ヒルトン子供向け会員制度リトルヒルトンクラブに入会【会費1,500円でランチ無料やドリンクサービスなど】

このブログ昨日は16位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ



現在我が家はヒルトンダイヤモンド修行の真っ最中です。
10月中旬に90日間なんちゃってダイヤモンド会員になり、来年1月まで8滞在の予約が入っています。

我が家のヒルトンダイヤモンド修行のホームグラウンドであるヒルトン沖縄北谷リゾートには、4歳~小学6年生が入会できる「リトルヒルトンクラブ」という会員制度があります。
最初に会費として1,500円支払えば会員になることができ、その後の年会費などはありません。

リトルヒルトンクラブの特典が非常にお得で、1回レストランでランチするだけで元が取れる素晴らしい子供向けサービスです。
今回はリトルヒルトンクラブの特長と子供の誕生月にランチを利用した際のレポートをご紹介します。

スポンサードリンク



リトルヒルトンクラブとは?

ヒルトン沖縄北谷リゾートとヒルトン東京が提供している幼児・小学生向けの会員制クラブです。

ヒルトン沖縄北谷リゾートとヒルトン東京にて、様々な会員特典をご利用いただけるほか、お子様や家族向けのイベントや割引特典などが受けられます。

入会金 一人1,500円
年会費 無料
対象 日本在住の4歳から小学6年生の個人
会員資格期限 小学校卒業年度の3月末日まで
入会申込期限 小学校卒業年度の3月末まで

申込みは、ヒルトン沖縄北谷リゾートまたはヒルトン東京のいずれかで入会書に必要事項を記入して入会金を支払います。
申込書はホームページからPDFでダウンロードすることもでき、郵送申し込みも可能です。
その場合には、入会金は振込またはフロントデスクにて直接お支払いすることになります。

リトルヒルトンクラブ会員になると、ヒルトン沖縄北谷リゾートとヒルトン東京どちらでも会員特典が受けられます。

私はヒルトン沖縄北谷リゾートに宿泊した際に、エグゼクティブラウンジの受付の方にリトルヒルトンクラブに申し込みしたい旨伝えてその場で申し込みしました。

申込してから1週間ほどで仮会員証(用紙)が郵送されました。
その後3週間ほどしてようやくカードが郵送されました。

こちらがリトルヒルトンクラブの会員カードです。
会員カードには会員ナンバーと名前と利用期限が印字されています。

沖縄らしくシーサーのイラストが可愛らしいですね。

リトルヒルトンクラブの会員特典

ヒルトン沖縄北谷リゾートとヒルトン東京では受けられる特典が少し異なります。

 ヒルトン沖縄北谷リゾートでの特典

  • お誕生月に「スリユン」のランチブッフェにご招待
  • お名前入りのバースデーケーキとキャンドルサービスのプレゼント
  • 2月から4月の卒園・入学・卒業時期に対象となる会員様へ、ヒルトン沖縄北谷リゾートレストランでのお食事にご招待
  • 夏休み(7月20日~8月31日)、冬休み(12月20日~29日、1月4日~10日)、春休み(3月20日~4月10日)の期間中、ヒルトン沖縄北谷リゾート全レストラン施設において、会員様のご飲食代50%OFF(一部除外あり)
  • 年間を通じて、ヒルトン沖縄北谷リゾートをご利用時、会員様にはソフトドリンク1杯を無料にてご提供
  • ヒルトン沖縄北谷リゾート開催のお子様向けイベントのご優待
  • ヒルトン沖縄北谷リゾートよりイベント情報のニュースレター送付(不定期)

 

 ヒルトン東京での特典

  • お誕生月に「マーブルラウンジ」のランチブッフェ、デザートブッフェ、またはディナーブッフェにご招待と、お名前入りのバースデーケーキとキャンドルサービスのプレゼント
  • 卒園・入学、卒業時期に対象となる会員様へ、ヒルトン東京レストランでのお食事にご招待
  • 夏休み(7月20日~8月31日)、冬休み(12月20日~29日、1月4日~10日)、春休み(3月20日~4月10日)の期間中、ヒルトン東京全レストラン施設において、会員様のご飲食代50%OFF(一部除外あり)
  • 年間を通じて、ヒルトン東京全レストランをご利用時、会員様にはソフトドリンク1杯を無料にてご提供
  • ヒルトン東京開催の子供向けイベントのご優待

 

ヒルトン沖縄北谷リゾートでは誕生月にはスリユンのランチビュッフェのみ招待ですが、ヒルトン東京はマーブルラウンジのランチ・デザート・ディナービュッフェのいずれかの招待になっています。

また各ヒルトンのイベントのご優待ですが、ヒルトン沖縄北谷リゾートでは秋・冬向けイベントとして下記のイベントがあり、優待価格での案内がありました。


 

