新ANAカード「TOKYU×ANA CARD」誕生

ソラチカカード以来約2年ぶりに新しいANAカードが誕生します。

ANAは2014年2月17日から「TOKYU×ANA CARD」の募集を開始すると発表しました。

気になるカードの詳細をご紹介します。





『ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード(愛称 TOKYU×ANA CARD)』

「TOKYU×ANA CARD」はTOKYUポイントとANAのマイルが貯まるPASMO一体型のANAカードです。
 
ANAマイレージクラブ、TOKYUポイント、PASMO、定期券、クレジットの5つの機能が一体化されています。

カード発行会社は三井住友カードです。


 ANAカードとしての機能

ANAカードとしての機能は他のANAカードの一般カードと同じです。

・ANA グループ便・提携航空会社へのご搭乗、旅や暮らし、提携パートナーで貯まる

・ご入会、ご継続でボーナスマイル(1,000 マイル)プレゼント

・ANA 国内線・国際線ご搭乗ごとに割増ボーナスマイルをプレゼント


唯一の違いはANAマイルをTOKYUポイントに交換することができるという点です。


 ポイント制度


一番気になるのはポイント制度です。

まずカード利用で貯まるポイントは三井住友のワールドポイントプレゼントです。

1,000円ごとに1ポイント貯まります。

ポイントは10ポイントコース(移行手数料6,300円/年)選択なら1ポイント10マイル
5マイルコース(移行手数料無料)なら1ポイント5マイルでANAマイルに交換できます。

ボーナスポイントとプレミアムポイントは1ポイント=3マイルでANAマイルに交換できます。

ここまではANA VISAカードと同じですね。


【TOKYUポイントを貯める】
「TOKYU×ANA CARD」は以下の利用でTOKYUポイントが貯まります。

・東急グループを中心としたTOKYU加盟店の利用

・東急線の駅構内売店や自動販売機でのPASMO電子マネー利用で200円につき1ポイント

・PASMO 機能を使って東急の電車やバスに乗った当日にカードを専用端末にタッチすると1日に10ポイント


【TOKYUポイント↔ANAマイル相互交換】

「TOKYU×ANA CARD」限定でANAマイル・TOKYUポイントの相互交換ができます。

10,000マイル→10,000TOKYUポイント
1万マイル以上、1万マイル単位(交換上限なし/移行手数料無料)

1,000TOKYUポイント→750マイル
1,000ポイント以上1,000ポイント単位(交換上限なし/移行手数料無料)


 その他TOKYU×ANA CARDのスペック


年会費初年度年会費無料 ※2015 年3 月31 日(消印有効)まで
次年度以降 本会員2,000 円(税抜き) 家族会員1,000 円(税抜き)
発行対象原則として、18 歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方
または高校生を除く18 歳以上で学生の方
付帯保険・海外旅行傷害保険 最高1,000 万円
・国内航空傷害保険 最高1,000 万円
その他機能・SKiP 機能
・PASMO 機能
・定期券機能


 TOKYU×ANA CARD誕生記念キャンペーン


最大28,000マイル相当+1,000TOKYUポイントプレゼント


【1】入会でプレゼント
2014年2月17日(月)~2014年4月30日(水)に入会された方に
通常特典1,000マイル+キャンペーン限定1,000マイル+キャンペーン限定1,000TOKYUポイント

【2】搭乗でプレゼント
2014年2月17日~5月31日にANA便にご搭乗された方に最大6,000マイル

※特典マイル数はANAグループ運航便への対象運賃でのご搭乗回数に応じて変動

【3】利用でプレゼント
ご入会後3ヶ月以内に『マイ・ペイすリボ』のご登録とリボ払いを10万円以上ご利用、
電子マネー「iD」を3万円以上ご利用された方に最大20,000マイル相当プレゼント
※10マイルコースでワールドプレゼントのポイントからマイルに移行した場合



カード募集開始の2月17日にはまた改めてご紹介したいと思います。

参考記事→ANAプレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。