年間64万ANAマイル貯めた方法を大公開

ヒルトンアメックス誕生!カード発行でゴールド・週末無料宿泊特典|ヒルトンAMEXのメリット・デメリットを徹底解説

2021年3月9日ヒルトンから新しいカードが誕生しました。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード
ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

三井住友カードから出ていたVISAのヒルトンカードが去年で新規発行終了となり、新しいカードが春に誕生するとの予告が出ていました。

そしてついにアメックスからヒルトンカードが登場しました!!

私は2017年にヒルトンダイヤモンド修行をして以来、ダイヤモンドステータスを獲得しています。

これまでヒルトンVISAプラチナカードを持っており、新しいカードが誕生するということでVISAは解約し、今回新たに登場したヒルトンアメックスプラチナカードを申し込みました。

今回2種類のヒルトンアメックスカードが誕生しましたが、それぞれのカードの違い、ヒルトンVISAカードとの違い、メリット、デメリットについて徹底解説したいと思います。

 

目次

ヒルトンアメックスカードスペック

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード
ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ヒルトンアメックス
ヒルトンアメックス
プレミアム
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込)
家族カード
年会費
家族カード1枚目無料、
2枚目以降6,600円(税込)
家族カード3枚目まで無料
4枚目以降13,200円(税込)
カード利用ポイント 100円で2ポイント
ヒルトンでは
100円で3ポイント
100円で3ポイント
ヒルトンでは
100円で7ポイント
ステータス ゴールド ゴールド
年間200万利用で
ダイヤモンド
HPCJ 年会費1万円に優遇 初年度無料
2年目以降年
会費1万円に優遇
旅行傷害保険 国内最高2千万円
海外最高3千万円
国内最高5千万円
海外最高1億円
空港ラウンジ
京都特別観光ラウンジも〇
カード更新時 年150万利用+更新で
1泊週末無料宿泊
無条件で1泊
年300万利用でさらに1泊

 

ヒルトンオナーズステータス詳細

ヒルトンの会員制度「ヒルトンオナーズ」には4つのランクがあります。

ヒルトンオナーズに会員登録すると最初のステータスがメンバーになります。
その次が、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドとランクが上がっていきます。

それぞれのステータスになるための条件はこちらです。

ステータス 条件
メンバー 会員登録後になれます
シルバー 4回の滞在または10泊
ゴールド 20回の滞在または40泊または75,000ヒルトンオナーズベースポイント
ダイヤモンド 30回の滞在または60泊または12万ヒルトンオナーズベースポイント

ゴールドステータスの主な特典として、

  • 空室状況に基づくお部屋のアップグレード
  • 1滞在につき1,000ボーナスポイントまたは2名の朝食無料
  • 25%のボーナスポイント
  • 2人目のお客様宿泊無料
  • ポイントでの宿泊の場合5泊目無料
  • レイト・チェックアウト
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本

などがあります。
一部はシルバーステータスでも受けられる特典ではありますが、ゴールドステータスになると2名の朝食無料やアップグレードの可能性があるので非常にお得にステイできます。

ヒルトンアメックスカードを持っていれば、ゴールドステータスが自動的に付与され、2名まで朝食無料特典が受けられるのはとても価値がありますね。

朝食なしのプランでもゴールドステータス以上なら無料で朝食がいただけます。

ヒルトン大阪の朝食

ヒルトン沖縄瀬底リゾートの朝食

ヒルトン沖縄北谷リゾートの朝食

ヒルトン福岡シーホークの朝食

ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城の朝食

 

基本的に2名まで朝食無料となっていますが、ホテルによっては同伴の子供も朝食無料でいただけます。

ホテル独自の特典として、朝食会場での優先案内や朝食会場内にヒルトンオナーズ専用のスペースがあったり、上級会員だけがオーダーできるカフェメニューなどもあります。

朝食が付くだけでもお得ですが、優先案内があると混雑する時間でも待つことなく案内されて時間の節約もできますね。

ちなみにマリオットでもSPG AMEXカード発行でゴールドエリートが付与されますが、ゴールドエリートは朝食無料の特典はありません。

ヒルトンアメックスプレミアムならダイヤモンド獲得を優遇

ヒルトンアメックスプレミアムなら年200万のカード決済でダイヤモンドステータスを獲得できます。
ダイヤモンドはヒルトンオナーズの中でも最上級のステータスです。

毎年1月から12月までのカードご利用額で判断されます。
条件クリア後3か月でダイヤモンドステータスに昇格されるようです。

ヒルトンVISAプラチナでの決済だと公式に記載されていた時期より早くダイヤモンドが反映されていたので、ヒルトンアメックスプレミアムカードも3か月もかからないのではと思います。