リトルヒルトンクラブの会員だけでなく、一緒に利用する家族も割引価格で利用できるのはうれしいですね。

誕生月のオールデーダイニングのランチビュッフェ招待でレストランを利用



ヒルトンダイヤ修行の3回目がちょうど息子の誕生日の週でしたので、その日のランチにスリユンを利用しました。

ちょうど宿泊の1週間ほど前にリトルヒルトンクラブよりお誕生日特典でスリユンのランチビュッフェ招待券が届いていました。

利用する1日前に予約を入れると、バースデーケーキも頂けるので前もって予約しておきました。

利用した日が祝日でランチビュッフェは2部制になっていたのですが、予約している人としていない人にレーンが別れていました。
予約している人を先に案内して途切れたら予約していない人への案内となるので、レストラン利用時には予約がおすすめです。

受付時にリトルヒルトンクラブの誕生日招待券を提出するように求められましたので、必ず会員カードと招待券を持って行くようにしてください。

席に案内されると、リトルヒルトンクラブの会員だけは1ドリンク無料サービスの特典があるので、息子はアップルジュースをオーダーしました。

普通にオーダーすると700円もします。
オーダーできるドリンクは限定されていて、900円のオレンジジュースは対象外でした。

ちなみに、ビュッフェ料金にはドリンクも一部含まれていて、パイナップルジュースとグレープフルーツジュースはありました。
その他にアイスティーやアイスコーヒー、ティバッグなどもあります。

スリユンのランチビュッフェは料理のコーナーがずっと混雑していて写真が撮れませんでしたが、デザートのコーナーはまだ誰もいなかったのでパチリしてきました。

     

 

デザートだけでもこんなにたくさんの種類がありました。
オープン直後に撮影したのでまだ誰もデザートに手を付けていませんでしたから、キレイな画像が撮れました。

利用した月のレストランのテーマがカニと寿司で、こちらのコーナーは行列がずっと続いていました。

  

 

料理の種類は豊富なのですが、あまり食べたいと思うのが少なくて、子どもも普段よりもあまり食べていない印象でした。

美味しいのですが、子ども受けはイマイチという感じでした。
ミートボールが入ったカレーがあったので、子どもでも食べられるかと思ったのですが、非常に辛くて大人の私でも一口でアウトでした。

でもヒルトン沖縄北谷リゾートのサラダは種類が多くてドレッシングも最高です。
これだけはいつ食べても飽きません。

1時間ほど食べて満腹になっている時にバースデーケーキが運ばれてきました。


 

 

運んできたスタッフの方がバースデーソングを歌ってくれました。
ちょっと息子は照れ臭そうでした(笑)


ただ、もうビュッフェでお腹いっぱいでしたので上のチョコを食べるだけでおしまいでした。

スタッフに持ち帰りをお願いしたのですが、食中毒になった時の責任が取れないとのことで持ち帰りはNGでした。

ビュッフェでお腹いっぱいの状態でケーキをもらっても食べられないので、もったいないことしてしまいました。
でもとてもいい記念になりました。

リトルヒルトンクラブまとめ

リトルヒルトンクラブは最初に会費として1,500円支払えば、誕生月や卒業・入学シーズンには無料招待があるので、1度利用するだけで元が取れるサービスです。

通常小学生がヒルトン沖縄北谷リゾートのランチビュッフェを利用する際の料金は祝日が1,450円です。
消費税とサービス料は別途かかりますので、1回利用するだけでもリトルヒルトンクラブに入会した方がお得ですね。

さらにレストラン利用のたびに1ドリンク付きますから、幼稚園から小学生のお子様がいらっしゃるご家庭ならリトルヒルトンクラブへ入会することをおすすめします。

今回は宿泊費と一緒に支払いをしたので、大人のランチビュッフェの料金はHPCJ割引で20%になりました。

もしレストランだけの利用でもHPCJ会員は毎回10%OFFになります。

先日主人がヒルトンプラチナVISAカードを発行したので、それにHPCJが付帯しています。
HPCJのカードが送られたときに、5,000円割引券も2枚同封されていました。

HPCJは年会費25,000円ですが、1万円分の割引券がもらえるので実質15,000円です。
でもANAやJALの上級カード会員向けの特典で、実質無料で入会することができます。

ヒルトンをよく利用する方ならHPCJ会員もおすすめで、子どもはリトルヒルトンクラブに入会するのがベストな選択です。

ヒルトン福岡シーホークにもジュニアヒルトンクラブといって、同様の会員制度があります。
息子はそちらの会員にもなっているので、ヒルトン福岡シーホークに行くときには、ジュニアヒルトンクラブとHPCJでお得にレストランを利用しています。

家族連れのホテルステイとなると値段が高くなりますが、このようなサービスを利用して少しでもお得にホテルステイを楽しみたいですね。

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す