに変更されるのですが、33階の方が私は好きです。

外国人観光客はラウンジにはいなくてとても静かな雰囲気で皆さんカクテルタイムを楽しんでいました。

人が少なくなった頃をみてお料理の写真をパチリ。

お料理はどれもおいしくてお酒がすすみました。
この他にもお料理は何点かありました。

またデザートメニューも3種類ほどあり、フルーツもパイナップル、オレンジ、キウイのカットフルーツがありました。

こちらは3日目のカクテルタイムのメニューです。
1日目とはお料理のメニューが変わっていました。

 4階シアラでの朝食

朝食は3日とも4階のシアラでいただきました。
これまでは人が多いと33階のエグゼクティブラウンジを利用していましたが、春休み期間でも比較的人が少なかったので4階シアラも混んではいませんでした。

4階シアラは朝食への入り口が2つあります。
エグゼクティブフロアに宿泊の方やヒルトンオナーズ会員はエレベーターを降りて、グランドバケーションのデスクの前にある小さな入り口から案内されます。

こちらの表示が目印です。

私たちが行った時にはこちらのレーンに並んでいる方はおらずすぐに中に案内されました。

もう1つの入り口はゲストルーム宿泊の方となります。
団体の方と個人の方で2つのレーンが設けられていました、どちらも待っているようでした。

ヒルトンオナーズ会員は無料で登録できますので、会員になった方がスムーズに食事をいただくことができますのでお勧めです。

メニューは写真を撮ることはできませんでしたが、私がいただいたメニューをご紹介します。

2日目の朝食です。

こちらは3日目の朝食です。

4日目の朝食です。

席に案内されるとドリンクをオーダーできます。
これまではティーかコーヒーだけでしたが、ヒルトンゴールドメンバーとダイヤモンドメンバーはそれ以外にもカフェメニューが選択できるようになっていました。

またダイヤモンド会員にはこのような小さなカードがテーブルに置かれました。

おそらくこのカードでカフェドリンクの案内をしているのかなぁと思います。

カフェメニューはテーブルにあります。

私はカフェモカ、夫はカフェラテをいただきました。
これだけでも1杯500円するので夫婦で1,000円お得に!

大人だけでなく子供にもいかがですかと言われましたが、残念ながらカフェメニューで飲めるものがなかったので遠慮しました。

ちなみに翌日朝のカフェモカはこちら。

この日はラテアートがありませんでしたが、おいしくいただきました。

エグゼクティブフロアに宿泊している方はレストランの入り口付近のバーのような場所に案内されます。

2日目・3日目とも偶然にも全く同じ席に案内されたのですが、とても落ち着いた雰囲気で食事をいただくことができて大満足でした。

4階のシアラの朝食はシェフがその場で卵料理を作ってくれるのが一番お気に入りです。
子供たちも33階のラウンジより食べられるメニューが豊富なのでいつも4階で食べたいと言っていました。

外国からの旅行客が少ないなら4階シアラでの朝食がお勧めです。

 ヒルトン福岡シーホーク宿泊記まとめ


ヒルトン福岡シーホークより車で10分ほどの場所にある「大濠公園(おおほりこうえん)」に行ってきました。

桜が満開でとてもきれいでした。

今回は3泊4日のヒルトン福岡シーホーク宿泊でした。
残念ながらアフタヌーンティーは利用できませんでしたが、それでも充実したホテルステイを送ることができました。

ダイヤモンドメンバーになってからはヒルトン福岡シーホークは2回目の宿泊ですが、2回ともアップグレードの成功しています。

ステータスを持っていると一番安いお部屋で予約してもアップグレードでエグゼクティブフロアに宿泊できますし、万が一アップグレードされなくても、ダイヤモンドメンバー特典としてエグゼクティブラウンジは利用できるのでホテルステイを楽しむことができました。

今回はセールでなはくHPCJ経由で予約して、25%割引適用で3泊4日で74,000円でした。
エグゼクティブラウンジツインデラックスの利用で大人2人、小学生1人、幼児1人の合計4人でこの価格なら割安ではないでしょうか?

ヒルトンの半額セールで予約していればさらに安く宿泊できたのですが、タイミングが合わずセールのない時期の予約となってしまいました。

今回の宿泊で今年に入って2回目の滞在となりました。

我が家は2017年の秋から今年の1月にかけてヒルトンダイヤモンド修行をして、2020年3月までダイヤモンド会員が延長されました。
ヒルトンダイヤモンド修行最終回【ヒルトン沖縄北谷リゾート】2020年3月末までダイヤモンド延長に!

ヒルトンオナーズでログインすると、今年は3滞在すれば2019年はダイヤモンド会員を維持できると書かれています。
今回の宿泊分が反映されて、今年に入って2滞在クリアしているのであと1滞在です。

本来ならダイヤモンド会員を維持するためには30滞在必要なのですが、なぜだか3滞在とかなり優遇されています。
それならあのダイヤモンド修行はしなくてもよかったのかなぁと思ったり・・・。

逆にダイヤモンド修行を兼ねて短期間に10滞在したために今回は優遇されているのかもしれませんが、こればかりはどうもよくわかりません。

ヒルトンオナーズVISAプラチナカードは利用せずボーナスポイントが加算の謎

宿泊してから3日後に宿泊ポイントも加算されました。

3泊4日で16,432ポイント獲得できました。

内訳をみて気づいたのですが、「SUMITOMO STAY BONUS」として2,000ポイント加算されています。
主人はヒルトンオナーズVISAプラチナカード会員で、そのカードで宿泊費等を決済するとボーナスポイントがもらえるのは知っていますが、今回は別のカードで決済しているのにもかかわらずボーナスポイントを獲得することができました。

予約時にも一切ヒルトンオナーズVISAプラチナカードの情報は入力していませんし、ルームサービス等一部の支払いにヒルトンオナーズVISAプラチナカードを使ったということもありません。

これまではルームサービスや室内の冷蔵庫にあるドリンク代のみヒルトンオナーズVISAプラチナカードで決済してボーナスポイントを獲得できることは確認していたのですが、新しい発見となりました。
ヒルトンオナーズVISAプラチナカードは宿泊費等に使わなくても宿泊ボーナスポイントを獲得することができるのですね。

上級会員のおかげでワンランク上の旅行を満喫

2016年に主人がSFC修行をしてANAラウンジが利用できるようになり、さらにヒルトンダイヤモンドステータスのおかげでホテルもアップグレードされるなど今までよりも旅行の質が格段に上がりました。

子どもを連れての旅行は大変ですが、空港やホテルで優遇されるだけでも疲れが半減されるので修行をしてよかったのかなぁと思う今日この頃です。

次の旅行は未定ですが、我が家のホームグラウンドであるヒルトン沖縄北谷リゾートに今度はポイントで宿泊しようかと計画中です。

2018年4月6日追記

ヒルトンオナーズポイントが大分たまっているので、ゴールデンウイークにポイントでヒルトン沖縄北谷リゾートの宿泊予約をしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。