例えば2021年3月にカードを発行し5月に200万円利用クリアした場合、8月にはダイヤモンドステータスとなり2022年12月まで維持できます。

ダイヤモンドステータスになると、ゴールド特典に加えて下記の特典が受けられます。

ヒルトン・ダイヤモンドステータスの特典

  • スイートまでのアップグレード
  • エグゼクティブラウンジの利用
  • 100%のエリートステータス・ボーナス
  • 1滞在につき1,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント
  • 2人目のお客様宿泊無料
  • ポイントでの宿泊の場合5泊目無料
  • レイト・チェックアウト
  • 1滞在につき無料のボトルウォーター2本

ダイヤモンドステータスになるとエグゼクティブラウンジの利用が付いてきます。
最も安い客室での予約でもエグゼクティブラウンジ併設のホテルであれば、ラウンジの利用が可能です。

ヒルトン沖縄北谷リゾートのエグゼクティブラウンジ

ヒルトン沖縄瀬底リゾートのエグゼクティブラウンジ

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジ

ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジのカクテルタイムはアルコールの提供もあり、おつまみも充実しているのでラウンジだけでお腹がいっぱいになることもよくあります(笑)

また客室に空きがあればスイートまでのアップグレードも可能となっているので、1滞在するだけでも数万円お得にステイできます。

私のアップグレード履歴

ヒルトン沖縄北谷リゾート
最安のゲストツインからエグゼクティブオーシャンビューにアップグレード
エグゼクティブツインからスイートにアップグレード

ヒルトン大阪
最安のゲストツインから1ランクアップグレード

ヒルトン沖縄瀬底リゾート
最安のゲストツインからエグゼクティブフロアにアップグレード

ヒルトン福岡シーホーク
ツインデラックスからエグゼクティブツインにアップグレード
ツインデラックスからエグゼクティブスイートツインにアップグレード

ヒルトン福岡シーホークのエグゼクティブツインスイート

 

ダイヤモンドステータスを獲得して以来ほぼ最安のルームで予約していますが、最低でも1ランクのアップグレードは受けられています。

一度ヒルトン福岡シーホークに夏休みの繁盛期に宿泊した際に満室でアップグレードがなかったことがありますが、その代替としてメインダイニング「シアラ」のディナーバイキングを家族全員無料サービスしていただけました。
ヒルトン福岡シーホーク宿泊はアップグレードなしでもレストランディナーに無料招待されました

これだけでも15,000円ぐらいお得になりました。

ポイント泊でもダイヤモンド特典を受けられるので、安くラグジュアリーなホテルステイをしたい方ならヒルトンアメックスプレミアムカードでダイヤモンドステータスを狙うのがいいでしょう。

ヒルトンアメックスカードの公式サイトはこちら

ダイヤモンドステータスを持っていると、ホテルによってはウェルカムスイーツやウェルカムアメニティもあります。

ヒルトン沖縄北谷リゾートではウェルカムスイーツ(フルーツ)がありました。
でも我が家はあまりスイーツを食べず、フルーツが好きだと軽く話したらフルーツの盛り合わせを毎回いただけるようになりました。

以前はヒルトン福岡シーホークでもウェルカムスイーツの提供がありました。

 

 ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード

 

ヒルトンアメックスのノーマルカードです。

以前に三井住友カードから発行されていたヒルトンオナーズVISAゴールドカード相当です。

年会費16,500円で家族カードは1枚まで無料で発行できるのは意外と嬉しい特典です。

 上級会員資格の特典「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」

ヒルトンアメックスカードを発行するだけで、ヒルトンオナーズ上級会員のゴールド会員になれます。

ゴールドステータスで受けられる特典で最もお得なのが朝食無料特典です。

ホテルの朝食は大人1人で2,000円~3,000円ぐらいしますが、ヒルトンアメックスホルダー+同伴者1名まで朝食が無料になります。

同じアメックスから出ているSPG AMEXでもマリオットのゴールドエリートの資格が与えられますが、朝食無料の特典はゴールドエリートには付いていません。
またSPG AMEXの年会費は34,100円。

ヒルトンアメックスはSPG AMEXの半額以下の年会費で朝食無料の特典が付くのですから、この点はヒルトンアメックスがお得ですね。

 カードのご利用とご継続で無料宿泊を1泊プレゼント

ヒルトンアメックスを年間150万円以上利用し、カードを更新すると継続特典として週末無料宿泊が1泊プレゼントされます。

カードの利用条件はあるものの、日本のホテルなら全てが対象で週末利用できる特典というのが嬉しいですね。

平日より週末の方が料金は高くなりますし、子どもがいるご家庭なら平日は宿泊するのが難しくなりますから。

※ウィークエンド無料宿泊特典は、基本カード会員様のみご利用いただけます。
※ウィークエンド無料宿泊特典は特典発行から1年間有効とし、金、土もしくは日曜日の夜、いずれか1泊にご利用いただけます。

 

 カード利用100円につき2ポイント、ヒルトングループでの利用は100円につき3ポイント

ヒルトンアメックスのカード利用100円につき2ポイント貯まります。
またヒルトングループでの利用なら100円につき3ポイント貯まります。

三井住友カードから発行されていたヒルトンオナーズVISAゴールドは1,000円につき10ポイント(100円で1ポイント)だったので、カード利用によるポイントは貯めやすくなりました。
これはヒルトンアメックスのメリットと言ってもいいでしょう。

