メトロポイントが有り余ってる人の解決策

このブログ昨日は9位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

metro
2012年の秋からのANAマイルのバブル期、みなさんはどれだけマイルを貯められていますか?

さやは「ハピタス」のお友達が大量にポイントを獲得しているおかげで、毎月50,000ポイント以上無料でたまっています。

それもあって、2013年に入ってから7月末までに112,903マイル積算されました。

でもまだハピタスポイントからメトロポイントに移行した分が数万ポイント貯まっており、マイルになるのは1~2か月先になります。

いつまでこのバブル期が続くかわからないのでとっととANAマイルに交換したいと考えています。

スポンサードリンク



ハピタスを夫婦で登録してソラチカカードもそれぞれ発行する

ハピタス」で貯めたポイントは
PeXポイント→メトロポイント→ANAマイルというルートで交換できます。

pexmetro

 

メトロポイントからANAマイルへ交換するのには「ANA To Me CARD PASMO JCB」(ソラチカカード)が必須です。

またメトロポイントからANAマイルへの交換は1か月20,000ポイントが上限となっています。

毎月ハピ友ポイントで20,000ポイント以上獲得できているさやの場合、
毎月上限の20,000ポイントを交換していますが、今現在58,000メトロポイントの残高があります。

1,000メトロポイント→900マイルという超交換レートはいつ改悪されてもおかしくありません。

できるだけすべてのポイントを早目にANAマイルに交換したいなと考えて、先月ソラチカカードを新たに発行しました。

これまでは主人のソラチカカードで主人のANAマイル口座へ移行していました。

家族カードを発行しようと最初は考えましたが、家族カードではメトロポイントは主人のメトロポイントに合算されるためANAマイルへ交換する際も主人のANAマイル口座になってしまいます。

そのためさやもソラチカカードの本会員としてカードを発行することにしたのです。

主人のメトロポイントは残高が58,000ポイントあるので、当分の間ハピタスで獲得するポイントはさやのPeX口座に移行して、その後さやのメトロポイント口座に移行→さやのANAマイル口座へ移行という手順でいこうと思います。

2016y04m18d_180227786

 

画像にあるように、1つのハピタスアカウントから2つのPeXアカウントに交換することは可能です。
(実践済み)

でもハピタス1とPeX1の名義は同じですが、ハピタス1とPeX2の名義は異なります。
それでも交換自体は可能です。
ここだけの秘密にしておいてください(笑)

7月末にソラチカカードを申し込みし、8月15日にはPeXポイントからメトロポイントへ移行手続きができました。

9月11日にはさやのメトロポイント口座に反映され、すぐにANAマイルへ移行手続きをすれば、10月10日前後にはANAマイルに反映される予定です。

これで10月からは夫婦で合計36,000マイル貯められる予定です。

さやはこれまでANA JCB一般カードを持っていたのでソラチカカードを発行した場合、切り替え扱いになりました。
※2016年現在ANA JCBカード会員がソラチカカードを発行すると追加発行になります。
そのため初年度年会費無料キャンペーンや入会ボーナスマイルといった特典は一切ありません。

初年度から2,100円かかりますが、もともとANA JCB一般カードで支払っていた分なのでコスト的には全く変わりません。

それでいてこれまでの2倍ポイント交換ができるようになったのは大きなメリットです。

当分の間は毎月36,000マイル貯まっていきますが、少しポイントの消化が落ち着いてきたら20,000ポイントは主人のメトロポイントに、残ったポイントはさやのメトロポイントにというふうに分けて交換しようと思っています。

いつ改悪されてもおかしくないほどの高レートですので、さやと同様にハピタスポイントが大量に貯まっていてANAマイルへ移行が追いついていないという方はご夫婦でソラチカカードを発行してみてはいかがですか?

要注意
ハピタスのポイントを2つのPeXアカウントに交換することは可能ですが、別のハピタスアカウントで交換先に使っているPeXアカウントをもう1つのハピタスアカウントで交換申請に使うとハピタスアカウントが強制削除されます。

つまり2つのハピタスアカウントから同一のPeXアカウントへの交換をすると、2つ目のハピタスアカウントが削除されます。
2016y04m18d_180227786 2016y04m18d_180236161

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す