年間82万ANAマイル貯めた方法を大公開

【ソラチカルート終了】LINEポイントからメトロポイントへの交換終了へ!ソラチカルート閉鎖で注目のTOKYUルートとは?


9月末にANAマイラー界に激震が走りました。

LINEポイントがメトロポイントへの交換終了を発表しました。

2019年12月27日でLINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となります。

ソラチカルートが完全封鎖されます。

ソラチカルート封鎖後、ANAマイラーはどのようにマイルを貯めていけばいいのでしょうか?

LINEポイント→メトロポイント交換終了へ

平素は、LINEポイントをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、LINEポイントにおける一部の交換サービスを終了させていただくこととなりました。

ご利用中のお客様にはご不便おかけいたしますが、ご理解賜わりますようお願い申し上げます。

《2019年12月27日 15:00に終了する交換先》
■dポイント
■nanacoポイント
■メトロポイント
■ベルメゾン・ポイント
■JALマイレージバンク
■Amazonギフト券(※)
■Pontaポイント(※)
■選べるe-GIFT(※)
※がつく交換先については、在庫状況により交換受付終了日時よりも早い時期にて交換終了とさせていただく場合がございます。

《2019年12月31日 23:59に終了する交換先》
■LINE Pay
※コード支払い時のポイント利用は引き続きご利用いただけます。

《注意事項》
・交換をご希望のお客様は交換受付終了日時までに交換申請をお願いいたします。
・交換受付終了日時を過ぎてからの交換申請は一切受付できかねますので予めご了承ください。
・交換時の入力誤り等により、正常に交換処理が行われなかった場合はポイントを返還いたしますので、再度正しい情報で交換申請を行っていただきますようお願い申し上げます。
ただし、再交換申請の時点で交換受付終了日時を過ぎていた場合、交換申請は受付できかねますのでご了承ください。

これまで対象交換サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございました。

 

12月27日15:00をもってLINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となります。
終了まではまだ3か月弱あります。

ポイントサイトにたまっているポイントがある方は早めにポイント交換しておきましょう。

メトロポイントの有効期限に注意
メトロポイントには有効期限があります。
メトロポイントを獲得した日を起算日として翌年度末が有効期限です。
例えば2019年12月にLINEポイントからメトロポイントへ交換したポイントは、2020年1月または2月にメトロポイントへ反映されます。
(15日までに交換で1月反映、16日以降に交換で2月に反映)

その分のポイントの有効期限は2021年3月末となります。
メトロポイントからANAマイルへの移行は月に1回上限2万ポイントとなっています。
2020年1月~2021年3月の期間に15回メトロポイントからANAマイルへ交換できます。
2万ポイント×15か月=30万ポイントが有効期限内にANAマイルに移行できるポイントです。
それ以上のポイントをメトロポイントに交換するとポイントが失効しますのでご注意ください。

ソラチカルート終了の意味と今後のマイルの貯め方

ANAマイラーにとってLINEポイントからメトロポイントへの交換ができなくなることは、ソラチカルート終了を意味します。

ANAマイラーがANAマイルをためるのに利用しているソラチカルートは、各ポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントを経由してメトロポイント→ANAマイルというルートを使ってマイルに交換しています。

例えば、すぐたまやハピタス、モッピーなどのポイントサイトのポイントは下記画像のようにANAマイルに交換できます。

 

LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となると、81%還元でANAマイルに交換できるソラチカルートが使えなくなります。

ソラチカルートが登場して、2013年にポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに交換できるようになったことから、ソラチカルートが誕生しました。
ソラチカルート誕生当初は90%還元でANAマイルに交換できていましたが、2018年3月をもってその当時のソラチカルートは終了となりました。
改悪キター!ソラチカルート終了 ドットマネーなどからメトロポイントへの交換が3月31日で終了

その後は、LINEポイントを経由してメトロポイント→ANAマイルへと交換する「新ソラチカルート」誕生し、LINEポイントルートと呼ばれることもありました。
今回このLINEポイントルートが封鎖されることから、新ソラチカルートも終了という結末を迎えます。

ソラチカルート終了後はTOKYUルートが新常識に

ソラチカルートが終了となると、ポイントサイトで貯めたポイントはANAマイルに交換できないわけではありません。

現在ANAマイラーがポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換するために使うルートは

  • ソラチカルート(81%還元)←12月27日で終了
  • TOKYUルート(75%還元)
  • nimocaルート(70%還元)

 

この3つのルートが存在します。
ソラチカルートはすでに終了がアナウンスされていますので、残りはTOKYUルートとnimocaルートということになります。

還元率からするとTOKYUルートが75%とnimocaルートよりも高いので、今後はTOKYUルートでANAマイルに移行するのがANAマイラーの新常識となりそうです。

TOKYUルートでポイントサイトで貯めたポイントを交換する

 

ポイントサイト→ドットマネー→TOKYUポイント→ANAマイル と3回のポイント交換でANAマイルに移行することができます。

ソラチカルートより交換レートは落ちますが、
・ソラチカルートよりポイント交換回数が少ない
・交換日数が少ない

というメリットがあります。

TOKYUルート開通!【ANAマイル交換レート75%】ANAマイラーの新常識へ

TOKYUルートを使うには、【ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】が必須です。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード】(通称ANA TOKYUカード)は三井住友カードが発行するANAカードの一種です。

今後TOKYUルートを使うには必須カードとなります。

ソラチカルート終了で急激にANA TOKYUカードが注目され、申込を殺到する可能性があります。
まだお持ちでない方はお早めにお申し込みください。

ソラチカルート終了まとめ

LINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となります。

現在、メトロポイントに交換できるのはLINEポイントのみなので、LINEポイント→メトロポイントが封鎖されるとソラチカルートは完全終了となります。

ソラチカルート終了でもまだANAマイルを貯める方法は残っています。

そのために必要なカードはANA TOKYUカードです。
ANAマイラーの新常識となるTOKYUルートを利用するためにANA TOKYUカードを早めに準備することをおすすめします。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。