 ヒルトンホテルの宿泊やレストランが割引になるHPCJ年会費が1万円

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンは日本国内17ホテルと韓国2ホテルで、割引などのご優待が受けられる特典プログラムです。

ご宿泊は25%割引、レストランは宿泊利用時フロント会計にて20%割引、レストランのみ利用時は10%割引でご利用いただけます。

HPCJの年会費は通常25,000円(税込)ですが、基本カード会員様ならびに家族カード会員様は、初年度のHPCJ年会費を10,000円(税込)でご利用いただけます。

2年目以降もHPCJ会員資格の有効期限までに手続きいただくと、HPCJ年会費は10,000円(税込)で更新できます。

HPCJ会員になると、国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)プレゼントされるので、実質無料でHPCJ会員になることができます。
(初年度は年会費無料なので1万円の割引券は付きません。)

ヒルトン対象ホテルでのレストラン利用時に割引が受けられるので、ホテル宿泊時にレストラン利用するならHPCJ会員になっておくとお得に利用できますよ。

 

 ショッピング・プロテクション

国内外を問わずアメリカン・エキスプレスのカードでお求めいただいたほとんどの商品について、破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、1名様年間最高200万円まで補償します。

 

 旅行傷害保険

国内旅行でのご宿泊や公共交通機関の支払いにカードをご利用いただくと、基本カードおよび家族カード会員様に最高2,000万円の国内旅行傷害保険が付帯されます。
また、海外への旅行で国際航空機のチケットやパッケージ・ツアーの代金をカードでお支払いいただくと、基本カードおよび家族カード会員様に傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されます。

ヒルトンアメックスカードの公式サイトはこちら

 

 ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ヒルトンアメックスの上位カードで、三井住友カードから発行されていたヒルトンVISAプラチナカード相当です。

年会費は66,000円。
家族カードは3枚まで無料発行できるので、家族で利用すれば1枚あたりの年会費は意外と割安。

名称にプレミアムと付くようにヒルトンを利用する上での特典が満載です。

 ヒルトンオナーズゴールドステータス獲得の優遇

カード発行でゴールドステータスを獲得可能。

さらに年間200万円以上のカード決済でダイヤモンドステータスへ昇格されます。

ヒルトンアメックスプレミアムカードの最もお得な特典です。

通常ヒルトンダイヤモンドステータスを得るためには、
・年間60泊以上
・年間30滞在
・年間12万ベースポイント

いずれかをクリアしないといけません。

滞在ベースでも最低30泊しないといけないので、出張族でもない限り宿泊でダイヤモンドステータス獲得するのはハードルが高すぎます。

しかしヒルトンアメックスプレミアムカード発行+カード利用の条件をクリアすれば、ヒルトンの最上級会員の資格を獲得できるのです。

いかにこの特典がお得かがお分かりになると思います。

私は過去にヒルトンダイヤモンド修行をして、ダイヤモンドステータスを獲得しました。

ダイヤモンドステータスありで何度もヒルトンホテルに宿泊してきて、ステータスのメリットの恩恵を大いに受けて来ました。
今後もダイヤモンドステータスをキープするためヒルトンアメックスプレミアムカードを発行しました。

ぶっちゃけ年会費66,000円支払っても、ダイヤモンドステータスとして受けられる特典の方が何倍もお得です。

 

 カードのご利用とご継続で無料宿泊を最大2泊プレゼント

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードをご継続いただく度に、ウィークエンド無料宿泊特典1泊分をプレゼント。

年間カード利用300万円以上かつカード更新で、ウィークエンド無料宿泊特典をさらにもう1泊プレゼント。
ウィークエンド無料宿泊特典はヒルトン・ポートフォリオ内のホテルやリゾートに無料宿泊いただけます。

これは三井住友カードから発行されていたヒルトンVISAプラチナカードにはなかった特典です。

カードを継続するだけで週末に無料宿泊できる特典が1泊もらえます。
一部対象外のホテルもありますが、日本のホテルなら全て対象。

高級ホテルの部類に入るコンラッドも対象です。

週末での利用なので平日より高い日に利用できるのもおすすめポイントです。

カード利用300万円以上ならもう1泊無料宿泊特典がプレゼントされます。
2泊3日でプチ旅行の際に使えば、宿泊代が浮いてお得な旅行ができますね。

 カード利用100円につき3ポイント、ヒルトングループでの利用は100円につき7ポイント

ヒルトンアメックスのカード利用100円につき3ポイント貯まります。
またヒルトングループでの利用なら100円につき7ポイント貯まります。

三井住友カードから発行されていたヒルトンオナーズVISAプラチナカードは1,000円につき10ポイント(100円で1ポイント)でした。
それの3倍のポイントを獲得できるので、メインカードとして利用しても申し分ないでしょう。

 ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費が初年度無料

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンは日本国内17ホテルと韓国2ホテルで、割引などのご優待が受けられる特典プログラムです。

ご宿泊は25%割引、レストランは宿泊利用時フロント会計にて20%割引、レストランのみ利用時は10%割引でご利用いただけます。

ヒルトンアメックスプレミアムカード会員ならびに家族カード会員は、通常25,000円(税込)のHPCJ年会費を初年度は無料でご利用いただけます。

本会員だけでなく家族カード会員も初年度はHPCJを無料で利用できるのはお得ですね。

2年目以降はHPCJ会員資格の有効期限までに手続きいただくと、HPCJ年会費は10,000円(税込)で更新できます。

HPCJ会員になると国内HPCJ対象ホテルで使える5,000円割引券を2枚(計10,000円分)がプレゼントされるので、実質無料でHPCJ会員になることができます。

我が家はヒルトンを利用するようになって以来HPCJ会員になっていますが、宿泊のないレストラン利用時でも割引が適用されるので大変重宝しています。

 オンライン・プロテクション

オンライン・ショッピングで「カード番号を入力するのは少し不安」という方も、アメリカン・エキスプレスのカードなら心配はご無用です。
万一、第三者によるインターネット上での不正使用と判明したカード取引については、原則としてご利用金額を負担いただくことはありません。

 リターン・プロテクション

カードで購入された商品の返品を万一購入店が受け付けない場合、ご購入から90日以内なら、アメリカン・エキスプレスにご返却いただくことにより、1商品につき最高3万円相当額まで、1会員口座につき年間最高15万円相当額までご購入金額を払い戻しします。

 スマートフォン・プロテクション

お持ちのスマートフォンが破損した場合、修理代金を最大3万円まで補償。
購入後2年以内の本保険の対象となるスマートフォン(*1)であれば、保険期間中(1年間)、通算して支払限度額(3万円)を限度として、ご請求いただけます。
※保険事故発生時点で、スマホ通信料を少なくとも3ヶ月以上連続して、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで決済されている場合が対象です。

 キャンセル・プロテクション

急な出張や病気・ケガによる入院などにより、カードで代金をお支払い済みの旅行やコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高10万円まで補償します。

 飛行機の遅れによる臨時出費を補償 <航空便遅延補償>

基本カード会員様が海外にご旅行の際、航空便の遅延により臨時に出費したご宿泊料金やお食事代を補償します。
また、手荷物の到着遅延や紛失したことにより負担した衣類や生活必需品の購入費用も補償します。

 会員様専用ラウンジをご用意<京都特別観光ラウンジ>

豊臣秀吉の冥福を祈るために、秀吉の正室、北政所(ねね)が建立した高台寺。その塔頭のひとつ、圓徳院に「京都特別観光ラウンジ」をご用意しました。圓徳院の無料拝観、高台寺掌美術館の拝観割引、高台寺駐車場1時間無料サービスなどをご提供、ご同伴者3名様までご利用いただけます。ぜひお立ち寄りください。

 空港ラウンジ

カードと利用当日の搭乗券をご呈示いただくと、国内28ヶ所海外1ヶ所の空港ラウンジを、ご同伴者1名様と共に無料でご利用いただけます。

 オーバーシーズ・アシスト

海外の旅行先からでも、お気軽に日本語でお電話ください。レストランのご予約から緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料またはコレクトコールでご連絡いただけます。

 スーツケース1個を無料で配送<手荷物無料宅配サービス>

海外旅行からのご帰国時に、空港からご自宅まで、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送いたします。
対象空港:成田国際空港、羽田空港(第3ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港
※1回のご搭乗に対して、スーツケース(またはゴルフバック)1個が無料です。

家族カード会員様もこちらの特典を受けられるので、ご家族がいらっしゃるなら3枚まで無料発行できる家族カードの発行がおすすめです。

ヒルトンアメックスのメリット

 ヒルトンゴールドステータスを自動付与、プレミアムならカード利用でダイヤモンドステータスも獲得可能

ヒルトンアメックスの最大のメリットがステータスの付与です。
ノーマルのヒルトンアメックスはカード発行するだけでヒルトンのゴールドステータスを獲得できます。

ヒルトンアメックスプレミアムもカード発行でゴールドステータス。
また年間200万円以上のカード利用で最上級のダイヤモンドステータスに昇格も可能です。

 

 週末無料宿泊(ウィークエンド無料宿泊)

私がヒルトンアメックスプレミアムを申し込もうと思った理由の1つが週末無料宿泊の特典です。

ノーマルのヒルトンアメックスカード
年間150万円のカード決済+カード更新で週末無料宿泊の特典が1泊付与されます。

ヒルトンアメックスプレミアムカード
カード更新で週末無料宿泊の特典が1泊付与
さらに年間300万円のカード利用があれば+1泊付与
合計2泊の週末無料宿泊がもらえます。

