子どものeチケットはiPhoneアプリ【Passbook・Wallet】がおすすめ


今年の9月に家族4人で千葉に行くことになり、那覇⇔羽田の往復航空券をANAにて購入しました。

今回のチケットは4人ともプレミアムクラスでの予約です。
私と主人はプレミアム旅割28で予約、子供2人はプレミアム株主優待(小児)で予約しました。

予約した運賃が異なるため、主人のお客様番号でログインした際に子供2人の予約情報を閲覧することができませんでした。
そのため空港でチェックインする際には、子供の分はeチケット控えなどでバーコードを取得しておく必要があります。

一応子どものAMCカードはあるので、それでチェックインすることはできますが2人分を財布に入れると嵩張るので持ちたくないなぁと。

そんなときにiPhoneアプリのPassbook WalletがANAに対応していることに気づきました。

これがなかなか便利そうです。

子どものeチケットはiPhoneアプリ【Passbook・Wallet】がおすすめ

ANAプラチナサービスデスクにてプレミアム旅割28を予約



ANAプレミアムメンバー特典としてプラチナサービスメンバーは、ANAプラチナサービスデスクが利用できます。
プラチナメンバー専用デスクですので電話をかけるとすぐに対応していただけます。

今回はANAプレミアムメンバーサービスの特典として2か月週間前にプレミアム旅割28の予約をお願いしました。

ANAプラチナサービスデスクにてプレミアム旅割28を予約

住民税の納付書到着!ふるさと納税で26万円減額に


毎年この時期になるとやってくる住民税の納付書。
去年までは同時期に国民健康保険料の納付書も送られてきたのですが、去年12月に事業を法人化して社会保険に加入したため住民税だけの送付でした。

さて気になるのが住民税の総額です。
しかし、ふるさと納税で先払いしていたおかげであまりガッカリ感はありませんでした。

住民税の納付書到着!ふるさと納税で26万円減額に

ドットマネーギフトコードがヤフオクに出品中!1マイルあたり1.6円


現在のANA陸マイラーは、ハピタスやちょびリッチなどポイントサイトでためたポイントをドットマネー経由でANAマイルに交換するのが主流となっています。

ハピタス→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイル

ソラチカカードユーザーが使える通称ソラチカルートですね。
このソラチカルートを使えばポイントサイトで獲得した1万円相当のポイントが9,000マイルに交換できます。

ポイントサイトで自分でアクションしたり、お友達紹介制度を利用してポイントがザクザク貯まる方なら、毎月18,000マイル貯めることが可能です。

しかしそうでない方にとっていかにポイントサイトのポイントを貯めるかがカギとなります。

そういう方たちを狙ってか、ヤフオクにてドットマネーギフトコードが販売されています。

ドットマネーギフトコードがヤフオクに出品中!1マイルあたり1.6円

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANA AMEX)徹底解説


2009年10月7日、ANAカードに「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」が仲間入りしました。

今なら入会キャンペーンを実施しており、入会ボーナスと合わせて最大50,000マイル相当のポイントがもらえます。

またANAカード全体の入会キャンペーンも始まっていますし、入会後のポイントアップキャンペーンやEdyチャージでポイントがもらえるキャンペーンもあります。

今回はANAアメリカン・エキスプレス・カードを徹底解説したいと思います。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(ANA AMEX)徹底解説

ANA JCBプリペイドカード誕生!チャージ無料で0.5%還元+チャージボーナスも


2017年4月14日にJCBブランドのプリペイドカード「ANA JCBプリペイドカード」の誕生を発表しました。

2017年4月17日(月)より発行開始となります。

2016年にはANA VISAプリペイドカードが先に登場しましたが、ANA VISAプリペイドカードとは少しサービス内容が異なります。
もしかするとANA JCBプリペイドカードの方が使い勝手がよさそうです。

ANA JCBプリペイドカード誕生!チャージ無料で0.5%還元+チャージボーナスも