ヒルトン半額セールの予約で気づいた3つの注意点

このブログ昨日は10位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


9月5日14時~9月8日14:00までの72時間で、ヒルトンフラッシュセールが行われています。
今年2回目の半額セールです。

我が家では10月からのヒルトンダイヤモンド修行に向けてこのヒルトンフラッシュセールで8滞在の予約をしました。

予約を入れる際にいろいろ条件を変更しながら検索をしてみたのですが、同じ日でも予約条件によって値段が全然違う結果になりましたので共有したいと思います。

スポンサードリンク



連泊予約は要注意

ヒルトンダイヤモンド修行の最後はヒルトン福岡シーホークに宿泊する予定です。

福岡で3泊4日滞在するので、3連泊で予約を取りました。

私たちが予約した日は12月26日~29日です。
ツインヒルトンデラックスを3連泊で検索したところ、1泊目・2泊目は8,500円(税・サービス別)で3泊目だけ13,500円となっています。


 

3泊目の値段だけ異なるので、同じ日程で1泊ずつの値段を見てみました。
すると、26日・27日はそれぞれ11,000円(税・サービス別)で、28日は13,500円(税・サービス別)となっていました。
(画像は取り忘れましたが、エクセルにて価格を記録していたので間違いありません)

こちらは2連泊の価格ですが、11,000円の表示となっていますが1泊ずつでも同料金でした。


 

これから分かることは3連泊するなら、1回の予約で3泊分予約を取った方が安くなるケースがあるということです。

今回の予約の場合、1回で予約をすれば37,222円(税サービス込)ですが、それぞれわけて予約をすれば43,324円(税・サービス込)です。

同じ日程で同じタイプの部屋の予約でも6,102円もの差が発生しています。

しかし必ずしも連泊の予約は1回で済ます方がお得とは限らないことも発見しました。

12月27日~29日の2泊3日で、同じくヒルトン福岡シーホークのツインヒルトンデラックスの価格を見たところこのようになっていました。


27日が18,000円、28日32,500円で税・サービスを入れると61,630円となっています。

アレ?何かおかしくないですか?

1泊ずつで予約をした場合には、27日が11,000円、28日が13,500円で表示されていたのに、連泊で予約を取ると値段が上がっているのです。

1泊ずつで予約した場合の税・サービス込の価格は29,899円です。

この場合ですと、1泊ずつ予約を取った方が31,731円も安くなります。

しかもですよ!!
最初の例でご紹介したように、1泊前倒しで宿泊するとして1回の予約で26日~29日の3泊した場合の料金(37,222円)よりも高いのです。

おかしな値段設定ですよね。

このことからも分かるように、連泊する際には1泊ずつでの価格と連泊での1泊分の価格は異なります。
そのため予約の際には両方の価格をチェックして安くなっている方で予約を取ることをおすすめします。

ちなみにですが、12月26日~29日のエグゼクティブツインデラックスの価格はこちらです。


エグゼクティブトリプルデラックスの価格はこちら


2泊3日のツインヒルトンデラックスの価格よりも3泊分のエグゼクティブツイン(トリプル)デラックスの方が安くなっています。

本当に訳の分からない価格設定です(笑)

ファミリーでの予約時に未就学児はカウントしない

予約するヒルトンにもよりますが、ヒルトン福岡シーホークの場合ですと、6歳以下の未就学児は予約の際にカウントして予約をすると表示されないルームタイプがあります。

大人2名子供2名(未就学児)で予約をする場合、大人2名・子供1名で入力するとツインヒルトンデラックスから表示されます。



 

でも、大人2名・子供2名と入力して検索するとツインヒルトンデラックスが表示されません。
ファミリーヒルトンデラックスからの表示となっています。


 

未就学児は入力しても金額が変わることはありません。
でも入力することで通常予約できるお部屋が表示されなくなってしまいます。

こちらも謎仕様ですね。

「ANAマイルを求めて」のゴウタロウさんもヒルトン福岡シーホークを予約したみたいで、昨日ツイッターで「ファミリールームしか選べませんでした」とおっしゃっていました。
ゴウタロウさんは大人3、未就学児1で予約したみたいです。

その件についてゴウタロウ様のブログで書かれています。

ヒルトン福岡シーホークのツインには、ヒルトンツインとヒルトンツインデラックスの2種類があります。
添い寝の子がいる場合にはヒルトンツインデラックス以上の予約が必要で、2名まで添い寝が可能です。

ファミリーヒルトンデラックスはベッドが4つ設置されています。
まだ添い寝で十分な年齢ならベッドが多すぎますよね。

添い寝のお子様がいてツインヒルトンデラックスで予約したい場合には未就学児の欄は0または1で検索してください。

ヒルトンにもよりますので、実際に予約する際には未就学児を入れた場合とそうでない場合で表示されるルームタイプを確認してみてください。

ヒルトン半額セールは初日の早めがベスト

今回のヒルトン半額セールは72時間限定で行われています。

半額セールで同じ日程でもお部屋の空き数が減ってくると価格が上がることがわかりました。

私は半額セールが始まる前に予約する日を決めていたので、比較的早く予約を完了しました。

次の日に同じ日程で検索したところ、同じルームタイプなのに3,051円も価格が上がっていました。

私がヒルトン沖縄北谷リゾートで実際に予約した日の価格がこちら


ツインエグゼクティブルーム(オーシャンビュー、テラス付)が26,239円です。

翌日同じ日程で値段をチェックしたところ、29,290円になっていました。


 

3,051円も価格が上昇しています。
おそらく、ヒルトン半額セールで同じお部屋を予約された方が多くて残室数が減ってしまったために価格を上げたのだと思います。

よく飛行機の料金も座席数に応じて値段が変わる設定ってありますよね。
それと同じかと。

半額セール期間が始まったらなるだけ早い時間に予約を完了させるのがベストです。
客室に空きがあっても残室が少なければ半額セールの価格が上昇しますし、週末などは満室で取れなくなる可能性もありますからご注意ください。

以上がヒルトンで予約をする際の3つの注意点でした。

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す