ノーマルのヒルトンアメックスは更新+カード利用が条件となりますが、週末に使える無料宿泊特典の価値は大きいと思います。
一部利用不可のホテルがありますが、日本のヒルトンホテルであればどこでも利用可能です。

ラグジュアリーホテルのコンラッド東京やコンラッド大阪でも利用可能です。

週末無料宿泊特典のお得度を検証

ヒルトン東京に夏休みの週末の料金をチェックしてみました。
1泊大人2名で検索すると124,160円です。
税・サービス込で157,062円です。

週末無料宿泊特典を使えばこの代金が無料になりますから、余裕で年会費の元は取れますね。

 

今年の夏はオリンピックの関係で値段が高騰しているみたいなので、秋の連休中で検証してみましょう。
1泊大人2名で検索すると、税・サービス込で84,866円です。
週末なので平日より割高なので、週末無料宿泊特典の価値は絶大です。

ヒルトンアメックスプレミアムならカード利用条件をクリアすれば合計2泊の週末無料宿泊特典がもらえます。
コンラッド東京に宿泊するだけで年会費以上の得になるので、年1回以上コンラッドに泊まる方ならヒルトンアメックスプレミアムがおすすめです。

ヒルトンアメックスプレミアムカードの公式サイトはこちら

 ヒルトンアメックスはカード利用でのポイント付与がアップ

2020年まで発行されていたヒルトンオナーズVISAカード、ヒルトンオナーズVISAプラチナカードはカード利用1,000円につき10ポイントでした。

ヒルトンオナーズポイントの価値は1ポイントあたり約0.5円ですので、メインカードとして使うには全くおすすめできないカードでした。

しかしヒルトンアメックスカードでは付与されるポイントが倍以上に!!

ヒルトンアメックス(ノーマル)

100円につき2ポイント、ヒルトングループ利用時100円につき3ポイント

ヒルトンアメックスプレミアム
100円につき3ポイント、ヒルトングループ利用時100円につき7ポイント

ノーマルのヒルトンアメックスで2倍、ヒルトンアメックスプレミアムなら3倍にアップです。

さらにヒルトングループでの利用ではノーマルで3倍、プレミアムなら7倍です。

1ポイント0.5%還元でもヒルトンアメックスプレミアムなら3ポイント付くので1.5%還元になります。

これならメインカードとして利用しても申し分ない還元率かと思います。

ヒルトンアメックスでは年間カード利用額で週末無料宿泊特典がもらえます。
メインカードとして使えばその条件もクリアし、特典もいただけるので一石二鳥ですね。

ヒルトンアメックスプレミアムはHPCJが初年度無料

 

ヒルトンプレミアムクラブジャパン(HPCJ)とは、日本国内17のホテルと韓国の2ホテルで優待を受けることができる有料会員制度です。
利用できるホテルはこちらです。

HPCJの年会費は25,000円ですが、ヒルトンアメックスプレミアムカード会員は初年度年会費無料でHPCJの会員になることができます。
(2年目以降は年会費1万円)

ヒルトンアメックスプレミアムカードの家族会員も初年度年会費無料でHPCJ会員になれます。

ノーマルのヒルトンアメックスカード会員の年会費は1万円に優遇されます。

ヒルトンプレミアムクラブジャパンの特典

ご宿泊が25%OFF
日本国内14ホテルと韓国の2ホテルで、シンプルステイ(部屋のみ)とシンプルステイ(朝食付き)のプランが25%OFFで予約できます。
宿泊予約の際にはHPCJ公式サイトにログインしないと専用のプランが表示されませんのでご注意ください。

12月31日だけは対象外ですが、それ以外の年末年始やお盆・ゴールデンウィークでも予約できますし、前日まではキャンセル可能です。
また急な宿泊でも割引価格で宿泊できますので非常におすすめです。

レストラン割引
ご宿泊の際ヒルトンホテル直営のレストランやバー、ラウンジ、ルームサービス、ミニバーを利用して客室付けにしてチェックアウト時にお支払いいただくと20%割引になります。
宿泊を伴わない場合には10%OFFになります。

5,000円割引券2枚プレゼント
HPCJ対象国内ホテルのHPCJ会員限定割引プランのご宿泊料金のお支払い、および直営のレストラン、バー、ラウンジのご利用料金のお支払いにお使いいただける5,000円割引券2枚を、入会時ならびに有料更新時にプレゼントされます。

ヒルトンアメックスノーマルは年会費1万円ですが、1万円分の割引券がもらえるので実質無料でHPCJに加入できることになります。

初年度シルバー会員ステータスを獲得
HPCJ会員になると初年度はヒルトンオナーズのシルバーステータスを獲得できます。
ヒルトンアメックスカード会員は自動的にゴールドステータスを獲得できるのでこちらのHPCJ特典は関係ないですね。

