【改悪】ヤフーカードからnanacoチャージのポイントが200円につき1ポイントに半減!

このブログ昨日は11位、読む前の応援クリック 感謝します。   にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


Yahoo! JAPANAカードが改悪です。
2018年2月28日よりYahoo! JAPANカードからnanacoチャージで獲得できるポイントの付与率が変更されます。

またYahoo! JAPANカードはJCB・VISA・MasterCardの国際ブランドがあり、JCBブランドのみnanacoチャージに対応していましたが、2018年2月28日よりVISA・MasterCardでもnanacoチャージできるようになります。

スポンサードリンク



nanacoチャージのポイント付与率が0.5%に改悪

Yahoo! JAPANカード公式サイトより引用

Yahoo! JAPANカードのJCBブランドをご利用のお客様につきまして、2018年2月28日より、「nanacoクレジットチャージ」ご利用分のクレジットポイントの内容を変更させていただきます。

■変更内容について
進呈するTポイントにつきまして以下のとおり変更いたします。

【現】
100円につき通常ポイント1ポイント進呈
【新】
200円につき通常ポイント1ポイント進呈

■本変更の適用日
2018年2月28日(水)15:00 ご利用分より(※)
※2018年2月28日(水)15:00より前のご利用分でも、2018年2月28日(水)15:00時点でYahoo! JAPANカードに売上情報が届いてないものは変更後の進呈ポイントになります。

 

これまでnanacoチャージでは100円につき1Tポイント獲得できていましたが、2月28日より200円につき1Tポイントに変更されます。
nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーで利用すると、100円につき1nanacoポイントが獲得でき、クレジットカードからチャージした分のポイントとnanaco利用分のポイントの2重取りが可能です。

でもYahoo! JAPANカードからのnanacoチャージで獲得できるポイントが半減されるのであまりお得感がなくなります。
※後述しますが、2月28日以降もYahoo! JAPANカードからnanacoチャージで100円につき1Tポイント獲得できる裏技もあります。

VISA・MasterCardからもnanacoチャージ可能に!

2018年2月28日15:00よりYahoo! JAPANカードのVISA・MaterCardブランドでもnanacoチャージできるようになります。

こちらは改善点と言えそうです。
これまではJCBブランドのみがnanacoチャージに対応していませんでしたが、全ブランドでnanacoチャージできるようになります。

ただ200円につき1Tポイントしか獲得できないので、改悪日にnanacoチャージできるようになってもあまり魅力的ではありません。

ANA JCBプリペイドカード経由のnanacoチャージなら100円につき1Tポイント獲得できる

2018年2月28日15:00よりnanacoチャージのポイント付与率が変更されますが、変更後もこれまでと同じ還元率(100円につき1Tポイント)でnanacoチャージする裏技があります。

それはANA JCBプリペイドカードを使う方法です。

ANA JCBプリペイドカードはANAマイレージクラブカード機能がついたJCBのプリペイドカードです。
JCBが使えるお店であれば、JCBのクレジットカードと同様に支払いに使うことができます。

ANA JCBプリペイドカードにはキャッシュバックコースとマイルコースの2種類があり、プリペイドカード利用で200円につき1円または1マイル獲得できます。

ANA JCBプリペイドカードはJCBブランドのクレジットカードからチャージ(入金)して利用します。
Yahoo! JAPANカードのJCBブランドからもANA JCBプリペイドカードにチャージすることができます。

ANA JCBプリペイドカードへのチャージでも100円につき1Tポイント獲得できます。

ということは、Yahoo! JAPANカード(JCBブランド)からANA JCBプリペイドカードにチャージして、ANA JCBプリペイドカードからnanacoチャージすればいいんです。



直接Yahoo! JAPANカードからnanacoチャージだと200円で1Tポイントですが、一旦ANA JCBプリペイドカードにチャージしてnanacoチャージすることでこれまで通り100円につき1Tポイント獲得できます。

ANA JCBプリペイドカードは200円利用につき1ANAマイル獲得できますが、nanacoチャージ利用分はキャッシュバック・マイル対象外となっています。

私は毎年税金の支払いにnanacoを利用しています。
Yahoo! JAPANカードのJCBブランドを持っていて複数のnanacoカードで支払う時には、1枚は直接Yahoo! JAPANカードからチャージしたnanacoで(画像青枠)、他のnanacoはANA JCBプリペイドカードからチャージしたnanacoで(画像赤枠)支払うといった使い方をしています。


 

その月のYahoo! JAPANカード利用額は251,200円でしたが、2,512ポイントとnanacoチャージ分・ANA JCBプリペイドカードチャージ分ともポイントが付与されています。


Yahoo! JAPANカードからANA JCBプリペイドカードへのチャージでポイントが付くのは確認済みですので、今後も私はnanacoチャージはANA JCBプリペイドカードを経由してすることにします。

Yahoo! JAPANカードのJCBブランドでnanacoチャージされている方は今後はANA JCBプリペイドカード経由でのnanacoチャージがおすすめです。

リクルートカードなら全ブランドnanacoチャージ可能で還元率は1.2%



大手ショッピングモールの無料クレジットカードといえば、楽天カード、ヤフーカード、リクルートカードです。
この3枚は年会費無料でありながら還元率は1%以上でお得なカードとしてよく比較されますね。

楽天カードは2017年11月利用分よりnanacoチャージでのポイント付与対象外となりました。

そして今回のヤフーカードのnanacoチャージのポイント付与率変更の改悪です。

リクルートカードは今のところnanacoチャージでもポイントは満額付与されます。
しかもリクルートカードはヤフーカード・楽天カードよりも還元率が高く1,000円につき12ポイント獲得できます。

またVISA・JCB・MasterCardすべてのブランドがnanacoチャージに対応していてポイントも満額付与されます。

今回のヤフーカードのnanacoチャージ改悪に伴いリクルートカードに移行するのも1つの手と言えます。
リクルートカードでたまるポイントはリクルートポイントですが、Pontaポイントにも等価交換できますし、交換申請すれば即時に交換できるのもメリットです。

PontaはローソンやGeo・ケンタッキー・昭和シェルなどで利用できるのでこれらのショップの利用率が高い方はリクルートカードを使う方がお得ですね。
またdポイントへの交換も可能ですよ。

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク


コメントを残す