ヒルトンVISAと比較した上でのヒルトンアメックスのデメリット

ここまでヒルトンアメックスのメリットばかりをご紹介してきましたが、デメリットもあります。

 年会費が高い

ヒルトンオナーズVISAカードに比べるとヒルトンアメックスは年会費が割高になっています。

ヒルトンVISAゴールド ヒルトンアメックス
14,150円 16,500円

 

ヒルトンVISAプラチナ ヒルトンアメックスプレミアム
67,500円 66,000円

 

ヒルトンVISAとヒルトンアメックスの年会費の差はわずかですが、三井住友カードの年会費優遇でWeb明細とマイペイすリボの登録でヒルトンVISAゴールドは年会費を1万円以下にすることができました。
その価格と比較するとヒルトンアメックスの年会費は高く感じます。

ただマリオット系のカードであるSPGアメックスの年会費は34,100円で同じくゴールドエリート付与。
ゴールドエリートでも朝食無料の特典はなしと考えれば、SPG AMEXの半額で朝食無料特典付のゴールドステータスを獲得できるヒルトンアメックスカードはお得ではあります。

ヒルトンVISAプラチナとヒルトンアメックスプレミアムの価格はヒルトンアメックスプレミアムがわずかに安いです。
が、ヒルトンVISAにあった1万円の価値のある特典が改悪されたので、実質的な年会費は高く感じます。

1万円の価値のある特典は次のデメリットで↓

 ヒルトンアメックスプレミアムのHPCJは実質無料

ヒルトンオナーズVISAプラチナには、HPCJの特典が無料で付いていました。

ヒルトンアメックスプレミアムでは、初年度のみ年会費無料、翌年度以降は1万円で更新可能となっています。

元々HPCJの年会費は25,000円ですが、ヒルトンアメックスカード会員は年会費が優遇されている形です。

またHPCJの特典として毎年1万円の割引券がプレゼントされます。
(5,000円×2枚)

初年度は年会費無料ですが、1万円分の割引券は付きません。

ヒルトンオナーズVISAプラチナではHPCJが無料で毎年1万円分の割引券がもらえていたので、多少ヒルトンアメックスプレミアムの方が年会費は安いとは言えこの1万円の改悪は大きいですね。

 宿泊でのダイヤモンド獲得優遇がない

ヒルトンオナーズVISAプラチナではダイヤモンドステータス獲得のための条件として、
・年間120万円以上のカード決済
・年間ヒルトンホテルに10滞在以上

いずれかをクリアすればダイヤモンドステータスを獲得できていました。

ヒルトンアメックスプレミアムのダイヤモンドステータス獲得の条件は
・年間200万円以上のカード利用

これだけとなり、ヒルトンホテル滞在でのダイヤモンドステータス獲得はありません。

年間10滞在してヒルトンダイヤモンドステータスを維持していた方にとっては滞在での維持ができなくなります。

また年間カード利用額の条件も200万円以上とヒルトンオナーズVISAよりも悪くなっているので、ダイヤモンドステータス維持が少し厳しくなっています。

ヒルトンアメックスプレミアムカードの年間200万円のカード利用条件ですが、月に167,000円利用すればクリアできる計算です。
メインカードとして使っていれば軽くクリアできる金額ではあります。

年会費66,000円のプレミアムカードを発行しようとする方であれば、数か月で200万の決済は軽く超えるでしょうからそこまで大きな改悪とはならないかなと思います。

 

 ヒルトンポイントのポイント交換レートがよくない

これはヒルトンVISAとの比較でのデメリットではありませんが、他社ポイントへの交換レートが悪いです。

他社ポイントへの交換も可能ですが、あまりに交換レートが悪すぎるのでおすすめではありません。

ヒルトンポイントは40以上の航空会社のマイルに交換できますが、10ヒルトンポイントが1マイルで交換です。

ノーマルのヒルトンアメックスだと500円利用で1マイル交換できる計算です。
ヒルトンアメックスプレミアムだと333円利用で1マイル相当です。

マイルに交換するには非常にレートが悪いので、ヒルトンアメックスで貯めたポイントはヒルトンホテルへの宿泊で利用するのがベストです。

ヒルトンのポイントの価値は1ポイントあたり0.5円と言われていますが、ヒルトンホテルでの宿泊で繁盛期に利用すれば1円以上の価値になりますよ。

我が家は2021年のゴールデンウィークにヒルトン沖縄瀬底リゾートでポイント宿泊の予定です。
1泊4人(大人4)で64,000ポイントで予約しています。

GW有償の予約だと同室で1泊81,339円(税・サービス込)です。

64,000ポイントで予約できたので、1ポイントあたり1.27円です。
沖縄のヒルトンホテルはゴールデンウィークや夏休み期間は閑散期の数倍以上の価格になるので、繁盛期にポイントをうまく利用すればポイントの価値を上げることができますよ。

ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記前編【ヒルトン日本初のビーチリゾートホテル】 ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記後編【AMAHAJIの朝食とランチバイキング+エグゼクティブラウンジの朝食+瀬底ビーチ】 ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記【GWでもポイント泊の最安ルームからアップグレード】

 ヒルトンアメックスカード入会キャンペーンが過去最大級にお得

ヒルトンAMEXカードは既存カード会員からの紹介が1番お得です。
公式サイトから直接申し込むより最大2万ポイント多く獲得可能です。

ヒルトンアメックス入会キャンペーン

ヒルトンアメックスカード

【特典1】カードご利用ボーナス1
ご入会後1ヶ月以内に3万円以上のご利用で、10,000ボーナスポイントをプレゼント

【特典2】カードご利用ボーナス2
ご入会後3ヶ月以内に30万円以上のご利用で、10,000ボーナスポイントをプレゼント

【特典3】カードご利用ボーナス3
ご入会後6ヶ月以内に75万円以上のご利用で、25,000ボーナスポイントをプレゼント

合計45,000ポイントプレゼント

さらに75万円のカード利用で15,000ポイント貯まりますので、合算すると60,000ポイント獲得できます。

 

ヒルトンアメックスプレミアムカード

【特典1】カードご利用ボーナス1
ご入会後1ヶ月以内に5万円以上のご利用で、20,000ボーナスポイントをプレゼント

【特典2】カードご利用ボーナス2
ご入会後3ヶ月以内に30万円以上のご利用で、30,000ボーナスポイントをプレゼント

【特典3】カードご利用ボーナス3
ご入会後6ヶ月以内に150万円以上のご利用で、65,000ボーナスポイントをプレゼント

合計115,000ポイントプレゼント

さらに150万円のカード利用で45,000ポイント貯まりますので、合算すると160,000ポイント獲得できます。

私はヒルトンAMEXが申し込み開始した当日にウェブから申込しました。
その時は75,000ポイントだったので今もらえるポイントの半分以下(´;ω;`)ウゥゥ

2021年9月、京都に新しいヒルトンのホテルが誕生しました。
「ROKU KYOTO」
ヒルトンブランドの高級ホテルの1つです。

紅葉シーズンに誕生したホテルですが、週末は1泊10万円を超えます。
(税・サービス込みで¥129,626)

そんな高級ホテルに95,000ポイントで宿泊できます。

ヒルトンAMEXプレミアムカードを発行してキャンペーンの条件をクリアすれば16万ポイントもらえますから、キャンペーン特典で「ROKU KYOTO」に1泊宿泊できますね。

過去最大級にお得なキャンペーンですので、申し込むなら今がチャンスです。

ヒルトンAMEXカードを私の紹介で作ってもいいよという方は、下記コンタクトフォームにお名前(ニックネーム可)とメールアドレスをご入力ください。

    送信後1分以内にヒルトンAMEX紹介申込用リンクをお送りします。
    こちらでは申し込みの個人状況は一切わかりませんので、ご安心ください。

    キャンペーン条件のカード利用をクリアするためには?

    ノーマルのヒルトンアメックスでは6か月で75万円のカード利用で最大の60,000ポイントが獲得できます。
    ヒルトンアメックスプレミアムは6か月で150万円。

    カード利用半年でこれだけの決済をアメックスでする必要があります。

    メインカードとしてカードを使えば、ノーマルなら月12万5千円、プレミアムなら月25万円でクリアできます。

    もしメインカードとして月に10万円以上も利用できない、クリアできそうにないという時にはギフト券の購入や電子マネーへのチャージでクリアも可能です。

    Amazonギフト券購入

    Amazonでよくお買い物するという方に有効な方法がAmazonギフト券の購入です。
    Amazonギフト券には、Eメールタイプ、印刷タイプ、チャージタイプの3種類あります。
    Eメールタイプ、印刷タイプは自分以外の方にプレゼントするためのもので、チャージタイプは自分のAmazon口座にチャージするものです。

    チャージタイプはAmazonギフト券を15円以上なら1円単位で購入できます。

    なのでANAアメックスでAmazonギフト券を購入して、ANAアメックスカードの利用額を増やすことができます。

    Amazonギフト券の有効期限は購入日から10年ですので、Amazonを利用する方なら10年で使いきる金額までチャージしておくのもいいと思います。

     

    au PAYチャージ


    アメックスはau payのチャージも可能です。
    au PAYチャージは1回10万円までチャージでき、au PAY残高としては100万円までチャージできます。

    auじぶん銀行の口座を持っていれば、au PAYプリペイドカードの発行が可能です。
    au PAYプリペイドカードはMasterCardのお店でクレジットカードのように利用可能ですので、キャンペーンのカード利用額の足りない分をチャージして、au PAYプリペイドカードでお買い物に使っていくというのも手です。

    ただし1点デメリットがあります。
    ヒルトンアメックスに限らず、アメックスではau payチャージでは付与されるポイントが半減されます。
    au PAYチャージではノーマルヒルトンアメックスなら200円につき2ポイント、プレミアムなら200円につき3ポイントになります。

    アメックスのポイントが半減される加盟店はこちら

    ポイント半減してもいいからどうしてもキャンペーンの条件を期間内に達成したいという場合には、au PAYチャージでクリアがいいでしょう。

    ヒルトンアメックスプレミアムカードを発行|申込からカードが到着するまで

     

    3月9日カード申し込み

    3月9日、ヒルトンアメックスが誕生した日にヒルトンアメックスプレミアムカードをウェブで申し込みました。
    申し込み後に申込完了メールが届きました。

    2日後【American Express】お申し込み時のご入会特典についてのメール受信

    ヒルトンアメックスプレミアムカードの入会特典についての案内メールが届きました。
    こちらのメールはアメックスを申し込むと自動的に送信されるメールのようで、この時点ではまだカードの可決は決定していません。

     

    「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード会員の特典をお楽しみください」のメール受信

    カード申込から4日後にヒルトンからカード入会サンクスメールが届きました。
    アメックスからはまだ可決のメールは来てませんでしたが、この時点でカードが可決されたのが確定しました。

    アメックスからの可決メール

    カード申込みから6日後(3月15日)にアメックスからウェルカムメールが届きました。

     

    アメックスから本人限定受取郵便のお知らせ

    カード申込みから8日後(3月17日)に本人限定受取郵便のお知らせが投函されていました。

    翌日郵便局へ直接取りに行きました。

     

    入会ボーナスや利用ボーナスはいつ加算される?

    私が発行したヒルトンAMEXプレミアムカードの入会ボーナスや利用ボーナスが実際いつ加算されたかをご紹介します。

    まずは入会特典の復習を↓(私が申し込んだときの特典です)

    【特典1】ご入会で5,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

    【特典2】カードご利用ボーナス1
    ご入会1ヶ月以内に10回のカードご利用で10,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

    【特典3】カードご利用ボーナス2
    ご入会3ヶ月以内に30万円以上のご利用で30,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

    【特典4】カードご利用ボーナス3
    ご入会6ヶ月以内に150万円以上のご利用で30,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

    合計75,000ポイントプレゼント

     

    カードに入会したのが3月9日。
    約1週間後にカードが届き、3月中には特典2と特典3はクリアしました。

    最初に付与されたのは特典2の10,000ポイント

    ヒルトンAMEXのポイントは毎月23日に付与されます。
    (加算日は22日となっていますが、実際に反映されるのは23日です)

    最初のポイント加算日である4月23日に付与されました。

    カード発行から3ヶ月経過後の6月23日には特典1の入会ボーナス5,000ポイントと特典3の30,000ポイントが加算されました。


    5月には特典4の150万以上の利用はクリアしたので、残り3万ポイントの付与を待っている状態です。

    公式サイトの記載されていたポイント加算日よりは早くポイントが付くようです。
    早くクリアすれば早くもらえるようですね。

    ヒルトンAMEXカードを私の紹介で作ってもいいよという方は、下記コンタクトフォームにお名前(ニックネーム可)とメールアドレスをご入力ください。

      送信後1分以内にヒルトンAMEX紹介申込用リンクをお送りします。
      こちらでは申し込みの個人状況は一切わかりませんので、ご安心ください。

      ヒルトンアメックスカードまとめ

      ヒルトンVISAが新規発行終了となり、2022年にはサービス自体終了となります。
      その代わりに登場したのがヒルトンアメックス。

      ヒルトンVISAと比べると、カード利用によるポイント付与数がアップ、カード利用条件クリア+カード更新で週末無料宿泊特典などの大きなメリットがあります。

      一方でヒルトンVISAヒルトンアメックスプレミアムのHPCJの年会費が1万円かかるのはデメリットです。

      しかしこの1万円の差を週末無料特典で大きくカバーできるので、全体的にはヒルトンアメックスの特典がお得だなという印象です。

      ノーマルのヒルトンアメックスはカード発行するだけでゴールドステータスとなり、朝食無料特典が付くので年に数回ヒルトンホテルに宿泊すれば年会費以上の恩恵を受けられます。

      私は元々ヒルトンVISAプラチナカードを所有しておりましたが、カード更新時に春に新しいヒルトンカードが登場するのが決まっていたので解約することにしました。

      結果的にはヒルトンアメックスプレミアムカードの特典がお得だったので、ヒルトンVISAプラチナカードの解約は後悔していません。

      ちなみに私はSPG AMEXも所持しており、去年はプラチナ修行をして現在プラチナエリートです。

      プラチナエリートとしてマリオット系に宿泊するのとヒルトンダイヤモンドステータスをとしてヒルトンに泊まるのを比較すると、やっぱり最上級ステータスのダイヤモンドステータスでのホテル側のおもてなしが全然違います。

      そのダイヤモンドステータスをカードを所有かつ決済利用することでずっとキープできるなら、ヒルトンアメックスプレミアムカードの年会費は全然ペイできます。

      ポイント付与数が高いのでメインカードとして利用し、年300万円以上利用で毎年2泊の週末無料宿泊特典をもらいお得にヒルトンステイができればなと思います。

       

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。